2005年02月04日(金) 14時19分
今から大体二年前のこと。俺はある塾の講師をしていた。生徒のうち一人は中学受験生、もう一人は大学受験生だった。人を教えるスキルが良いとか悪いとか、そんなことではない最も大事な何かに俺が気付けないまま、二人は(俺の指導を受けていなければ)到達出来ていたかもしれない目標に、指一本届かなかった。そして彼女達の一生に一度のチャンスは終わった。

そのうちの一人とは、今でもごくたまに連絡を取っている。彼女は本当に頭が良く(これは単純に知識が多いとかそんな程度の低い話ではない)、俺はこれから先の彼女が一体どうやって成長していくのか楽しみでならない。だが、その何倍も怖くもある。

もう一人の生徒からはその塾を辞める際に手紙をもらったっきり、連絡は取っていない。連絡先を知らないからでもあり、また俺自身特にもう興味がなくなっていたからでもある。

その彼女からの手紙を昨日、開いた。

それをもらってから、すでに二年近くの時が過ぎていた。
2005年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28
最新記事
アイコン画像
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ptkq
読者になる
Yapme!一覧
読者になる