LAN配線作業 

November 05 [Wed], 2008, 0:10
キッチン前の腰壁が出来てきました。
それにあわせてダイニング側にコンセントBOXを取り付け、配管を接続。

高さはダイニングテーブルの上面から少し上くらい。

のBOXの下に横切っているのは電源線。この後修正してBOXに通しています。



そして、設置済みの配管へ配線を通す作業を行いました。

100円ショップで購入したビニールテープの先にティッシュをちぎってビニールテープで取り付け、配管の片側へ挿入し、反対側から掃除機で吸えばあっという間に通線できます。

この方法はインターネットで他の方が行っているのをマネさせてもらいました。
電気屋さんなら通線ワイヤーを使用しますけど、1、2度しか使用しないのに購入するにはチョット高いので

配管内に通したビニールテープの先端にLANケーブルをしっかり取り付け

反対側から引っ張れば通線完了。
この際、ケーブルには潤滑材を塗っておくと抵抗が減ってスムーズに通線できます。

潤滑材はケーブル用の専用のものがホームセンターに売っています。
大体1500円位だったかな。

私が使用したのはコレ



この日は4箇所への配線を行いました


配線の基点となるロフトの情報分電盤の設置予定位置。


壁が出来たら分電盤を取り付け、HUBなどの機器を設置します。


最後までお読みになったら↓ポチっとお願いします
にほんブログ村 住まいブログへ


雨樋 

October 30 [Thu], 2008, 23:30
現場進捗状況。
外部では雨樋据付工事が行われていました。
白の角型としか聞いていなかったのですけど、現物を見てみて





全体像の分かるような引いたところからの写真を撮ってなくてわかり辛いですね

後日追加します


最後までお読みになったら↓ポチっとお願いします
にほんブログ村 住まいブログへ


1F床材 

October 23 [Thu], 2008, 21:01
1F床材が搬入され、


まもなく床張りが始まりました。

使用する床材はパインの無垢材。
材木屋さんが節が少ないところをわざわざ選んでくれたそうで、パッと見はパインぽくないですけど

これを無塗装のまま敷き、後日塗装します。


塗料は無垢の質感をそのまま生かした自然塗料リボスによるオイルフィニッシュです。

ちなみに塗装工事はコストカットのために施主施工。つまり私が行います


リボスの塗料でもいろいろ種類があるが、

@カルデットで着色(下塗り)
Aメルドスで上塗り

の2度塗りを基本とし、
キッチンについてはさらに

Bクノスで撥水コート仕上げ
とします。

実際には塗装に入る前段階が一番大変みたいですけど。
マスキングして、サンダーによる素地調整

この辺のことは大橋塗料さんのサイトに詳しく載っていますので参考に。
この辺ですね。

この大橋塗料さん、1回の注文につき50ccの小瓶のサンプルを2本頂くことができ、とってもお得

もしサンプルが不要でもハケなどの洗浄用シンナーをもらっておけばそれだけで十分使える

ってことで塗料はこちらのお店で購入
上塗りのメルドスをまず購入し、下塗りのカルデットのサンプルをもらいました。
さらに買い足して、カルデットは4色のサンプルを用意。

床材の切れ端を現場からもらって来てどのように着色されるか試してみました。


上段左から「ストーンパイン」「オーク」
下段が「ウォルナット」「チーク」そして比較用にメルドス(クリア)のみ

塗る前は「チーク」がいいかなぁと思っていたけど、実際塗ってみると思っていたより赤味が強く出ていてこれはなしに。
結局「オーク」にすることに決定しました



最後までお読みになったら↓ポチっとお願いします
にほんブログ村 住まいブログへ


24時間換気 

October 13 [Mon], 2008, 17:14
24時間換気システムは集中排気型の第3種換気となります。
各部屋からの排気をダクトを通して換気システムへ集め、それを外部へ排気。
吸気は各部屋に設置した吸気口から自然に取り込むことになります。

使用機器はルフロ400

写真はちょっと古くて配管が済んでいないときのものだけど、実際は全ての配管が済んでいます

この部分が外へ排気している部分。一番太い配管で最短距離に設計。



換気計画については工務店さんと相談し、排気口の設置位置は次のように
1F
・キッチン
・お風呂
・トイレ
・玄関脇のシューズインクローク

2F
・トイレ
・寝室のウォークインクローゼット

風量は個別に設定できるそうで、キッチンの排気風量を最大にし、2Fの排気は少なめに設定するそうです。

キッチンは調理などで大量の水蒸気が発生する上、LDK約20畳分をまかなう必要があるから
もちろんレンジの局所換気は別途ありますよ

こちらは1F天井裏から2F天井裏へ通じるパイプスペースの
排気ダクトのほかに、配管(CD管)も多数



最後までお読みになったら↓ポチっとお願いします
にほんブログ村 住まいブログへ


階段・仏間 

October 10 [Fri], 2008, 17:25
家全体の基本モジュールは910mmですが、階段幅は芯々で1000mmにしてもらいました。
ちょっとした差ですが、この違いは大きいです

写真では比較するものがなくてちょっと分かりづらいですが、実際上り下りしてみると違いが実感できます。
この状態では結構広く感じられますが、まだ手摺りがつくので標準の910mmから変更してホントに良かったと思います。


でも・・・当然のことながら階段を広げた分どこかにシワ寄せが来ることは念頭に置いておいたほうが良いです。ウチでは仏間を少し狭くしました。

と、いっても壁厚を削ったくらいで殆ど影響なしでしたが

仏間の写真。義母の仏壇を設置します。


階段幅を変更することは、若干手間は増えますがちょっと広げるだけで大きく使い勝手も変り、何より広さを体感できます。これはマジオススメ

ちなみに、工事をお願いしている工務店さんでは追加費用はなしでした





最後までお読みになったら↓ポチっとお願いします
にほんブログ村 住まいブログへ