もみあげを自由自在に操れる男 

2007年05月27日(日) 15時09分
俺の名前は鈴木圭壱。俺はもみあげを自由自在に操れる能力を持っている。
実はこの能力、以外に役に立つ。勿論人前で使えないから一人の時だけだが。
例えば、両手が塞がっている時に鼻の頭を掻いたり、携帯を掛ける時にもみあげで持ったり。
他の人が聞いたらしょうもない事かも知れないが、あればあるで結構重宝していた。

しかし、三年前からその能力はつかっていない。何故なら学生の時の就職活動で切り落としたのである。ロン毛とともにその便利な能力ともお別れをしたのだ。そのおかげか、銀行にも就職出来、今は安定した生活を送りっていた。元々あったら便利程度だったので、普段の生活に支障が出るような事もなかった。
そんなごく平凡な毎日に突然事件が起こった。

「金をだせ!」
銃を持った銀行強盗だ。
目の前に銃を突きつけられているというのに、俺はあまりに突然の出来事に動けなかった。
「何をボサッとしてんだ!早くしろ!」
「は、はいっ!」
俺は急いで現金を袋に詰め込み始めた。
俺がすぐに動けなかったのには訳があった。
それは、銃を四丁も持っていたからだ。
両手と…もみあげに。

銃を突きつけられるだけでも普通は動けなくなるはず。しかもそれが、自分以外にもみあげを操れる男によってだったら尚更だ。

俺がモタモタしていたせいなのか、誰かが通報するのが早かったか分からないが、銀行はあっという間に警察に包囲されていた。
『犯人に告ぐ、人質を解放し、おとなしく投降しろ!』
「うるせー!逃走用の車を用意しろ!早くしねぇと人質を殺す!」
シャッターは全て下ろされ、中の様子は外からは分からなくなってしまった。



強盗が入ってから13時間は経とうとしている。
その間にも警察の説得により、一般客は解放されたが、俺たち行員男女合わせて11人は以前人質のまま。完全な膠着状態というやつだ。
精神的にも肉体的にも限界が来ていた。
「…鈴木くん」
小声で名前を呼ばれた。上司の小宮さんだ。俺は、定年も近いのにこんな事件に巻き込まれた小宮さんを気の毒に思っていた。バーコードヘアも更に薄くなるんだろうなぁ…と考えていた俺の心の内を知らない小宮さんは、「犯人は一人だし、見たところ疲れも溜っているみたいだ。男全員でかかれば取り押さえれるんじゃないか?」といった作戦を持ちかけてきた。
小宮さんの言うことももっともだ。よくみれは、犯人は小宮さんと同じ位の年の様だし、こっちには男は六人もいる。しかも俺らは人質だというのに縛られてはいない。最初はロープか何かを要求されたが、縛るのに丁度いいものが無かったので、人質をひとかたまりにして床に座らせるまでで、犯人は諦めたのだ。その作戦に乗ることにした。
小宮さんの作戦は簡単で、まず最初に一人が飛びかかって、その後に残りの全員が飛びかかるというものだ。
小宮さんはまず自分が最初に飛びかかるといい始めた。他に若くて体格のいい奴もいるのだから、変わってくれと俺たちは頼んだ。別に小宮さんを心配してではない。作戦の成功率を少しでも上げるためだ。しかし小宮さんは「責任者である自分が行かないといけない」と全く譲る気はなさそうだった。結局小宮さんが最初に行く事で決まった。


犯人の一瞬の隙を小宮さんは見逃さず、俺たちが想像もしなかった機敏さで犯人に飛びかかった。
「てめぇ!何しやがる!離せ!う、うわぁ!」
犯人はかなり動揺してた。俺たちはもっと動揺していた。小宮さんのバーコードヘアがウネウネと伸び、犯人をがんじがらめにしていたのだ。

…うわぁ…気持ちわる…

「もみあげを操れるのが自分だけだと思って油断したな!私も昔はもみあげを動かせていたが、特訓の末今はここまで動かせる様になった!しかも伸ばせる!私の方が一枚上手だったな!フフフ…フハァーッハッハハッ!さぁ野郎共飛びかかれぃ!」
どちらかというと、犯人より小宮さんの方が悪役の様に見えてきたと言うのと、単純に気持ち悪いというので俺たちは飛びかかれず、一歩引いた形になっていた。
その時、『ブチブチィ!』犯人が渾身の力を振り絞り、謎の触手を…いや、小宮さんのバーコードヘアを引き千切った。
「うぎゃぁーーー!」
小宮さんの悲痛な叫びが銀行内に響きわたった。

結局最初の状態に戻り、俺たちは床に座らされていた。
横には息を切らし、瀕死の状態の小宮さんが横たわっている。
女性はシチュエーションに弱いのか、俺と同い年でロングヘアーの木下さんは、「小宮さん死なないで」と泣きながら濡れたタオルで毛の無くなった頭を冷やしていた。
…ただ髪の毛を引き千切られただけじゃねぇか…
それによく見れば、よく見なくてもだが、木下さんは器用にもみあけでタオルを絞っていた。

………………まぁいっか。
俺は心の中で突っ込む事にも疲れていた。
それに、こんな騒動だったのに、誰一人殺されたり危害を加えらてはいないので、犯人は殺しまではする気はないのだろう。そう思ったら急に眠くなってきた。後は警察に任せておとなしくしてようと、心に決めた瞬間だった。
突然大きな爆発音がし、催涙ガスが投げ込まれ、辺り一面は真っ白になった。
機動隊の強攻突入により事件はあっけなく解決した。


あれから一週間、普段の生活に戻っていた。
しかし俺には心に引っ掛かるものがあった。
まず一つ目は犯人のもみあけの事、二つ目は小宮さんのもみあげの事、三つ目は木下さんのもみあげの事、四つ目は目の前のテレビに映るニュースキャスター。『一週間前に起きた銀行立てこもり事件は…』
もみあげでニュース原稿をめくっていた。

尿を三日分溜めれる男2 

2006年04月27日(木) 11時55分
俺は尿を三日分溜めれるという特殊能力を持っているが、今までに役に立った事がない。 むしろこの前なんかこの能力のせいで彼女にも振られたわけで…

まぁいつまでも落ち込んでるわけにもいかないから、もっと可愛い彼女をゲットする決心を固めたのさ!   その日以来コンパというコンパに出席し、西に可愛い子がいると聞けば西に行き、東に可愛い子がいると聞けば東に行き、ド〇ゴンレーダーに反応があればホワ〇ト将軍と戦い、不思議なポッケで願いを叶えてくれる人(?)がいれば願いに行き……と、まぁ筆舌に尽しがたい苦労の末、ついに可愛い彼女ゲットだぜ!☆
今度は同じ失敗をしないように頻繁に便所に行き、頻尿と噂されるまでになった。 しかし、俺は気にしない。それも彼女に振られない為だ!

そして俺たちはデートに出かけ、楽しくショッピングをし、末長く幸せに暮らしましたとさ。めでたしめでたし……
になるはずだったのに、何てこったい!またしても二人きりでエレベーターに閉じ込められちまった。OH!ジーザス!  しかし待てよ?最近の俺のあだ名は、そう!『頻尿』!もう俺に恐れるものは何もない。フッ…
横を見ればオロオロとし、今にも泣きそうな彼女が。だが二回目の俺は自信に満ち溢れた顔で言った「俺がついてるからから大丈夫だよ、セニョール( ̄ー ̄)」
しかし彼女はまだ泣きそうだ。これはもしや…「もしかしてトイレに行きたいとか…( ̄▽ ̄;)?」彼女は下を向きながら小さく頷いた。こいつぁ困った!これは俺にはどうしようもない!
さっきまでの自信はどこえやら。俺までオロオロしだしてしまった。まるで頭が濡れたア〇パンマンのように弱々しくなってしまった俺に彼女が言ってきた。
「実は私他の人に尿意を移せる特殊能力を持っているの。あなたが漏らしても嫌いにならないから、あなたに移させて(;_;)」
何ですって!?これは前と全く一緒ではないですか!一瞬前の記憶が蘇ったが、そう!俺のあだ名は『頻尿』!今度は絶対に漏らさない自信を取り戻した。まるでジャ〇おじさんに顔を取り替えてもらったアンパ〇マンのように! ありがとう〇゙ャムおじさん!
「俺のことは気にしないで好きなだけ移したらいいよ( ̄ー ̄)」
「本当!?ありがとう!(;_;) それじゃ移すわよ!」

全ての言語を使える男 

2006年04月19日(水) 17時06分
私はこの世に存在する全ての言語を使えるという特殊能力を持っている。
使いたい言語があれば、今すぐに話し、聞き、書くことが出来る。      ただし色々と制限がある。例えば、今日本語を使っているとしよう。次に英語を使おうとしたら、一ヶ月間は日本語を話せなくなる、と言うよりは忘れてしまう。  同時に何ヶ国を使えるわけではないのだ。
その為に通訳やテストといった事には使えない。役に立ちそうだが、以外に一般生活では使いにくい。
しかし私はこの能力を仕事でフルに活用している。
実は私は諜報部員、つまりスパイなのだ。他の国に潜入しその国の人間として生活するのに、これ以上便利な能力はないだろう。
今の任務は、ある国の軍事企業で開発されている最新鋭の兵器の設計図を手にいれることだ。
だが私はヘマをし捕まってしまった。取り調べ室で尋問を受けているが、絶対に母国を知られるわけにはいかない。すでに整形に整形を重ね元の顔の面影はなく、指紋、DNAもすでに全ての国のデータベースから抹消してある。私の口から聞き出さない限りは私の身元が分かることはない。 尋問官が様々な国の言語で話を聞き出そうとしてくる。私はそのたびに違う言語を使い、あえて母国語も混ぜることでどの言語が私の母国語か分からないようにした。
しかし相手も中々やるようだ、すでにこの半月の間に150を超える言語を使ったが、その全ての言語で尋問をしてくる。
この部屋から一歩も出してもらえないまま、そろそろ一ヶ月が経とうとした時、ついに全ての国の言語を使い尽してしまった。
だが不思議なことにまだ私は言葉を発していた。尋問官達は顔を見合わせた。 それもそうだろう、何せ使っている私でさえも、どこの国の言語かは分からないのだ。
尋問官達は一度席を立ち、壁際でヒソヒソと話をしだした。
私は勝利を確信した。生きては帰れないだろうが、母国を守り抜く事が出来たのだ。一種の満足感を味わいながら窓を眺めた。今はカーテンを閉められ外は見えないが、気持よく晴れわたった空を想像しながら。しか、私が使ったのはどこの国の言葉だったのだろう?   だが次の瞬間、私は自分が使った言語は何だったのか理解した。    尋問官がカーテンを開けながら質問してきたのだ。「何故地球人がこの言語をしっている?」
窓から見えたのは、宇宙から見た地球だった。

携帯の電池を一瞬で無くせる男 

2006年04月18日(火) 20時16分
彼は携帯の電池を一瞬で無くせる男である。 充電するならともかく、無くすのでは役に立たない。
その為彼は自分の能力を人に知られる事を酷く恥ずかしがる。
今その彼が目の前にいる。そして私の携帯に手をかざしてい

三日分尿を溜めれる男 

2006年04月18日(火) 16時11分
俺は三日分尿を溜めれる特殊能力を持っているが、今までに役に立ったことはない。なぜなら便所に行けばいいからだ。それに特殊能力と言うよりは膀胱がでかいだけの気もするし…
そんな俺にも彼女が出来た。まぁそんなに便所に行かない普通の男だから、普通の事かもしれないけど。
ある日彼女とデートしてたときに事故が起こった。何とエレベーターに閉じ込められちまった! それも二人きりでって映画みたいなシチュエーションに内心ワクワクする俺、そして今にも泣きそうな彼女。こんなときこそ男らしさをアピールして株を上げねば!
「大丈夫だよ。俺がいるから(^_-)-☆」とウインクしながら言った。 しかし彼女に安心しそうな気配はない…俺って頼りない男No.1!?彼氏にしたくない男コスメランキング第1位!!?など思い浮かべながら焦っていたら、涙を浮かべながら彼女が口を開いた。
「トイレに行きたいの(ToT)」 そ、それは俺にはどうしようもない!別に漏らしたからといって彼女の事を嫌いになるわけじゃないが、彼女にとってはきまずいだろう。オロオロする俺には彼女は「実は私ね、他の人に尿意を移せるって特殊能力があるの。あなたに移してもいい?あなたが漏らしても嫌いにならないから(ToT)」 なんだって!?俺より役に立ちそうな能力じゃないか!俺は驚いたが彼女にOKを出した。すでに三日目になりそうな位溜ってる俺も、実は尿意を我慢していたのだが。移されたら間違い無く溢れでる噴水のように漏らすだろう。なーに、漏らしても嫌いにならないって言ってくれたし☆ 「じゃあいくわよ!」と物凄い形相でそういった後、彼女はすっきりした顔になった。
俺はと言うと…あ〜ぁやっぱりね〜…
三日分と彼女の分が勢いよく出てきた。何せ三日分だ、切れの悪い老人ではないが全部出るのに10分はかかった。その間彼女は口をぽかんと開けて俺の股間を凝視していた。
下を見ると水深3cmにはなっている。
言い訳ではないが、彼女にこの量の尿の説明をしようとしたら、エレベーターが開いた。
開いた瞬間、尿たちはレスキュー隊の人たちや、野次馬たちの足を濡らしていった…
彼女は黙って外に出て、振り返りながら俺に叫んだ。「この量はねーだろ!!」
…俺は振られたらしい…

体一個分だけ瞬間移動できる男 

2006年04月18日(火) 13時18分
彼はどこにでもいる普通の大学生だ。特に目立つわけでもなく、かといって存在感がないわけでもなく、要するに普通の人だ。だがかれには体一個分の距離だけ瞬間移動出来る特殊能力がある。
他の人が聞いたらうらやましがるだろう。しかし今までに役に立ったことはない。 何故なら体一個分だけという事は、一般的な壁を通り抜けようとしたら壁に体が埋まってしまうからだ。 というわけで彼はその特殊能力を今まで使うことなく平凡な生活を送っていた。

ある日彼が街中を歩いていたとき、後ろからトラックが猛スピードで突っ込んできた。瞬間移動しても体一個分では結局跳ねられてしまう、かといって壁側に瞬間移動しても体が埋まってしまう。しかし彼はそんな事を考える間もなく反射的に特殊能力を使った。

……どうやら無事の様だ。しかしここはどこなのだろう?周りを見ると、人一人が通れるような通路(?)になっている、両側に壁がありその壁がずっと上まで続いてる、屋根は無くただ空がみえるだけだ。壁には窓も何もない。
彼は色々な事を疑問に思いながら取り合えず歩いてみることにした。しかし何も無かった。自分の能力ではそんな遠くまでいけるはずはないので、ここはさっき歩いていた時に隣にあったビルだとすぐに察した。しかし、一体どういう事だろう?ビルを取り囲むように薄い壁が、それも人一人が通れるくらいの隙間を開けて造られている。
彼は不思議に思ったが、耐震構造か何かだろうと無理矢理考え、瞬間移動して早くここから出る事にした。入れたという事は出れるという事だろう。
しかし今は昼間でしかも街中である。彼は目立つことが嫌いなので取り合えず夜になるのを待つことにした。
2007年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像a8
» 全ての言語を使える男 (2006年04月24日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:puchinove
読者になる
Yapme!一覧
読者になる