カード現金化換金堂

November 05 [Tue], 2013, 18:20


新聞報道によりますと、2012年以降も、多数の現金化業者が摘発されています。
警察庁の資料によりますと、「2012年4月までに、5人を出資法違反(超高金利・脱法行為)及び貸金業法違反(無登録営業)で検挙した」ということです。


当サイトでは、こういった要望にお応えをして、優良現金化業者だけをご紹介しています。


このキャッシング機能は高い金利がかかってきます。


貸金債権が譲渡される事例の態様は様々で一概に判断することはできません。
貸金債権が譲渡されるのと同様の類型として、プロミスはクラヴィスから顧客を承継するに際し、顧客にクラヴィスに対する貸金を一括弁済する資金を貸し付ける方法(「切替」といっています)をとっています。
このような切替事案につき、クラヴィスに対する過払金請求をプロミスに請求できるかが争われていました。
クラヴィスが貸金業務を停止したことから、同社に請求してもほとんど資産がなく、実質的な回収が期待できないからです。


 例えば10万円の金貨をクレジットカードでお店から買ってきて、それを現金化業者に売り渡す。
そしてその場で現金化業者からは8万円を受け取る。
現金化業者はその金貨を9万円で売るので1万円の儲けになる。


本人は当座の現金を得ることができ、クレジットカードの決済期限までに12万円を用意することになる。


 また、業者と交渉しようにも、「売買だろう」と反論されると、いくら理論的には「実質的には貸金だろう」とこちらが主張するとしても、裁判で争わざるを得ない可能性もあり、その場合、費用と時間がかかることにもなりかねません。


利用者が、現金化業者のホームページなどから、ほとんど価値のない品物(例:置物やCD-ROM)を、クレジットカードのショッピング枠である50万円分の現金化を申込み、商品を購入します。
その際に、本人確認及び商品発送のための住所や電話番号、口座番号等を入力する。


クレジットカード会社に確認した後は、利用停止期間中の支払い漏れがないかどうか確認しましょう。


本来、商品やサービスを後払いで購入するために設定されているクレジットカードの「ショッピング枠」を、現金を入手することを目的として利用することです。


P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/ptyob7op/index1_0.rdf