あろまおいる〜焚く 

July 30 [Sat], 2011, 14:12
どうも、タマラです。
お初のひとも、そうでないひとも、どうもです。

今回は、アロマオイル系のおはなし。
アロマを焚いてみましょうか。

もちろん、自分自身で、「この香りスキーーーーーー!!」って
思えるようではないと、意味ないと個人的には思うので、
あくまで、「アロマを焚く」という行為に注目をしてくださいませ。

おいらは、もともと香り系、スキなのです。
もともとは、お香焚いたりしてました。香水もダイスキ。

なので、アロマ使うのは抵抗もなく。

最初は、デフューザーなんてもの、アロマランプすら持ってなくて。
でも、アロマオイルだけ購入したんです。ラベンダー。
すごい計画性のなさ。衝動買いしたんでしょう。

どうしたものか。考えました。



考えても無駄なので、ネットで探しました。
アロマオイル系の本にも記載されていたのですが、
マグカップ(飲用として使用していないもの)に、お湯を入れて、1滴アロマオイルを垂らす。
広がる香りを楽しむ。

といったもので、これで暫く楽しんでおりました。

何度もお湯を沸かすのが面倒になったので、
後日、アロマランプ(電気)を購入し、現在もそれを使用しています。

現在は、さまざまなデフューザーが販売されています。
加湿器代わりに使用できますからね。凄いです。
先日、天使の輪が出る(水蒸気)デフューザーを発見しました。すごいです!
アロマバスといった、お風呂でアロマを楽しむグッズもあるそうです。

最近はすごいことになってますね。驚きです。

かうんせりんぐ、とは。 

July 03 [Sun], 2011, 20:40
どうもタマラです。

今日は、おいらの考えるカウンセリングについてです。
あくまでおいらの主観です。主観なので、語弊のないよう、あしからず。

カウンセリングを実際に受けはじめの頃、
「なんか違う」
と思うこと、あると思うんですね。(恐らくきっと多分…)

おいら、そうでした。

おいらが初めてカウンセリングを受けたのは、社会人になって割とすぐでした。
会社にカウンセラーの方が週一でいらっしゃって。
新入社員は一度、どんなもんか受けてみる、という趣旨で受けました。
会社の意図としては、何かあったとき、カウンセリングを受診しやすくするといったものでしょうか。

そんなことで、当時、まだ(?)大丈夫だったおいらは、恐る恐る受診しました。
カウンセリングなんて敷居が高い!そう思ってたんでしょうね。

おいらの勝手なイメージはこんなのでした。
「おいらがだらだらしゃべったのをまとめ、どうすればよいか導いてくれるのでは?!」

そんなわけないでしょ、と思ったでしょ。ホントに思ってたんです!

でも実際、そうではなく。じっと話を聞いてくれるだけでした。
カウンセラーによりけり、なんだと思いますけど。
いろいろ方法があるようですし。おいらは詳しくは知らないのですが…。気が向いたら、調べます。

で、おいらのイメージとはるかに違うから、ちょっと気になって、時間ぎりぎりに聞きました。
「なんで聞いてるだけなんですか?何かコメントとかアドバイス的なものは…?」

カウンセラーの方は言いました。
「何かアドバイスがほしい、それだけなら人生相談でしかないのです。
あなたがここで考えながら言葉を発することで、何かに気づけると信じています。だから聞いてるだけなのです。
もちろん、考えがそれたり、ありえない発言をしたときは修正しますので。」的なことを。

もうちょいスマートな内容だったんですが、随分と前のことなので。

おいら、度肝抜かされたってくらい驚いたのと同時に、はっと気づかされた言葉でした。


それからそのカウンセラーと会うことはなかったのですが、
何年もたって、本格的にカウンセリングを受診することになったのでした。

その経験があったから、割と自分のやりやすい環境を早いうちに作り上げることができました。
そして、カウンセラーの先生はやりにくかったろうなと思う今日この頃なのでした。

タマラさくひん〜クレヨン版 

June 23 [Thu], 2011, 19:40
どうも。タマラです。
お初のかたもそうでないかたも。どうもです。

さて。今回は、先日おはなししました、クレヨンでなにか表現してみよう的な内容のもの、
実際、おいらはどんなものが出てたんでしょう?

本来は、発表するものではないですし、写真を通じてそのときの感情が出てくるのがイヤだったんですが。

大丈夫そうなので、一部だけ。

おいらは描いたら基本的に捨てる派なので、ほとんど残っておりませんでした。
なんとか存在したので(笑)

割とゴキゲンな日。だけど、疲れている日。
軽いタッチで描いてるけど…黄色と紫って…キモチワルイ。
蝶々の一部。


ゴキゲン斜めな日。でもかろうじて黒は使用してないですね。
若干苛々してたんでしょう。力強いタッチです。
ただでさえ暗いのに、写真がうまく撮れず更に暗い印象になってしまいました。


あ、思い出しました。
絵を描いたら、その日の気分、体調などを簡潔に書いておくと、
どんな日、どんな色を使い、どんなタッチで描いたか、わかるようになってきますよ。

続・ろーかるじじょう 

June 23 [Thu], 2011, 19:23
タマラです。続きです。

心療内科や精神科は、先生やカウンセラーとの相性も必要となってきます。
とりあえす、数打ってみませんか?
その中で、行きたいところへ通えばいいと思うわけです。おいらはね。

なので、今行けるとこへ行って、気になる病院を予約して、最終的にどうするか決める。

確かに、それをすると、初診料で出費はかさみますし、その間は投薬治療のみになったりします。
予算の都合やカウンセリングを併用したい方にはあまりいい案ではないかもしれませんが・・・。

とかなんとかいいながらも、実際、先生との相性が悪く(?)先生を変更した方もいらっしゃいますし。
というか、おいらも実際そうしたひとりです。笑
なんやかんやで、おいら5件くらい通って、今のとこに決めたくらいです。

また、時には先生の対応にイラッとするとき、正直あります。
でも、先生だって人間。苛々する日だってあるのです。
なので、「先生を不機嫌にさせたんは自分のせいだろうか?」なんて思わないでください。
人間なんですから、時には不機嫌が表面化してしまう日もあります。

おいらね、時々あったんですよ。
最初は、本当に「何で?!何で?!」って、訳もわからんかったんです。
でも、通ううちにそのことに気づけて。
だいぶココロの調子がよくならないと気づけなかったので、
アタマの片隅にでも置いておくといいかなっていう情報でした。

う〜ん、なんかちょっとタイトルと焦点はずれてきた内容になったんでしょうか?
やっぱり文章というのは非常に難しいものだと改めて実感するタマラなのでした。

ろーかるじじょう 

June 01 [Wed], 2011, 21:10
どうも。タマラです。
お初のかたもそうでないかたも。どうもです。

本日は、セラピー的なものとは関係のないことです。が、まぁ、そんな日もあります。


おいらの住むとこは地方の田舎です。それはどうでもいいのですが、
次に記載させてもらった内容は、地方にありがちなことだろうなと思いまして。

という前置きをアタマの片隅に置いて、どうぞ。


ココロの調子がわるい。いや、そうでもないか・・・と思いながら、
仕事なり学校なり、過ごしてきて。
やっぱりココロの調子悪いわ、と気づく。

でも、病院って・・・一度も行った事のない科・・・心療内科系の病院に行くには
なぜか勇気がいるものです。

とりあえず電話するにも、勇気がいるものです。

でも、そんな「勇気」などといってる場合ではなくなるのです。
ココロの不調は体調にも現れます。
というか、その時点で体調に支障をきたしています。大抵。

もぅ、四の五の言ってる場合じゃないぞと、勇気を振り絞って、

電話をかけたら・・・



・・・1か月待ちです。(泣

今、治療が必要という方が、今、治療を受けられない・・・

これが地方の心療内科系の病院の現実です。
でも、おいらはこれを非難もするつもりもありませんし、どうかできるわけでもありません。
病院だって病院の事情があるのではないかと思うのです、恐らく。きっと。たぶん。

地方は、ココロの病院が圧倒的に少ないので、残念ながら仕方ありませんで済ますしかないのです。今は。

病院が増えるといいですが、患者が減ることがもっといいことだと思うわけです。
でも・・・病院は少なすぎな気がします。少なくともおいらの地域は。

こんなこと書いたら、全国のお医者さまがたの反感を買うでしょう。ましてや、おいら、まだ「患者」なのに。


あまり意味のない内容ですが、長くなりました。
文章というのは非常に難しいものだと改めて実感するタマラなのでした。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:タマラ
読者になる
タマラです。

シロート目線で色彩について考え、色彩を取り入れた生活をしています。
色彩だけでなく、簡単な「じぶんセラピー」も含めて記述できればと。思っております。
あくまでおいらが試したもの、その体験談ですがね。。
2011年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
Yapme!一覧