ブログのサイト引越し 

December 04 [Sun], 2005, 15:05
タイトルは同じSAME MOONですが、下記サイトでブログを綴ることになりました。
http://re-oda.jugem.jp/

順次、こちらの過去記事を移していく予定です。まだ小田さんのツアーレポートなど、数が多いので移しきれないため、当分はリンクも貼ってどちらも見られるようにしておきます。しかし12.6と7の武道館レポなどは新しい方で記載する予定です。

リンク集の一番下に貼っておきます。

NHK杯女子SP 

December 03 [Sat], 2005, 7:41
グランプリ・ファイナルへの出場権がかかる大事な最後の試合。さすがに安藤美姫はロシアから帰国直後の疲れか、緊張からか思ったよりいい演技ができなかった。最初のコンビネーションが、上位の選手ほど女子といえども3−3を跳んでくるのでここは3−3で行きたかった気がするが・・。スピンの回転速度もあまり速くないうえにビールマンが回転数が足りなくてレベル2くらいの評価だったように思われた。むしろ誰も騒いでいない中野が重圧もなく、しかも地元日本での初めてのNHK杯出場をとても楽しんで余裕の滑りをみせ、大健闘で2位につけたのは素晴らしかった。期待の村主がなかなかいい出だしだったのに、フリップで転倒という痛いミスが出て6位と出遅れたのは厳しかった。他のスピンやステップは滑らかでとてもよかったのだが・・全体に点数が辛めだった。あなどれないのは世界選手権3位のコストナー。細くて長い手足を武器に3−3を軽々と飛び、全体をまとめたプログラム。ミスがないのが強みか。細かいステップなど村主の方が上だと思うのだが、全体の安定感などもふまえると元気でいきおいがある選手はパワーで滑るので印象がよくなる。まあ、今度の採点システムは難しい反面、圧倒的な大差でなければSP6位くらいからでも大逆転があるので、今日のフリーにみんな持てる力をすべて出して欲しいと思う。おそらく中野はトリプル・アクセルを飛んでくるだろうし、安藤も土壇場で4回転をやるだろうか・・?あるいはここでは無理せず表現力で勝負し、表彰台を確保してファイナルで4回転・という計画もありか。村主はなんとかいつもの大逆転で巻き返し、最後の全日本での勝負でオリンピックへの切符を目指すだろう・・。実に熾烈な国内の代表争いだ・・。

いよいよNHK杯開催! 

December 01 [Thu], 2005, 11:13
昨日の夜・今朝のニュースの特集で、NHK杯に関してレベル4への挑戦という番組もあった。4年前のソルトレイクで、ペアが二組金メダルになった騒動を記憶されている方も多いのでは・・。人間が審査するため不正があってはまずい、とこの3年の間でジャッジの国名表記をやめたり、ランダムで高い点と低い点をカットするなど、いろいろと審査方法に変更があったが、ついにこと細かくひとつひとつの技をチェックして点数にするという方式になった。あまりスケートを知らない人がオリンピックと世界選手権だけポンとTVを見たらこの採点システムで??と驚くと思う。もはやあの6.0とか5.8という数字はないのだ。仕方ないので、技術全般は最後に出てくるスケーティング・スキルだのトランディッションだのと羅列された項目が何点台かを目安に、今日はよかったとか悪かったとか判断するしかないが、大雑把にいって、8点台は殆ど見かけない。プルシェンコやスルツカヤといった過去にメダルをとったような実力者が取る数字で、普通は7点台をまず上位争いの目安に、いくつ並ぶか、7点台も後半かというのが目標であろう。これからの選手はなるべく失敗しても6点台に踏みとどまるのがラインでは・・。そして、今もっと難易度が高いのがレベル4という評価。片足をあげるビールマンスピンなどは難しくて誰でもできないのだが、せっかく足があがっても軸がぶれていたり2回くらいしか回れなかったりすればレベル3とか2としか評価がもらえないので、難しい技術の練習とその精度と両方必要だからこれは大変である。すべての技術にそういうのがついてまわるので、スピンだけ上手いとかジャンプだけ飛ぶ、表現力だけは素晴らしい・・といったこれまで選手の個性・・勝負できたものもそれだけでは上位はねらえなくなった。

グランプリ・ロシア大会女子シングル 

December 01 [Thu], 2005, 10:14
今期初試合の安藤美姫登場。SP。恩田美栄。最初のコンビネーションでオーバーターン。スピードのなさやスパイラルの不安定さなど、評価が5点台とかなり低いのが厳しい。安藤。戦場のメリークリスマスで。レイバックからビールマンといった、今期練習して磨きをかけたレベル4をめざすスピンコンビネーション。スパイラル・ジャンプコンビネーションなど、3月の世界選手権から考えると素晴らしい進歩だった。評価点が7点台で本人も大喜びの結果。パーソナルベストが出る。スルツカヤ登場。リストの死の舞踏。3−2のコンビネーションも高く、フリップの高さや着氷後の流れの美しさ。ビールマンに入る時にやや乱れ。最後にスピンコンビネーションで足変えのビールマンスピンなど、スピードが落ちず、レベル4のスピンがあるのは彼女だけ。8点台がふたつ。圧倒的な強さ。フリー。スザンナ・ポイキオ(フィンランド)ロミオとジュリエット。出だしでジャンプのミス。スピンコンビネーションでバランスを崩す場面も。彼女も安藤と同じくレイバックからのビールマンを取り入れていたが、中盤からジャンプのミスとスピードが落ちて不本意な演技だったようだ。恩田美栄。プログラムをアメリカ大会後に変えて2週間で試合にもってきたという驚きの姿勢。3−2−2で高さを見せる。せっかくの持ち味である高くて切れ味のあるジャンプも不安定になってしまったが、振り付けはニコライ・モロゾフとのこと。こなれてくれば大変素晴らしいプログラムなのだが・・評価点が5点台ばかりというのが時間が足りなくてもったいない・・。必死の形相で鬼気迫る挑戦だったのだが・・。他の選手は追記にて。

グランプリ・ロシア大会男子シングル 

December 01 [Thu], 2005, 8:53
SPはスイスのステファン・ランビエールから。今年の世界選手権優勝者で、持ち味はスピン。ソルトレイクで注目はしたが、いきなり世界のトップになったのは驚きの選手だった。しかし演技全般では、ジャンプで手をついたり、コンビネーションの4−3の3回転めが着氷で動きがとまりあまりよくなかった。あまりさすがチャンピオン!というすごさを感じるスケーティングではないように思えた。どうしても目を惹くのはスピンの技術だけ・・。これはポジションの正確さ・回転速度・形の独自性など、まさに彼だけの技だと思うが。地元ロシアのエフゲニー・プルシェンコ登場。これが今シーズン初試合で、気合十分。出だしのコンビネーションが4−3、さすがにきれいな着氷。トスカの曲を身体全部で表現する素晴らしいプログラムで、単独のトリプル・アクセルやサーキュラー・ライン、ストレートライン、スピンコンビネーションなど見事である。オーラの出てる人というか・・すごい!の一言だ。SP1位だった。アメリカのジョニー・ウィアー。サン・サーンスの白鳥で、アクセルから3−3。身体の線が美しく、ロシアでいえばアレクサンダー・アプトを彷彿とさせるスケーターであるが、フリップで両足着氷となり、4回転がないので3位にとどまった。南里康晴は6位。(映像なしで最終結果8位)
フリー。ドイツのステファン・リンデマン。ビッグバウンスのサントラがあっていないようで、4回転のトウループのみになったり、ジャンプで2度の転倒、スピードもなく全般に退屈な、散漫な印象だった。ジョニー・ウィアー。カナダでは故障でもしたのか悲惨な演技で7位だったので、それから考えるとかなり良くなっていたが、まだジャンプミスもいくつか見られて技術的には不安定。しかし表現力はすごくあるため美しい滑りは印象的で3位になる。プルシェンコは、前半にジャンプを固めてゴッドファーザーの曲で演技。途中細かいミスもあったのだが、スピードと力強さで8点台を4つたたき出す高得点!ぶっちぎりの優勝。ランビエールは最初のトリプルアクセルが転倒、コンビネーションもステップアウトなどややミスが出たが、四季をうまく表現し中盤で盛り返す。最後のステップとスピンで力を出すし、2位。

クリスマスの約束・苦言 

November 30 [Wed], 2005, 21:25
有名なガーデン・カフェの掲示板を読んで、さらに知らなかった事実が判明したので残念な気持ちでいっぱいになってしまった。確かに開演前の多くの行列があったが、あの招待客って本当にただで、しかも良い席ということはまさかないだろう・・と心の中では思っていた。まずはお金を払ってきっちり会場に足を運ぶ方に席を優先するべきだと私は思うのだが、そういうのは甘い素人考えなんだろうか。ごく一部の席をすこしずつ分けて、招待用に振り分けるのなら仕方ないかなとも思うけど・・。でもね、まさかね。ロクに歌もしらないようなオッサンだろうが、一番前のアリーナで他の方に聞こえるのに平気で発言してたり、電車でもバカな社員が暴言を吐いていたとか・・。目が回る思いだ。
小田さんの歌唱力には何の落ち度もないし、照明は本当に素晴らしく、何かの賞をまた受賞できるのではという出来栄えで、何度も花道を走る小田さんを追いかけるカメラクルーや、アリーナに降りてしまった小田さんを必死でガードするスタッフ、そしていろいろな思いをしてチケットを手に入れて会場に参加したファンのみんなの声援。ゲストの中居君の人柄に触れて、今までTVを通じてしかなかった印象が変わるような、彼の人間性を感じる発言や、陰で支えていた多くのまじめなスタッフ・・。そういう一体感を損なわずに感動のまま会場を後にできれば本当によかったのに。実際にはあまりにも収録席への抽選に関する段取りの悪さに眉をひそめ、開演の遅れ、無駄な前説に憤り・・と始まる前に精神的に疲れてしまった。小田さんが歌ったペリー・コモのクリスマス・ソングは私も中学1年のさいに英語の授業で歌ったことがあって知っていたが、名前までは覚えていなかった。でもとても懐かしくていい曲だなと思って聞いたのだが、それを歌う前にまた阿部という人と衝突したという話を小田さんが語った。これは小田さんが押しきってくれて本当によかったと思う。もしこれがカットされていたらクリスマスの歌がなくなってしまうような気分だ。

クリスマスの約束・その3 

November 30 [Wed], 2005, 19:21
これは当日の雰囲気や行動の日記です。
乗換えを調べて友人を迎えに行き、一緒にホテルに向かうが、乗り変えの路線がわからない。埼京線でいいはずが、来るのが快速だったりして、その目指す駅に止まるのかどうかわからず、駅員探してウロウロ。聞けばわかったがつっけんどんな言い方だし、大きい駅は嫌いだ!どうにか目指す駅に来る。会場に向かうが結構時間がかかる。慣れてない路線だからますます遠く感じる。予定より遅れて会場に。さきに収録席にエントリーしようと思ったらすごい列。なんだと思ったら明治安田生命の招待の列・トヨタアリオンの招待列・最後のが収録席の列。慌てて並ぶ。チケットに同封されていた紙には発表が入り口付近と場内ロビーのふたつだったので、後1時間あるね、とグッズ売り場に並び、Tシャツとストラップをゲット。会場前にアリオンが展示され、メイキングも流れていたが、あっちもこっちも並ばないといけなくてゆっくり眺めてる余裕がなかったのが残念だ。
ちょっと軽い食事を、と日本海庄やという居酒屋に入ると、いきなり小田さんのアルバムがかかっているので我々は大喜び。上手い具合に待ち合わせのほかの友人も合流できたので、お互いにはじめましての挨拶をしてあわただしいながらも盛り上がる。

クリスマスの約束・その2 

November 30 [Wed], 2005, 18:46
ゲストが誰か・・。まず大きな謎だった。開演が大幅に遅れたし、正直お客さんもすごい人数でそうそう遅い時間まではできないのではと思っていた。もともと、私はこれがクリスマスの約束という冠がついているのだから、今年のツアーとは異なる内容で、またクリスマスの歌を選曲して歌われるのではという期待でチケットを申し込んだので、正直あれでは、ただツアーの中の曲でひとつふたつクリスマス用に変えただけという印象をぬぐえなかった。厳しい言い方をすれば、参加できなかった方、テレビで満足できるかもと思う。ただ照明はもう本当に素晴らしかったので、あれを映像で見られるのは良かったと思われる。スタッフは手前味噌だかなんだか知らないがすごくゲストの意外性を吹きまくり、その割にはご当地をとばすという事もなく、一向にゲストも現れる気配もなく・・もう時計を見てどうなるの?とハラハラしどうし。あの大きな会場で、開演が遅れて、長くやったら大変だとかかなり心配であって、一時はホテルを取ることも考えたが、首都圏で泊まるのもなんか違うしお金がもったいないし、帰れるよね、と普通に帰るつもりではいた。でもあんまり途中で出るのはいやだったので、もう中居君が出た10時という時間にも仰天したが・・。どうも彼が遅れたのでこんなことになったらしいのだが、その割には延々となぜ中居君を呼んだのか、これは長くなるよ・・とか中居君も一度は断ったのですよ。とか僕は歌手ではありませんとか、トークもおもしろかったのは事実だが、のんびり笑って聞いていられる時間でもなかったように思われ、歌うのならさっさと歌ってほしかった。

クリスマスの約束2005 その1 

November 30 [Wed], 2005, 17:58
スタート19:16頃(本当の予定は18:30)
御当地紀行総集編(やってまいりました!の第一声から全国の各地の抜粋→さいたまスーパーアリーナ前)

オープニングアニメ(ツアーオープニングアニメが「クリスマスの約束」バージョン・最後の雪が降っている電車の映像の後でチケットにある赤い帽子と字が出て、さいたまアリーナに小田さんサンタが到着)

まっ白
ラブ・ストーリーは突然に
the flag

忘れてた思い出のように
たそがれ
さよなら

let it be

銀座カンカン娘
眠れぬ夜
たそがれのビギン

今年のツアーで参加してくれたゲストのシーン総集編
7.6 武道館 ムッシュかまやつ・バンバンバン
8.28名古屋 財津和夫・小田さん作詞バージョン青春の影
9.22武道館 松たか子・ほんとの気持ち
10.13沖縄 根本 要・銀座カンカン娘

曲名わからないが、クリスマスの賛美歌のような歌・最後にベツレヘムと出てくる(英語)
戦争を知らない子供たち

生まれ来る子供たちのために(ステージ花道の上で合唱団の子供数名と)
風のようにうたが流れていた

たしかなこと

御当地紀行・各地の総集編(覚えている限り・・)
雨の鎌倉「本格的なババア軍団」青森?「後ろのババアがうるさいんですよ」
大濠公園ボートを漕ぐ音が「ガチャガチャ」のテロップ
真夏の万博公園・楽しい自転車広場?誰もいないのに、色々なのに乗って「楽しいなあ・・」
根岸森林公園・遠足にきていたガキがまとわりついてテレビ映る?何チャンネル?とうるさい
さいたま総集編・秩父の紅葉など・台北の総集編では字幕に漢字がずらずら出るのがおかしい

Re
正義は勝つ
Yes-No
キラキラ
YES-YES-YES

明日 (少年少女合唱団もこの時だけ参加)

僕ら
言葉にできない
21:35頃

アンコール1
愛を止めないで
またたく星に願いを

大好きな君に
21:58頃?

アンコール2
夜空ノムコウ(ゲスト・中居正広)

君住む街へ (台北での中国語も最後の方で披露・スクリーンにその様子も一緒に出る)
たしかなこと・会場合唱バージョン1
たしかなこと・取り直しでもう一度(この件は追記にて)

ここで22:45だったので諦めて外へ出たので
この後アニメまでどうだったのかはわからず。

帰宅しました・・・(ぎりぎりセーフ!!) 

November 30 [Wed], 2005, 1:09
小田さんのクリスマスの約束コンサート・・終了が10時45分くらいだった・・・あのう、さいたま県民でもなければ東京都民でもないので予想はしていたけど、いくらなんでもここまでやらないだろうという時間だったので、もう最後の最後はどうするか悩んで聞いてましたね。挨拶もいつものエンディングも諦めてぱーっと出て正解!!北与野駅を目指し、新宿行き23:03に乗れてやれやれだったけど、着いたのが23:40頃、慌てて私鉄に走って、乗れたのでああよかったと思ったら、実はそれが自分の降りる駅方面の最終電車に接続する最後の急行であった・・・。いや、まだ大丈夫だと思っていたので、急いでいたけどそこまでギリギリだったとは知らなかった!!あぶねー!!こんな最終電車って・・もしかすると初めて?人生で?あぶねー!!午前1時前に着けてよかった・・。それにしても、世の中の人の多くがこの時間の電車に乗っていることに驚いた。でもついていたことに、午前1:10からのフィギュアスケート・ロシア大会男子シングルがちょうど始まる前に帰宅できたので、DVDの入れ替えが出来て予約もセットできた。既にホワイトハウスを予約録画した後で、同じDVDに入れたくなかったから取り替えないといけないし、かといってデッキは私以外誰も使えないので自分しかできないから・・。これで安心して眠れるかな。今日参加のみなさん、お疲れ様でしたー。まさかね、あんなに開演が遅れ、しかもそのわりにはダラダラやるし、アンコールがあの調子、時計ばっかり見てたけど、マジあぶなかったー!!ねたばれはまた次回、寝て起きてから・・。
2005年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像顔林
» クリスマスの約束・その3 (2005年12月05日)
アイコン画像ゆう
» グランプリ・ロシア大会男子シングル (2005年12月05日)
アイコン画像つう
» クリスマスの約束・苦言 (2005年12月04日)
アイコン画像Blue
» NHK杯女子SP (2005年12月04日)
アイコン画像砂吹
» クリスマスの約束・苦言 (2005年12月03日)
アイコン画像SHIN
» クリスマスの約束・苦言 (2005年12月02日)
アイコン画像SHIN
» クリスマスの約束・苦言 (2005年12月01日)
アイコン画像風雅舞
» クリスマスの約束2005 その1 (2005年12月01日)
アイコン画像風雅舞
» クリスマスの約束・その3 (2005年12月01日)
アイコン画像RINO
» クリスマスの約束・苦言 (2005年12月01日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:pukubonn
読者になる
Yapme!一覧
読者になる