米山だけど智ちゃん

April 24 [Sun], 2016, 1:46
そもそも介護士といえば専門職であり、活かせる技能は多岐に渡ります。そして、介護や介護など、様々な場面で求められています。その為、再就職などもかなりスムーズにいくことが考えられますし、その際に気を付けてさえいれば、自分にとって、かなり条件が合う職場にであうことも可能でしょう。

ネット環境があれば、簡単にアクセスできる介護士の転職をサポートする専門の求人サイトなどがたくさんありますから、そういったところを利用してぜひ充分に吟味を重ねて、相性のいい職場を見つけてみてください。



往々にして介護士として働くことは大変ハードだと認識され、「勤務時間が労働基準内の8時間でOK」なんていう事は個人医院またはクリニックのように、夜勤帯の勤務のないような勤務先を除いては、まれだと思います。例として、二交代制の介護施設勤務のケースだと、一日通してではなく途中に休憩をとりますが、合計して16時間勤務となることもあるのです。このように、長時間労働が必要であるという勤務形態も、介護士として勤務することがハードだと思われやすい理由になっていると思います。

介護士として、初めての介護施設勤務を始めた新人であったり、別の介護機関から転職してきたばかりの介護士に多いのですが、通常支払われるはずの残業代について未払いになることがあります。
残業代の未払いは、勤続年数や経験などは関係せず労基法違反であり、犯罪です。

勤務時間外の労働である残業も、仕事には違いがありませんので、こなした分はしっかり、給金という形で手に入るのが当然なのです。介護士の収入については、労働者全般と比べると、平均年収という一点ではなんなく介護士が上回りました。



介護に関わる職場において需要が途切れることなくあります。
そのため、景気に関係なく、収入が安定しているといった得難い長所もあるわけです。

さてそんな介護士ですが、給料は良いものの、かなり長時間のサービス残業を、せざるを得ない場合が多かったりなど、その労働環境を見ると、劣悪とまではいきませんが、少なくとも良好ではないようです。介護士にとってもちろん辞めたくなることも往々にして起こります。重要な仕事で失敗してしまったり心ない患者さんの発した言葉に傷ついたりといろいろです。しかし、やりがいを感じたり、仕事を続けていきたいという風に思う日も多いです。
元気づけてくれる言葉に、優しい言葉など、先輩のかけてくれる一言一言を筆頭に、日々、いろいろな方々のおかげでやってこれているんだなあと思っています。



介護士といえば、仕事のハードさがよく知られていますが、だからといって介護士の寿命が他と比べて格段に短い、などということはありません。ですが、交代制で夜勤があるなどで不規則な生活で、寝不足や疲労から体調を悪くしたり、ストレスを溜めたりすることは多いようです。
そんな仕事ですが、ずっと介護士をしていると、それなりに介護についても学んできて、詳しくもなりますから、人の身体がどんな具合か、だけではなく、それだけでなく自分自身の身体のこともわかるようになったりするようです。介護機関で正職員として働き、病棟勤務についていれば介護施設によりますが、2交代制か3交代制で夜勤をこなしていくことになります。

夜勤においては現場から医師や介護士も減ってしまいますし、そんな状態で夜間にナースコールが鳴りやまない、重体患者の容体が悪化したなど、通常の作業ではない、不測の事態への対応が増加することになります。かといってルーチンワークもこなす必要があるので、作業量としてみてみると、おおむね日勤よりも多くなるのが普通です。

以前はそれ程一般的ではなかった、介護士各々の能力評価ですが、近年ではだいぶ行なう介護施設が増えてきました。


個人ごとの能力を評価することを可能にするため、評価の基準になるものを、しっかりと一から作った介護施設もたくさんあります。


能力評価は、月々に行なう所や、一年分、年に一度だけ行う所も多いということです。


このようにして、月一度なり年一度なりで評価を受けると、今の自分がどんな段階にあるかを知ると同時に、不足していることが何かを知ることができ、仕事に対してより真剣さが増すということもあるでしょう。一度は辞めた職場にもう一度戻って働く、出戻りの介護士は意外と多いです。ただ、それ程スムーズに、出戻りがしやすいかどうかというのはどんな辞め方をしたかによって決まりそうです。

例として、結婚や引っ越しで辞職したり、他には出産や育児をするために辞めた、などであるなら、出戻りをして復帰しやすいのではないでしょうか。

こうした形で復職する介護士は、確実に増えています。それから、正職員として夜勤もこなすという働き方が難しいため、パートとして働くために出戻り就職をした、というケースもよくあります。

看護学校を卒業してすぐに働いた介護施設では、色々と不慣れなあまりに仕事に耐えられず辞めてしまい、もういっそ、介護士を辞めてしまおうか、などと悩みました。



さんざん迷った後で、やっぱりこの道しかないという結論に達しまして、「転職しよう」と決めたのです。
決意をしたものの、履歴書をどう書いたらいいのか、よくわからなくて参りました。



検索していろいろ調べてみたり、本を見たりしつつ、思いつく限りの工夫を凝らして書き上げましたけれど、いい加減、社会人としての自覚を持って、何事にもちゃんと自分でやらなきゃいけないんだ、なんてことがつくづく実感したものでした。

介護士として働く人は大半が女性なので結婚であったり、出産であったりで一度職を離れる人も多く高い離職率の仕事であると言っていいでしょう。それにプラスして、働く時間帯がイレギュラーであることや、ハードな仕事内容であることが原因で最終的に離婚という選択肢を選ぶ人も多いということです。
自分一人のお給料だけで子供を育てていけるというのも離婚に至るハードルが下がってしまう要因ともいえるでしょう。
私の勤め先は介護施設の事務です。通常、介護士さんと一緒に仕事をするということはないのですが、皆さんいつも忙しそうです。
夜勤をして家事をして育児をしてと本当に忙しい毎日だろうなと思っています。けれど、私の心配とは無縁に、「うまくやられているんだな」と忘年会の時に感じました。なんと子供を連れてきている介護士さんが結構目立つんです。
先生方も喜んで迎えられていて和やかで楽しい会となりました。
皆さんは「介護士は給料を多くもらえている」という印象があるかもしれません。実は純粋に多いというよりも、夜勤の手当てを含めて給与が増えているという状態です。仮に良い給料で介護士をしたいというのならどこで働くか考える時、日勤のみではなくてハードにはなりますが、夜勤帯の勤務が出来る勤め先を探しましょう。
夜勤の有無によって貰える給料が大きく異なってきます。
誰もが一度は見たことがあるであろう介護士の帽子。
あの帽子というのは、介護士を志す学生たちが、介護施設の実習に臨む前の式でかぶせられると聞いたことがあります。
料理人も帽子を被ることがありますが、より重要な意味を持ったものが介護士の帽子といえるでしょう。ですが、近頃では徐々に介護士の制服も変わってきているのが現状で、帽子が特別な意味を持たなくなってくるのも時間の問題でしょう。単に髪の毛をまとめるためのものという奥行きのないものになってしまうことも悲しい気もしますが、こういったことも時代の流れなのでしょう。
医師、そして、介護士。大きく異なっている点があります。
大きく言うと、原則として、医師に課せられているのは患者さんの診察と治療、予防するためにはどうしたらいいか忠告したり適切な薬を出すことが主な業務とされます。

そして介護士については、医師の指導に則って、診療の補助をして、患者の看護を行います。

たいていの場合、介護士の人間関係は良くないなどと、言われることは多いですが、単純に介護士の職場には、女性がとても多いから、ということのようです。

というのも、小さな集団を作って、気の合う者同士固まる傾向が女性には強くてそうして集まれば誰かの噂話や、あるいは陰口などを囁き合ったりしますし、仕事場にいる殆どの人が女性、といった場合には頻繁にそんな光景も見られるでしょう。
職場がそんな人間関係ばかりだといい加減、疲れてしまうかもしれません。
でも、女性が多数を占める仕事場であれば、これは仕方がない、と織り込みつつ、人間関係を築いていきましょう。

国外で助けを求めている人に、日本の介護を提供できたらと思案している介護士の方もいるでしょう。
海外からも日本の介護を求める声が大きくなっていますから、病気で苦しんでいる人を救うことの出来る介護士が必要になっています。

海外で介護士とし働くためには、意思疎通をはかるためにも、英会話ができる事が絶対条件になるでしょう。もし、海外で介護士として活躍しようと思うのならば、積極的に英語を学ぶようにしましょう。

最近では、介護士不足の傾向にあると考えられています。介護士の資格を持っている人の中には、今は、看護の仕事についていないという人も多数います。介護士の不足の要因はというと結局のところ、介護士の離職率の高さにあると言えるでしょう。具体的には、常勤介護士の場合の離職率は、約11%にもなります。


大多数が女性の職場なので、出産や育児に専念するために退職、ということもままありますが、それだけではなく、ハードな仕事であるということも離職率が高くなる一因でしょう。少し前までは、看護の仕事に就くのは女性、という考え方が普通でしたが、近頃では男性介護士の割合も増加しています。実際の看護の現場では、患者を移動させる時やお風呂に入るのを手助けしたり、体力勝負の仕事があるため、男性介護士の活躍する場面は多々あります。お給料に関していうと女性とは変わらないのですが、出産や育児のために休職するということがありませんから、その分より職業的な高みを目指していけるということです。
介護士長の役割とは、各病棟を取りまとめる以外に看護部長をサポートしたり、介護士の指導教育といったもので、一般的には課長の役職に近いと言えます。
課長職につく人物の収入が企業によって違うように、介護士の年収は、介護施設の規模で全く異なるのです。

または、公立と民間、地域によっても差があって、ちなみに、最高額の年収と思われる公立介護施設に勤めるケースでは、大体750万円くらいになると見られています。
あなたは「介護士」と聞くとどのような印象を受けますか?白衣の天使と呼ばれている通り、一般的には印象良くとらえているという人が多いでしょう。ですが、介護士がどのように働いているかを考慮してみると、収入はそこそこあるとはいっても、夜間勤務や、長時間残業で大変な思いをしながら働いている介護士というのも少なからず存在しているのです。

良い面だけを見るのではなく、本当のところ、介護士の労働環境がいかなるものか、正しく理解することが重要です。交代制で夜勤もこなさないといけない介護士の仕事は、時間が不規則になります。
休日や時間休も取れますが、大変であることは間違いなく、結婚や出産を機に退職を決意するケースがかなり多い、というのが問題となっています。結婚はともかく、出産を経て子育てスタート、となった時、どんな時間であっても安全に子供を預けることができる施設なり、実家なりがないと夜勤業務などは、できなくなってしまいます。
ですが、近頃は子供に手がかからなくなったためまた介護士となって復職を果たすという、そういった人がじりじりと増えていっているようです。

一般的に、介護士が持つ悩みとして代表的なものは交代勤務などで休日が不規則になることです。休日や休みの時間に友人と遊んだり都合を合わせることが出来なくなるというケースが多いようです。


あるいは、単純に休みが取れないということも珍しくありません。


きちんとした休みを望むのであれば、例えば、日勤だけの職場を探してみるなどして、転職を考えるのが良いでしょう。
もし介護士として働きつつ自分の妊娠に気づいたら、注意すべきことがいくつかあり、まずは胎児が放射線の影響を受けることがないようにする、ということです。CTや放射線治療、エックス線撮影など、被曝の危険は介護施設には多いですから、油断は禁物です。


それから、薬についてですが身近に様々な薬品が、大量に存在する環境なのですから、軽く考えない方が良いでしょう。また、立ち仕事をはじめ、何かと忙しく無理をしやすい仕事なので、知らないうちに無理を重ねて、結果として流産に至った、という話も珍しくありません。

ですから、必要十分な休憩をしっかりとって、なるべく安全な妊婦生活を送るようにしましょう。土日祝日、関係なしに、交代勤務をこなしている介護士は多いですが、カレンダー通りに土日祝を休みにすることもできます。

病棟勤務のままだとそれは難しいですが、外来勤務に変えてしまえば、基本的に土日は休みになります。


何か急な事態によって呼び出されたり、休日診療に出ることになったりもしますが、それでも、土日はかなり休める印象です。
また、個人経営のクリニックで、入院施設がないようなところであれば、そういうところでは大体は土日祝日は休みをとれるでしょう。

多くの介護士は夜間の勤務を経験していますが、夜勤によって体調を崩してしまうならば、日勤だけの勤務が可能なところに転職するのも選択肢の一つです。忘れてはいけないのが、今までの夜勤手当といった割増賃金が入らなくなるので、夜勤で働く介護士より収入が減ってしまう事がほとんどです。今の収入を減らしてでも、転職するのかどうか、後悔しないようにしっかりと計画する必要があります。介護士として働いて、もう数年になります。それで、気付いたことは、介護士はどうやらタバコを吸う人、アルコールを好む人の割合がかなり多いように思います。

タバコが有害という認識が広まったこともあって、少しずつ介護士の世界でも喫煙する人は減ってきたようですが、まだまだ、喫煙率の高さは群を抜いているかもしれません。


アルコールの方ですが、たまに行われる飲み会などでの皆さんの酔っぱらい方は堂に入っているといいますか、少なくとも白衣の天使というイメージは皆無です。

そうした姿も、日頃ため込んだストレスとせいでしょうから、こんなことで発散できるのなら、ぜひそうして欲しいと願うのでした。引く手あまたの介護士は就職しやすく、さらに転職に際しても簡単なことが多いです。希望の転職先に履歴書を送って、書類選考をパスしたら、雇用する側との面接になるでしょう。


この面接において、自分がこれまで勤めてきた職場における経験や持っている技能について話をしたり、また質問されたりもすることになりますが、能力的なこと以外に、職場仲間として適応できるかどうか、性格や人間的なところも見られています。

人間的な良さを知ってもらうことができるかどうかは、とても重要なポイントになります。大きなやり甲斐を得られ、また社会的にも有意義な介護士という仕事ですが、その一方で困難もまた様々なのです。挙げるとキリがありませんが、まず仕事のハードさは言うまでもありません。

そして、実働時間の長さに加え、その不規則さも特筆するべきレベルですし、何より介護現場という特殊な職場で、受けるストレスも相当のもので、そこでスタッフ同士の見解の違いなどから、ぎくしゃくするようなこともあるでしょう。
そういったことをわかった上で、介護士という仕事を選択しようとしている人が多いという現状を見ると、良くない点を打ち消せる程に良い点がたくさんあるということなのでしょう。多くの場合、介護士としてたくさんの経験をしていると階級も上がっていきます。

階級として、婦長などは一般的にも分かりやすい役職だと思います。しかし、これ以外にも、階級ごとに主任や総介護士長といった役職があります。
いまは、学生やパートの介護士が多くなっていますので、資格を持った正介護士という地位も役職的には上の立場に立っているという訳です。
もちろん、役付きになればそれだけ給与が優遇されることは間違いありません。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Soma
読者になる
2016年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ptlfeukpaaneet/index1_0.rdf