明治時代の終わり

September 03 [Tue], 2013, 2:26
明治時代の終わり頃に洋行から帰ってきた女性たちが、洋髪、洋風の服、洋式の新しい化粧品や化粧道具、美顔術などを日本に紹介すると、これらをひっくるめた言葉のひとつとして、美容がけわいに取って代わって使われ始めた。
この国では、肌が透き通るように白くて黄ぐすみや茶色いシミが見られない素肌を望ましいと思う美意識が前からあり、「色の白いは七難隠す」ということわざもあるほどだ。
頭皮は顔の皮ふにつながっており、額までの部分を頭皮と同じだと捉えることはあまり知られていません。加齢に従ってスカルプがたるむと、フェイスラインの弛みの要因となります。
明治時代の終わり頃、外国帰りの女たちが、洋風の髪、洋風のファッション、洋風の化粧品や化粧道具、美顔術などを日本に紹介し、これらを新しく言い表す語彙として、美容がけわいの後釜として使われるようになったのだ。
むくみの要因は色々ですが、気圧など気候による作用もあるということを知っていますか。気温が高くなってたくさんの水分を摂り、汗をかく、夏にこそむくみの因子が存在しています。
美しさとおしゃれの違い
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ptrdsajihga
読者になる
2013年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ptrdsajihga/index1_0.rdf