群馬の湯巡り&ロマンチック街道ステッカーラリー 2日目(8月24日)。

September 03 [Sat], 2011, 14:52
群馬の湯巡りステッカーラリーの旅日目です。日目月日水晴れ時々くもり起床700出発950朝は旅館の隣にある共同湯から聴こえる喋り声で目が覚めます。地元のお年寄りのようだけど、朝から元気な声ですなぁ素泊まりなので朝食は昨日コンビニで買ってきたパンとソーセージ。テレビを見ると昨日電撃引退をした島田紳介の話題一色。コレを期にヘキサゴンを深夜時代の心理クイズ形式に戻して欲しいわ。朝風呂を浴びて宿をチェックアウトした後は、小さな温泉街をブラブラと散策。石畳の道を行き交う人は皆おはようございますと挨拶してくれます。湯宿温泉には日本人が忘れ掛けた大事なモが多く残ってる気がしました。バス停前の畑ではコスモスが咲き始めましたな。通算入浴数1257湯目大塚温泉金井旅館1020頃3339km本日1湯目は中之条町の大塚地区にある大塚温泉金井旅館。一軒宿の温泉です。国道から細い道に入った先にあって周囲は喉かな山里の田園風景が広がります。駐車場を見ると他県ナンバーの車が56台停まってますな。旅館はまだ新しい感じの新館と、どっからどう見ても民家にしか見えない旧館の2の建物があって、浴室は旧館向かいの階段を降りた場所にあります。階段の脇にはぬるゆと書かれた看板や石碑が立っており、この温泉がぬるま湯を売りにしてるのがうかがえます。入浴料は2時間300円で旧館の玄関で支払います玄関の中も民家そのまんまでしたな。階段を降りると古めかしい混浴浴場の建物と、新館の館内にある男女別浴場の2の浴場があって、まずは混浴浴場上の写真の方から入浴。浴室内には10人位入れる扇形の岩風呂があって、岩の上から湯がダバダバと音を立てながら流れ落ち、湯船からは豪快に湯が溢れまくってます。あまりにも湯が勢いよく流れ落ちるから、湯が飛び散らないように湯口はビニールシートで覆ってます。見た目だけでも十分期待が持てます。さっそく湯に浸かって見ると、確かにぬるいまるでプールの様な湯温で、今の季節は気持ち良くて丁度イイけど、これが冬場とかだったら、入るのに相当勇気が要るだろうなぁと思いました。泉質は無色透明34℃のアルカリ単純温泉。今から600年前から湧き続けると言われる湯は毎分800リットルと湯量豊富で、この後に入浴する新館のお風呂を含めて全て掛け流しで使用してるとか。余りにも気持ち良いので30分近く湯に浸かってましたわ。混浴浴場を堪能した後は一旦着替えて2007年に造られた新館の男女別浴場へ。キレイな浴室には10人位入れる34℃の源泉浴槽と、38℃と40℃に加温された小さな湯船が並びます。ここも各湯船から湯が溢れまくってますな。さらに浴場の扉を開けて外の階段を降りると、コンクリの露天風呂があってこちらは混浴になってます女性はタオルを巻いての入浴が可。15人位は入れる長方形の広い湯船で、少し浅めなので、湯船の縁を枕にして外の虫の音や野鳥の声を聴きながら快適な湯浴みが楽しめます。露天の湯温は外気が触れるせいか、内湯よりもさらに温く感じますな。あまりにも快適だったので、この温泉では2時間近く湯浴みを楽しみました。大塚温泉金井旅館ステッカーラリー中之条町のチェックポイント歴史と民俗の博物館ミュゼ1220頃3402km中之条町の中心部にある郷土資料館で中之条町のステッカーを購入。ちなみに博物館の建物は明治時代に建築された中之条中学校の旧校舎で群馬県の重要文化財に指定されているとか。ステッカーラリー東吾妻町のチェックポイント岩櫃城温泉ふれあいの郷1230頃3448km真田氏の吾妻支配地の中心地であった岩櫃城をモチーフにしたふれあいの郷で東吾妻町のステッカーを購入。この温泉は以前、吾妻線湯巡りの旅で訪れているので入浴はパスします。ふれあいの郷の近くにおおぎやラーメンを見けたので、ここでチャーハン餃子セットを食べて昼飯とします。ニンニクの効いた餃子が美味かったわチャーハンは普通かな。通算入浴数1258湯目吾妻峡温泉天狗の湯1324頃3557km昼飯で腹を満たした後は国道145号を西へ走り、吾妻峡温泉天狗の湯へ入浴。元々は八ッ場ダム建設に伴う、地元住民や工事関係者を対象として2004年に掘られた温泉で、当初は町外の方はお断りの簡素な仮設浴場でオープン。のちに吾妻峡や八ッ場ダムの観光の拠点にと、去年の4月に休憩設備や広い駐車場を備えた日帰り温泉施設として再オープン。温泉の裏手では足湯やドックラン、ジョギングコースを備えた多目的広場の整備をやってます。浴室は大きな窓に面した、石張りの長方形の浴槽10人位入れるが1、露天スペースには寝湯と八ッ場ダム建設に伴って掘られた茂四郎トンネルの貫通石を配した岩風呂があります。貫通石は安産や受験の守護石だそうで、入浴して岩を触るとご利益があるかも泉質は42℃のカルシウムナトリウム硫酸塩塩化物温泉。無色透明の湯は掛け流しで使用しており、少しキシキシとした感じがしました。湯は悪くないと思ったけど、幾かの温泉では仮設浴場の湯の方が良かったと書かれてました自分は仮設時代に行った事無いから何とも言えないわ。湯上がりは座敷やロビーで休憩が出来ます。食事処は無いけど、受付では菓子やカップ麺などが売られてました。吾妻峡温泉天狗の湯温井温泉岩陰の湯1435頃3605km吾妻線川原湯温泉駅近くの川原畑地区にある共同湯。ここも八ッ場ダム建設に伴って掘られた地元民向けの温泉で、去年訪れた時は温泉パイプの故障のため温泉には入れませんでした。今年はそのリベンジを果たそうと再訪してみると、共同湯の周りは雑草だらけ嫌な予感を感じ、入口に近づいてみると去年に続きパイプ故障のため利用できませんと貼り紙がどうも去年から手付かず状態の様ですな。いずれダムに沈むからもぅ直す気が無いのかなぁ。ちょっと残念であります。ステッカーラリー長野原町のチェックポイント浅間酒造観光センター1500頃3687kmここでは長野原町のステッカーを購入。去年一昨年訪れた時は、自社製品の漬け物類が色々と試食出来たので今年も期待したのですが、試食品の数が激減してました時間帯が悪かったのかなちょうど3時のオヤツの時間なので、外の屋台で浅間酒造オリジナルの大吟醸ソフトクリームを頂きます。仄かに酒の香りがするソフトですが、ンアルコールなので車でも大丈夫です。味自体は普通のソフトクリームですな。ステッカーラリー嬬恋村のチェックポイント嬬恋村観光協会1543頃3798km吾妻線万座鹿沢口駅前にある観光案内所で嬬恋村のステッカーを購入。道路から万座鹿沢口駅のホームを見上げたけど、単線でホームが片面だけの思った以上にショボい駅でした。とても特急草津号の終点には見えんわ。嬬恋村から草津温泉へ向かいますが、この辺りは日本屈指のキャベツの名産地で車窓からは広大なキャベツ畑が広がります。日本離れした風景ですな。ステッカーラリー草津町のチェックポイント道の駅草津運動茶屋1612頃3937km草津温泉の入口にある草津運動茶屋で草津町のステッカーを購入。これで日本ロマンチック街道ステッカーラリー全17市町村を完全制覇完走者対象のアンケート抽選会応募用紙に必要事項を記入して、係のお姉さんからおめでとうございますと完走記念品の地酒草津節をいただきました。ちなみに完走記念品は今年から応募するエリアによって異なり、ここ草津町のある吾妻エリアでは地酒草津節、長野エリアでは軽井沢のブルーベリージャム、利根沼田栃木エリアではアカシア蜂蜜になってます。そうなれば応募は吾妻エリアでするしか無いでしょウチに帰ってから美味しく勝利の美酒を頂くとしますか。草津温泉大滝の湯1645頃3958km旅のシメは町営の日帰り温泉大滝の湯で草津の湯を堪能。久しぶりに入る強酸性の硫黄泉はたまりません。ちょうど合わせ湯にも入れる時間でもあったので、草津らしい激熱47℃の湯も入浴。ここまで湯温が高いと熱いというより痛いが正しいでしょうかでも馴れると癖になるかも身体は真っ赤かだけどね湯上がりは草津のシンボルである湯畑周辺を散策。ライトアップされた湯畑も風情があってイイですなぁ浴衣姿で温泉街を闊歩する観光客も絵になります。あとネコも。夕飯は湯畑が見える蕎麦屋平野屋で群馬名産の舞茸を使った天丼と蕎麦のセットをいただきます。蕎麦も美味しいけど、舞茸天のシャキシャキ感と風味が最高旅のシメを飾る夕飯に相応しいメニューでした。草津を堪能した後は、一路ウチへ帰ります。本当は草津で1泊したいけど道の駅こもち2049頃4547km渋川市内の道の駅で休憩。ここからは上武道路を経由して下道オンリーで埼玉へ帰ります。自宅2340頃5754km無事自宅に到着。これでステッカーラリーの旅を終わります。12月に完走者対象の抽選会が行われるので、何か豪華景品が当たればいいなぁ個人的にはドイツ旅行よりも草津温泉や別所温泉の宿泊券がいいなぁちなみに次回の遠征は来週の月曜日より、いよいよ待望の新潟のウンコ臭い温泉への旅に出ます
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:pt3469id7l
読者になる
2011年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/pt3469id7l/index1_0.rdf