岩谷がオオアカゲラ

September 14 [Thu], 2017, 16:11
私はアベノミクスという言葉をきっかけに、よく準備をしないまま、株を始めたばかりの未経験者です。はじめはまったく利益が上がらず、含み損でヒーヒー言っていたのですが、このごろは景気が改善したのか、私がうまくなったのか黒字になるように変わってきました。初めての株取引であるならあらかじめ確定申告のことを考えて、取引口座を必ず源泉徴収ありの特定口座としておくことをオススメいたします。
面倒な確定申告の作業やわからないことを調べる時間を短縮して、その代り、株式投資のための情報を調べ回ることに時間を使うことができるからです。

株式を売り、利益となった時の税金は申告分離課税が原則ですが、証券会社にて開設した特定口座による取引の場合はその人に代わり、その都度、20%の税金を源泉徴収してもらえます。確定申告の手間をかけずに済む手軽な仕組みですが、損失繰越などをする時には確定申告をすることとなります。


株式投資の初心者から投資資金はいくらぐらいで開始できるのかと聞かれれば、自分は最低100万円ほどは用意しないと、株式投資を始めるのは難しいと考えます。
その訳は、この程度の資金があれば株式上場されている多くの銘柄の中からお気に入りの投資先を選択することができるからです。株に投資をする際は、いくら値動きがすごいからといっても、出来高が少ない小型株式へ投資をすることは、良いとはいえません。理由を説明すると、普段から出来高が多くない株式は購入した銘柄を売却したいタイミングで売却したくてもできないからです。株の始めて間もない人が株式投資をする狙い目というのは、ほとんどの人の株式投資への関心を失い、株式市場が閑散とした頃なのです。
このような時期だと、どの銘柄もありえないほど安く株価が放置されているため、優良銘柄を買うなら絶好の時期であると感じるからです。



株式投資を行うに当たって様々な方法がありますが、その手段の一つがスキャルピングです。株の購入から売却まで、スキャルピングは、数秒から数十秒の非常に短時間の間に済ませてしまう投資手段です。スキャルピングの良い所は、極めて短い株の保有期間に限定することで、株価が値下がりするリスクを最小限のものに保つことができるという点にあります。

株の新参者が基礎知識習得のために必要になることは、株式投資について書かれた本を読むことで、口コミ評価の高い本を5冊以上読まなければならないと思います。


株式投資についての本を五冊くらい読めば、読んだ本の中の同じ内容の部分は大事なところだということが理解できるからです。

株式投資は非常に魅力的な投資のやり口のひとつです。ですが、株の売買には多種多様な危険も持っています。

株の主だったリスクとしては、値下がり、流動性、倒産などの危険があります。



株式投資は定期預金などとは別で、元本の保証がないのです。

株の初心者は、その危うさを十分に認識して用心深く投資を行う必要があります。


一発集中の投資を行う方には不必要に思われますが。株や債権、海外投資など色々な投資をする際にはポートフォリオに重きをおいて投資判断を下すべきです。投資において最も大切だと思うのは、リスク分散型の投資スタイルになりますからバランスの良い投資がポートフォリオで行われているかどうか、こまめに確認することが必要でしょう。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Aika
読者になる
2017年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる