へいゆー 

2008年06月21日(土) 1時22分
おひさしぶりです!

帰国して、じょじょに落ち着いてきました。(おそい?)

心機一転、ブログをあたらしくします。

新しいブログです。
http://ameblo.jp/poconico/


気まぐれに続けてくけど、見てね。

これでこのブログはおしましです。

いろいろあった、留学生活だったけど、ブログをしてきてよかったなーと思います。

昔のこと(といってもそんなに前じゃないけど)とか、読むと恥ずかしいけど、

消さないでとっといてよかったなーと思います。

みんな遠く離れてたけど、わたしがちょっと暗い日記書くと、
それを見てメールくれたり、
コメントくれたり、

そうゆうのはとっても励みになりました。

わたしは、少しいいかげんなので、特定の友達としかマメに連絡とれなかったけど
ブログのおかげでみんなにいっぱい楽しいこと伝えたり、みんなからもレスポンスもらえました。

とにかく、みんなありがとう:)


なんだこれー、なにー卒業?みたいな最後の日記だねーなんだこれー!


もうすぐ夏ですね、わくわくするね!いっぱいあそぼうねー。




Love! Thanks so much  なおこ。



おしまい 

2008年05月29日(木) 6時15分

あさって、日本に発ちます。

日本に着くのは、31日。

まだまだ、ぜんぜん信じられないよ。
ほんとに帰るんだなあ って。

交換留学でユタ大に来てた日本人は、
わたしともうひとりの男の子除いて、みんなもう日本に帰ってるんだよ。

しんじられないよー

実感がないから、あまり悲しくないんだ。

いつ実感わくのかな、


空港についたら?

飛行機に乗ったら?

日本についたら?

 きっとずっと、実感なんてわかない気がするよー

 あとから、あとから、じわじわとじわじわと、くるんだろうな。


いつか、またきっとここに戻ってきたいな。

旅行でも、なんでもね。(でも勉強はありえないかなー)

ホストマザーに、5年後のユタがすごいって聞いたから、

5年後には、きっと。




ほんとにほんとにおしまいです!

日本で会おうね。



considering 

2008年05月22日(木) 13時51分
ユタに帰ってきました。ただいま!

3週間弱のひとりたび(実質2週間ほど)、おっきな問題もなく、終わったよ。

サンフランシスコとシアトルに行きました。どっちも海沿いの、きれいですてきな街だった。
(海なし県で生まれ育ったわたしは、いまだに海に対する憧れがすごく強いんだなー。)

シーサイドとしては、シアトルのほうがきれいだったし、町も大きすぎなくてすき。

けれど、サンフランシスコのほうが人があったたかかったー。



いまさらだけど、両者にいえるのが、カスタマーサービスの悪さ。

たび中なぜかすごく日本を求めてて、初日の夜に日本のラーメン屋さんでごはんを食べました。

サンフランシスコはおっきい街だから日本人が沢山いて、そこの従業員もほとんど日本人みたいなかんじで。

サーバーの女の人も日本人で。わたしはにこにこありがとうございます とかゆったのに

その人に、何も言わずに無言でゴトンと目の前にラーメンを置かれた。

自分が日本人だからかもしれないけど、従業員の人たちがすごく大声で(日本語で)しゃべってるのも気になったし、(ひとりだったからってのもあると思うけど)
すごく、いやなかんじで悲しかった。

日本のお店の店員さんの対応って、すごく丁寧じゃない?なんでーアメリカだから?


アメリカにはそれがないから、その点では日本がいいな、ってずっと思ってたのに。

同じ日本人なのに、なんかすごくいやだな、って思って。 チップ払わなかった。 笑


シアトルには、コーヒーショップが本当に沢山あって、どれもすてきでした。

けど、店員さんが無愛想で。泣

にこって Thanks って言っても返してもらえないとすごく傷ついてしまう私は、結局スタバにしか行けませんでした・・。

外から見たときに、店員さんがこわいの!ちょーファンキーなのー!!こわいー

もちろんすてきな人だっていたけど。

**

このたびで、あたらしくヨーロッパの人にたくさん会いました。

スコットランドとポーランドの女の子は、
「アメリカ人がフレンドリーすぎるのが疲れる」 って言っていて、
(わたしはアメリカ人のそこがすきなのにー)

フランス人の女の子は、
わたしがアメリカ人の男の子はすごくgentleだよね、ってゆったら
「ほんとうにそう思うの!?わたしは全然思わなかったよー、フランス人の男の子はもっともっと紳士的だよ」
って。
その子は、文化の違いだね、ってゆってたけれどね。

サンフランシスコで会った、ジョージア州から来たと言う老夫婦は、
「カリフォルニアの人たちはすごくフレンドリーで驚いた」と言っていて、
「でもアメリカ人は大抵そうじゃないの?」って聞いたら
「そんなことはないよー。特に東の方なんかはね。」と返されました。

聞くところによると、ユタの人たちは、かなり、相当フレンドリーらしいんです。
たしかに、そうだね!


まだまだ知らないアメリカが、いっぱいあるねー

異文化の人と話をするのはとても楽しい。

**

あとねあとね、田舎に対する反応について、みんなに聞きたい!

佐久市出身のわたしが言うのもなんだけど、ユタはとっても田舎です。
ソルトレイクシティは、ダウンタウンといえど、なんにもないです。

それでもわたしは、すごく街がきれいで(cleanという意味で)、ひともあたたかくて好きだったんだけどね。

サンフラン、シアトルとおっきな街をたびしてよくいわれたのが

「ユタ!?笑 どうやって一年も暮らしていたの?」とか。 
「行ったことあるかって?いやいや、ステイしようとすら考えたこともないよ」とか(むかー)
なんかねーばかにしたかんじの反応がすごく多くて悲しかったよー。

そりゃさ!田舎だけどさ。
たびのガイドブックに、「かもめが飛んでいる」とか書かれてたけど。笑(つまりほんとにfeatureがないんだよ)

日本でもそうだけど、なんで田舎って、ちょっとばかにされるのかな?

いなかって、悪いことなの?違うでしょ!

都会をばかにする人もいるかもしれないけど、なんか違うんだよー。

わたしはどっちも好きです。強いて言うなら、都会に近い田舎に住みたいかな。

*---*

いろいろ話あっちこっちの日記になってしまって、つっこみどころ満載だと思うけど、見逃してね。
(パリとはちょっとケースが違うけど、わたしも日本語も英語もうまくmanipulateできないよー)

ひさしぶりだから、いろいろ書きたかったんだ:)

ちょっと長くなったのでここで切ります。

旅行のことは、またゆっくり書くね!



ちゃお!

おしまいがあるから、はじまりもある。 

2008年05月04日(日) 12時03分

無事に、留学生活が終わりました。

さきほど、泣きながら寮を出ました。

からっぽの寮は、去年のこまをrecallさせるものがあったよー。


思えば、去年の8月4日早朝。
日帰り東京+インドのよくわからないレポートで疲れた体にムチ打って出かけたお別れパーティ@瓦。
その帰り、まだまだいたかったのに、
4日は引越しだからひとりで早めに帰ったあの朝。

みんなのあったかさがうれしくて、「行きたくないよー」って、声あげて泣きながら、自転車で帰った帰り道。


8月10日。出発3日前。
ゆりと、かなとあそぶ約束だったのに、
うまいこと連れられてった居酒屋さん(?)で、サプライズお別れ会してくれたね。
かなえと、ゆかと、かよこがいて、わーちょう偶然!とか思ってたー。
うれしかったー
ひとってあったかいね。


8月13日は、お父さんお母さん、お兄ちゃんが、見送ってくれた。成田空港。
税関抜けてから、大すきだったひとに公衆電話でさいごの電話して、
泣いてたら先輩に発見されて、恥ずかしかったなー。


そんな、日から、もう約9ヵ月。

ほんとに、ほんとに、月日がたつのは早くて、
ついていけないくらい、猛スピードだった。

いっぱいいっぱい辛くて、いっぱいいっぱい泣いて

でも

いっぱいいっぱい楽しくて、いっぱいいっぱい、笑った。

英語力だけじゃない、
たいせつなものを、手に入れました。

アメリカの学生生活は、すごく充実しているし、クラスも楽しくて、得るものは沢山あった。

今回は、大学に交換留学ってかたちだったけど、
「語学留学は手段にすぎなかった」っていうの、今ならほんとによくわかります。

目的は、大学で学ぶことじゃなくて、アメリカにいちねん行くことでした。

世界中に、ともだちをつくることでした。

なんか、アメリカと、アジアにすごく集中してるけど、いいともだちいっぱーいできました。

ほんとに
ほんとーに
来てよかった。

1年間、みんなより遅れるけど、無駄じゃなかったよ。



思い出話は、会ったときにみんな話すね。

ブログ読んでたら、必要ないかー?


ほんと、ほんと、早かった。
たった20年しか生きてないけど、ぜったいいちばん早くすぎた9ヵ月だった。


お父さん、お母さん、ありがとう。

支えてくれたともだち、ありがとう。

ブログも、みなさん読んでくれてありがとうー。
こないだ、全部読み返したんだけど、初めの頃とか、病んでて病んでて、気が滅入った。
ずっと、見てくれてほんとにありがとう。

まだ最後になるかわからないけど、
留学が終わったら、これはやめます。


これから、最後の放浪に行ってきます。

今回は、ほんとにほんとにひとりで行きます。

もうすぐ電車の時間です。

いっぱーい、すてきなひとに出会えるたびにしたいな。



Thanks so much*
I really appreciate. :)

05.03.08 なおこ。

everything goes like .. 

2008年05月01日(木) 9時47分


Say Yes, 家族かいぎ。


雪が、窓の外で舞っているようです。

9月から降り始めて、5月まで降るなんて、

留学中、雪を見なかった期間なんて、ほんの1ヵ月だけみたい。

昨日、汗をかくくらい、暑かった昨日。

キャミ1枚で歩いてたアメリカ人、今日はダウンを着ていた。


結局貫徹して、終わらなかったテスト。

学校に持ち込んで、なんとか終わらせて、提出できた。

その前に、学食でニューヨークチーズケーキを買ったら、
すげーいおいしくて、びっくりした。おいしかったの。(舌、まひしてそうだな)

プリントアウトするときに、コピーカードに、お金が5セント足りなかった。

カードは、1ドル札からしかチャージできなくて、
わたしは、現金を一切持ってなかった。

お金下ろして、20ドル札、売店でくずして。レモンティーを買ったの。


ブックストアで、みんなに渡す、thank youカードを買って、
1枚、丁寧に書いて、(前のスイートメイトのために)

渡すの、忘れた。


あしたの昼、ほかの友達とアポイントメントがあるけど、
その子にも、誘われた。

正直、そっちの子とごはんしたいな。ぜんぜん、会ってなかったんだもん。


こういうの、よくないね。


おかしいくらい眠いけど

おかしいくらいに明日の勉強してない

けど

わたし、夜にならないと う ご け な − い よ

いまからちょっぴし寝て





Happy B-day girl
  めめおめっと!みんなもハッピー

   おおきなもじで
   てがみを書くよ。

   あ り が と う

  *

 *

 *


ドレスメーカー 

2008年04月30日(水) 19時52分



もうそろそろ、この寮から書くブログも最後になりそうです。

ここ数日、いっぱい遊んだと思います。

パーティに行ったり、
ごはん食べに行ったり、
お話したくさんして。
お買い物にも行った。(くつしたを、買いました。)
大きなアイスを2人で食べて、
食堂では、クッキーと、ケーキと、アイスを食べる。

きのうの昼間に、寮から借りてた冷蔵庫を返しに行きました。
 *
ちょっと遠くまで返しに行かなきゃならなくて、
ひっぱるカートみたいの借りて、ふらふら歩いてたら、
おじちゃんが車から降りてきて
「返すなら、乗っけてってやるよ!」って、助けてくれた。
「俺ら世界で一番幸せなんちゃう?(広島出身)」って、友達に言われて、
そうだなーって思った。(もちろん冗談だろうけどねー)


きのうの夕方に、ルームメイトがひとり、引越しました。
アーティスティックなアメリカ人の彼女は、部屋は常にmessed upだったんだけど、
もう、なーんにもないです。
さ、みしい。
最後に写真とったけど、涙は、出なかったよ。


きのうの夜に、お別れしに行った。
日本人4人で(実質2人)集まるとちょうたのしい仲間がいます。
そのうちの1人が、明日、もう帰っちゃうから。
写真撮りに行っただけなのに、3時間くらい長居しちゃった。
彼の部屋のルームメイトとは、みんな仲良しなんだけど、
日本語でわあわあ騒いで、うるさかっただろーうなーあ。

最後のお別れをした後に、
言語学の期末助けてーって最後まで、やっぱりお世話になった。
口ではすんごーい怖いけど、やさしかった。

帰ったら、会おうねーとかゆってるけど、実際、どうなんだろうなー。
会えるのかな、なんか、一生の別れかな。
かなしいな。


くるりのうたに、
「左目から、なみだ」ってゆう歌詞があるけど、
わたしは、右目からたくさん涙が出ます。


どれだけみんなが帰っても、まだまだ実感はなくて、
まだまだ期末試験も2つもあって、
お部屋もはちゃめちゃで、
あしたも、あさっても、忙しい。

だけど、明日は、前期のときのスイートメイトと、ごはんを食べる。
それが、すごく楽しみ。
大すきだった、コミュニケーションの先生に会いに行く。
これも、すごく楽しみ。




ひとりでいるのがすきです。
だけど、この後の旅行は、すこし、めんどくさいかもしれない。
まだまだ、ここにいたいって、すごく思っているのかなあ。
実感がないから、わからないけれど。


----
さんぴすと、大すきだよー!
くげちゃんと、きのう?おととい?電話をしたよ。
切ったあとに、ルームメイトと話したら、「なんでこんな夜中にそんなにハッピーなの?」
って聞かれた。
わたしは、喜び、かくせないんだー! 笑

---


とかとか言って、もう5時です。

あと2時間で、ファイナルのテスト終わるかな?わーわー

もう勉強したくなーい

杉野服飾大学(ドレメ!)に行きたいよー

smiling album 

2008年04月26日(土) 6時03分
Dual Immersion Academyという、学校に行ってきました。

teachingのdepartmentからとったクラスの、Children's Literatureで知り合った友達の職場です。
友達の受け持ちは、5-year-old!
先週あたりから行こうとおもっていたんだけど、交通手段がなくてためらっていました。
けどその友達に相談したら、わざわざピックアップに来てくれるということなので、行ってきたよ。

もう通常クラスは終了したので、朝早く起きなくてもいいんだけど、
今日は7時半に待ち合わせでした。(めっちゃはやいー)

こどもたちは全部で25人!
(なんだか、途中で増えたり減ったりしていた気がするけど)

はじめはみんな不思議そうに見ていて、
わたしも5歳児あいてにすごく緊張していて、
なかなか打ち解けられませんでした。

最初のアクティビティ、show&tell(自分の好きなものをもってきて、みんなの前で発表するの)のとき、
先生が席をはずしてしまったので、急遽わたしにバトンタッチしました。(すごく焦った!)

そこで打ち解けてから、すごーくすごーくたのしかったー。

こどもって、パワフルだーすんごく。
わらわら群がってきて、「わたしがわたしが!」って、みんな言うの。
ひとりにかまってあげると、すねて泣いちゃったり
待っててっていうのに、何度もなんどもやだやだって言う。
「今はだめだから、後でね」って説明しても、悲しそうな顔するから、
すごくこころが痛んだよー。

わたし、カメラとおりがみのおかげでもてもてでした。笑

みんな写真とりたがって、
「なおこー一緒にとって!」って、すごくかわいかった。

忙しくてぐるぐる目がまわっちゃって、
「次、あたしね」って言った子みんなに「いいよ、順番ね」って言ってしまって、
けど、時間がきちゃって一緒に遊べない子もいました。
「次あたしってさっき言ったでしょ?なんで?」って聞かれて、
ちゃんと、守れる約束しかしちゃいけないな、って思いました。
ちゃんと、ごめんね。って謝ったよ。

友達は、すごくいい先生でした。
ちゃんとしかって、思いっきりほめて、(私ができないのは当然だけど)
わたしは、先生には、なれないなあ、っても思いました。

みんな、すごく、いい笑顔。






5月末に、もういちどくらい行きたいなー。



デリシャス・スプーン 

2008年04月23日(水) 17時25分
おいしいおはなし。

アメリカの食事には正直もう参りきっているし、
帰国が近づくにつれて、膨らむ期待は日本のごはんのことばっかり。

でも、だから、おいしいものを食べるとすごくしあわせ。

ベトナム料理を食べに行ったよ。
金曜日の、お昼。
花崎先生が「ベトナム料理が世界でいちばんおいしい」って言ってたのが、忘れられなくて。


いろいろみんなで頼んでみたけど、これがいちばんおいしかったー。
クリームチーズワンタン。
すごくすごくおいしくて、めちゃくちゃ興奮しました。
クリームチーズがトローって、甘辛のソースにつけて、すごくデリシャスでした。


土曜日の、特に起きられた朝は、遅めのブランチ。
寮の食堂が、ほんとうにおいしくないんだけど、(すごくこまくさがなつかしくなるよ)
週末の朝だけは、最近見つけた、ちょっぴりしあわせベーグルサンド。

朝から食べすぎ?
カリッと焼いたベーグルに、野菜とターキーをはさむの。
半熟の、目玉焼きがあるともっとすてき!
さいきんは春だから、食堂のうらにある広場で、ピクニック日和。

こないだの土曜日は、風が強くてできなかったけれど。




テストがふたつ終わって、一息。
火曜日は変な時間にクラスがあるから、たいていごはんはスキップしちゃう。
今日も、売店でドーナツだけ買って、もぐもぐ食べながら出かけました。
ドーナツって、かわいくておいしくて、満点だと思う。
今日のは、初めて選んだブルーベリーがすごくおいしかったんだー

生地に練りこまれたブルーべりーのつぶつぶがかわいい。

おいしいものを食べた日の日記を見たら、
きまって「しあわせ」とか「Happy」とか、書いてあった。





音楽のペーパーも、ぶじに提出しました。


ジングル ジングル 

2008年04月17日(木) 19時16分


帰国日が確定しました。
5月31日、15:55成田着です。
(メモってメモって! 笑)

狙って、土曜日にしたんだ。お父さんとお母さん、車で迎えに来てくれるの へへー*

ほんとは虫歯がいたくて
いたくて
いたくて
いたくて

けど、治療費がとても高いから、アメリカで処置は受けられないから
少しでも、早く、帰ろうかな って思ってたけど
ビザの許される限り、5月30日までアメリカにいることにしました。

1日(めめのバースデイね!)でファイナル試験が終わるから、

カリフォルニアに行ってmy sweet host familyに会って、
ひとりでサンフランシスコ、旅行して、
ひとりで、シアトルでイチロー見てきます。

(まだ飛行機のチケットも、なんにもとってないんだーあ)

そのあと、大すきなユタに戻ってきて、10日ほどステイして、
待望のジャパンへgo back!

久下ちゃんがさっもうすぐNYにくるのだ。
会いたいなあ、飛行機300ドル・・時間はあるんだけど、お金はないなあ。
(飛行機代出してくんないかなあ 笑)


帰ってからの4ヵ月、ほんとはインターンシップしようかなあって思ったんだけど、

よくわからないし、やりたい仕事のが見つからないので

軽井沢でお洋服の販売をすることに仮決定しました。(勝手にね!)

無理してインターンするより、夢への1st step、有意義かな、って。

あそびにきてね *

けど、英語忘れちゃうんだろうなあ、それだけがこわいな。




ユタでの、最後のペーパーの課題が出されたよ。

テーマがね「メッセージ性のある音楽の分析」なのだ。すてき!

ちょっと細かく言うと、
"その音楽をもとに、歌詞、テキストからのコンセプトを使って、どんな音楽があなたに働きかけ、なぜそれにあなたが反応するかを分析しなさい"
ってゆうすこしcomplicatedなものなんだけど、
なんだか楽しくできそうだな、って思った *

(しかもbasicallyなテーマはmedia communicationの理解なんだけどね)


メッセージ性のある音楽といえば、得意分野!
邦楽を、勝手に翻訳して使っちゃおー(だめ?)って思ってたんだけど、

最後にひとこと。
"その曲を焼いたCDも提出してね。聞きながらグレードをつけます。"

これ、英語の曲じゃなきゃだめなんじゃ・・。
わたし洋楽わかんないよー!
なにかおすすめありせんか??



夜が更けていきます。
勉強にもどるよー
ばいばい。!


わかりやすい文章 

2008年04月16日(水) 12時14分



すっかり春ですねー
抜けるような青空がたまらなく気持ちいいよ。

っておもってたら今日雪が降った。

お花のストラップシューズをあわててブーツに替えて、クラスに行ってきました。

本当は、来週の23日で通常クラスはおしましなんだけど、(そのあと期末期間があります。)
先生によっては、最後のクラスの日にテストをやってしまうクラスもあるのです。

だから、2つのクラスは、昨日、今日で終わっちゃった。

ひとつ
*Children's literature
いっぱいいっぱい児童文学を読みました。
これのせいで、よく日曜の夜は眠れなかったんだよ。
いま数えてみたら、22冊も読んだみたい!
児童向けとはいえ、がんばったなあ。
春休み明けに、ひーひー言いながらあわててReviw書いたのももう1ヵ月前です。

ふたつ
*Elements of speech communication
すごくすごくためになったクラスでした。
どういうコミュニケーションが効果的か、みたいなクラスだったんだけど、
プレゼンが経験できてよかったなあ、って思います。
ずっと、グループワークは苦手だったんだけど、このクラスで好きになれたよ。

このふたつのクラス、先生がso sweetなの。
すごく大すきだったから、早めに終わってしまうのがとてつもなく悲しいです。
来週、テストだけど、どうせいちばん最後までかかっちゃうから、一緒に写真とってもらおう *




さきのばしさきのばしにしてた、旅行の計画

やっと、はじめました。

さっき、ホステルと、電車を予約しました。

行き先は、サンフランシスコとシアトル *

ラスト1ヵ月も、沢山の出会いに期待しています:) *



抜けるような 青空で
チーズピザ食べよう

:)



プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:poco
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 職業:大学生・大学院生
読者になる
ふわふわで

やさしくて

ゆるいもの

好き**

YUKIとくるりをきく

てづくりと

ようふくと

雑貨に雑誌

日々の活力*

語学も

写真も

読書も

音楽も

みーんな好き


あめりかでゆるく暮らしてます

2008年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30