行政書士事務所について

January 26 [Mon], 2009, 23:56
行政書士試験合格サイト 東京法経学院


行政書士事務所に求められるものは、単なる代書屋的な業務から「身近な法律の専門家」と言ったものに変化してきています。

行政書士法上では官公署に提出する書類の作成・代理、権利義務に関する書類の作成、事実証明に関する書類の作成、契約書の作成・代理となっていますが、実際に書類を作成するには顧客と念密な打ち合わせが必要で広い範囲の知識が求められます。

また、実際に行政書士の業務の範囲には 、許認可申請だけでも5,000種類を超えるものがあり、会社設立関係、農地転用許可、開発許可、相続、遺言、内容証明、契約書の作成などがメインの業務で、まさに書類作成のスペシャリストといえるでしょう。

近年は、社会が複雑化してきており法律問題に関してのコンサルタント的な業務が増えており、関連した士業務と連携した合同事務所や司法書士などとのダブル、トリプルライセンスで仕事を請け負う行政書士事務所も増えているようです

行政書士の仕事内容と他の士業務との関係

January 26 [Mon], 2009, 23:48
マイコミエージェント
退職を上司に話す前に自分のキャリアプランを考えてますか?賢く転職するならマイコミエージェントへエントリー!専任のキャリアコンサルタントが転職活動をコーディネート。退職前に自分のキャリアプランを判断できるのが人材紹介会社を利用するメリットです!


行政書士は会社設立などの許認可から遺言書、事実証明、契約書の作成などの代書的な業務から、コンサルティング的な仕事まで広い範囲に及びます。
但し、その仕事の内容は企業の一般社員でもなれれば自分で申請書類が書けることや、法律関係の種類をの多く扱う建設会社や、金融機関などとは先行して開業している事務所とコネでつながっている場合もあり、求人もそれほど多くはないと思われます。
むしろ、行政書士をステップとして、関連分野の司法書士や土地家屋調査士、測量士事務所などの補助として求人を探すほうが探し易いかも知れません。
行政書士の業務内容は司法書士、弁護士、公認会計士、税理士、弁理士などとリンクしている部分もありますし、行政書士の資格を持って関連の事務所で働く場合は、行政書士の登録は行わず、行政書士の有資格者としてアピールすることは可能でしょう。
行政書士の求人自体、地方では決して多くはないようですが、HPで求人している忙しい行政書士事務所もかなりあるようですので、ネットでも情報を得ることができると思います

行政書士とは?

January 26 [Mon], 2009, 23:42
行政書士とは、行政書士法に基づき行政機関に提出する許認可申請書類等や契約書・遺言書等の「権利義務、事実証明に関する書類」の作成・代理などのを行う法律事務が主な仕事です。
マンガ『カバチタレ!』(原作・田島隆/作画・東風孝広)が週刊モーニングで連載されたことや、同作品が連続ドラマ化されたことによる爆発的人気を背景に、受験生が急増しました。
行政書士資格は以前は都道府県知事認可の資格であったが、国家資格となり契約書の作成や相談、契約の代理人となることが法律上明文で認められるなど、行政書士の業務が深く民事法務に関わることになったこともあり、2006年秋の試験より試験内容が大幅に変更され試験の難度化が進んでいる。
試験の合格率は平成15年度2.9%、同16年5.3%、同17年2.6%、同18年4.8%(受験者数70,713人、合格者数3,385人)と極めて合格率の低い試験といえる