プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:puhvxltyglxpdk
読者になる
2010年06月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
Yapme!一覧
読者になる
拡張現実も立体視もオーバークロックも詰め込んだ!――「Intel in Akiba 2010 Summer」 / 2010年06月22日(火)
 6月19日と20日に、インテルのユーザーイベント「Intel in Akiba 2010 Summer」がベルサール秋葉原の1階で開催された。【古田雄介,ITmedia】

【拡大画像や他の画像】

 今回は同社のCPU「Core i7」を主役に据えており、会場にはCore i7マシンを使ったマルチメディア処理の紹介コーナーや、協賛各社のパーツとマシンが並べられた。梅雨に入ったものの、当日は天候にも恵まれ、1週間前の「2010 AKIBA PC-DIY EXPO 夏の陣」と同じく、盛況の様子だった。

 特に好評だったのは、世界的なオーバークロッカーのduck氏によるOCデモコーナーだ。液体窒素を使ってCore i5-655Kのクロックアップに挑戦し、土曜日の時点で6650MHzの世界記録を超える7122MHzでの動作に成功。100人近くの人だかりは、duck氏の解説を聞きながら複数のCPUでクロックアップの限界に挑戦するデモを見守っていた。

 また、インテルの“神様”こと天野氏のトークセッションも、何重もの立ち見の列が生まれた。土曜日はSSDについて小ネタを交えたトークを展開。IDEモードとくらべたAHCIモードの優位点や、SATAの省電力機能「DIPM」の設定方法などを解説したほか、「RAID 0構築時はTrim非対応となるので、代わりにRAID構築時のドライブサイズをちょっと小さくして、スペア領域を持たせておくといいでしょう」と実用的なアドバイスを盛り込み観衆を引き込んだ。

 天野氏はセッション前には「今日はウチのお偉いさんも見に来ているらしいので、あまり無茶はしないですよ」と漏らしていたが、セッションの演出は準備万端。最後にインテル製SSDのプロモーションムービー「Adventures with Intel Solid-State Drives」に出演しているアラン・フロスト氏を特別ゲストに招き、日本バージョンの最新ムービーを初披露するなど、飽きさせない構成で会場を沸かせている。

●立体視対応ノートPCや拡張現実コーナーが人気――近未来チックなコンテンツに期待

 PCパーツメーカーのブースも見どころが多かった。「ハイスペックマシンを極力小さくして使いたいと考える人が多いのでしょう。その辺は日本ならではですね」(スタッフ)といわれるように、Core i7を搭載できるmini-ITXサイズのH55/57マザーを展示するメーカーが全体的に多かったほか、EVGA「Classified SR-2」のようなハイエンドユーザーに熱視線を浴びせられる尖ったパーツも目立った。

 その中でも特に注目されたのは、やはり未発売と未発表のモデルだ。MSIのブースには、2万円以下で買える低価格なX58マザーとして人気のあった「X58 Pro-E」の後継とされる「X58A-GD65」が販売予定品の扱いで展示されていたほか、ASUSTeKブースには堅牢性や高耐久性をうたう「TUF(The Ultimate Force)」シリーズの新モデル「SABERTOOTH X58」も見られた。いずれも具体的な価格や発売時期は未定だが、近いうちに店頭に並ぶ可能性が高いようだ。

 また、ASUSTeKブースでは、NVIDIA 3Dを搭載したハイエンドノートPC「G51Jx 3D」も目玉の1つとなっていた。ASUSTeKスタッフによると、日本では想定していた3〜4倍の量が売れ、一時期深刻な品薄状態になったという。「現在も潤沢とはいきませんが、なんとかお客さまに買っていただける状況にはなってきたかなと思います。私どもとしてはゲームをやられる方を中心に売れると考えていたのですが、医療関係や建築関係の方が仕事で3Dを使うために購入されるというケースも多いことが分かりました。予想以上のペースで3Dが浸透しているのは確かです」とのことだ。

 3D(立体視)関連の製品はすでに市場に受け入れられているが、“近未来チック”なソリューションとしては、AR(拡張現実)体験コーナーの人気も見逃せない。ARは、カメラで撮影した映像に、別の画像をリアルタイムで表示する技術だ。例えば「花束」と書かれたパネルを持ってカメラに映ると、コンピューターにインプットしてある花束の3DCGが呼び出され、カメラ映像ではパネルが実際の花束に変わって表示されるというもの。体験コーナーでは、zigsow社のテクノロジーを使ったコンテンツにより、Webカメラの前に、牛やマザーボード、風車小屋などのCGが呼び出せるパネルが置かれており、好きに動かしてカメラ映像の様子を確かめることができた。

 zigsowは「この技術の商品化はこれからですが、例えば、ご自分自身にWebカメラを向けて、髪型を登録したパネルを額に当てながら、似合うヘアスタイルを探すといった使い方もできます。表示できる映像に関しても、今後は周囲の光の向きや量にあわせて影をつけるなどして、よりリアルに近づけていきたいと思います」と話していた。

【6月21日19時45分配信 +D PC USER
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100621-00000069-zdn_pc-sci
 
   
Posted at 06:57/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
 
 
Powered by yaplog!