ミークス(Miks)が金本

July 11 [Mon], 2016, 16:37
就職したのを機に、10年ほど前にこのアパートに引っ越したのです。最初の考えでは、3年くらいいたら後は実家に帰りたかったので住民票は動かしませんでした。



そんな中でも、仕事は予想していたよりも楽しく、町も気に入って辞める気がどんどんなくなっていき、結婚の話も進んできました。
よく調べてみるとここの方が税金が安いので今さらですが、住民票を動かしたいのです。都内から埼玉へ住み替えをした時、予定がぎっしりとしていたため、荷造りに難儀しました。引っ越す日は決まっていたのに、荷物がまとまりません。
終わらないままだったらどうしようかと不安でたまりませんでした。結果、友人に三千円を渡して、助けてもらいました。



新居を建てて、数年前にそこへ引っ越したのですが、何といっても、デスクトップパソコンの移動にあらゆる手を尽くしました。


このとき、3歳になる娘と1歳の息子の写真データの全てがパソコンのドライブに保存されていたので業者さんに運んでもらうとき、万が一のことがないようクッション材はたっぷり使いました。業者さんもパソコンが入っていることをわかっていたため、ものすごく丁寧に運んでくれて、表面も中身も、全くトラブルなく移動できました。


現在の家へ引っ越した際は、ぴったり春の繁盛期でした。何しろ引っ越し業者が忙しく、なかなか自分が予約したい時に予約ができず、すごく大変でした。

結局、午前の間でまるごと全部を終わらせるというハードな予定になってしまいましたが、そう言ってもどうにか引っ越し作業は完全に終了しました。


いよいよ年金生活というと、生活の大きな変化を余儀なくされます。


この機会に、生活環境を変えてみるのも良いかもしれませんね。

現在の住まいが集合住宅であっても、一軒家であっても、生活そのものが大きく変わるとすると、生活と住環境のずれが出てくるものです。これまでのお住まいが借家や賃貸住宅の場合は月々の家賃負担について、改めて考える必要があります。これからの生活に合った環境に引っ越してみるのも良いのではないでしょうか。
業者を利用しないで、やれるところまで自分で作業をする、というのであればまずは荷物を少なくすることを考えます。というのも、積載量の少ない自家用車での運送が基本になるからで、狭い所に詰め込んでいきやすいように、適度な大きさのダンボールを使用して梱包作業をする、われものなどは、シワになってもいいTシャツにどんどん包んでいく、こんな風にして、包み紙の使用を防いで、その結果、荷物の嵩が減って壊れ物も衣服も、どちらも安全に同時に運ぶことができます。
こうして、荷物の圧縮を行って、なるべく少なく小さく、パッケージングします。



引越しを行うにあたっては、引越し業者を利用して行うのが、一般的だと思われます。


そういった時に、お茶やジュースといった飲料の差し入れをすることはありますが、チップなどを業者に渡す必要はございません。海外では広く浸透しているチップですが、日本国内だったら、しなくてもよいでしょう。
荷作りも終わり、明日が引っ越し当日となれば、忘れず引っ越しのタイムスケジュールを確かめてください。引っ越し業者の人が何時に来て、何時に作業を終わらせて荷物を運び出さなければならないかなどを確認しておきましょう。
全ての荷物は搬出しやすい場所にまとめておきます。

業者さんをはじめ、手伝ってくれる人に飲み物を用意しておくことを忘れないでください。

作業の終わりに飲み物を出すだけで、夏場の引っ越しでは感謝されるでしょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ケイタ
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/pteohietrsetuy/index1_0.rdf