運動やダンスが苦手でもフラダンスってできる?

July 18 [Mon], 2016, 17:51
最近では、エクササイズ(「ビリーズブートキャンプ」や「コアリズム」など、様々なプログラムが開発されては消えていきますね)やダイエットのために、フラダンス(ハワイのイメージが強いですが、実は発祥はハワイではないという説も)を習い始める方も多いですが、フラダンス(美容や健康にもよく、幅広い層が愉しめることから人気を集めていますね)は女性(ならではの視点が重宝されることもある反面、振り回されてしまうこともあるかもしれませんね)の間でだけではなく、子供(電車などで泣き喚かれるといらいらすることも多いかもしれません)からお年寄りまで幅広い年齢層の方々に愛(時には偽善だったり、押し付けだったり、自己都合だったりすることもあるでしょう)されています。キレイな海(夏といえね、必ず行くという方も多いかもしれません。紫外線対策はしっかりとした方がいいですね)や緑をバックにフラダンス(映画「フラガール」をきっかけに始めたという方も少なくないようです)を踊っている姿をみると、たいへん気持ち(ある程度共感してもらえることはあっても、基本的にはその人にしかわからないものでしょう)いいですねよね。踊ってみたいけど、あの手首(ハンドマッサージって意外と気持ちいいものです。手って割とこっていることが多いものなんですよね)や腰の動きが難シソう・・・なんて思ってしまうとされているんです。リズム感もないし、運動やダンス(身体能力だけでなく、リズム感なども問われますね)が苦手で不安(瞑想する習慣をつけると、いいといわれているようです)だなぁと考えている方でも、フラダンス(ハワイのイメージが強いですが、実は発祥はハワイではないという説も)は必ず楽しく踊ることが出来ますね。フラダンス(ハワイのイメージが強いですが、実は発祥はハワイではないという説も)のいいところは、老若男女問わず、いままで全然運動を行いこなくても、体力に自信がなくても、楽しく踊れてしまうところです。なので、運動やダンス(映画の影響で習い始めたという中高年も多いようです)が苦手だと思っているあなたにもおすすめしたいダンス(身体能力だけでなく、リズム感なども問われますね)です。ダンス(身体能力だけでなく、リズム感なども問われますね)とはいっても、手首の動きや腰の動きはゆっくりですし、ステップ(ダンスをする際の一連の動き方をいいます)ものんびりですので、運動(始めは嫌々でも実際に体を動かすことで、前向きな気分になれる効果があるでしょう)の得意不得意や運動(好き嫌いには個人差がありますが、好きな人の方が健康的でいいスタイルを維持できていることが多いものです)神経の有無を気にする事なく、練習(最後はどれだけやったかが自信に繋がるのだとか)する事が可能です。音楽(気分を高揚させたり、リラックスさせたりする効果が期待できるでしょう)ものんびりとした物が多いですから、ムリなくついていくことが出来るようになるのです。ただ、音楽(気分を高揚させたり、リラックスさせたりする効果が期待できるでしょう)や動き、ステップがのんびりなだけに、全身の筋肉を使うことになってます。全身の筋肉を使う事にはなるものの、激しい運動を急に行う訳ではない為、ジワジワと筋肉を使用していることを実感する事ができるはずです。フラダンス(ダイエットと下半身の強化に役立ちます。ふんわりとしたスカートで体型が目立たないのも嬉しいですね)はハワイアンミュージックに乗せてゆらゆらと踊るため、踊る人の心と体を解放してくれるダンス(かっこよく踊れると羨望の的になりますね)だと言えるはずです
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:アヤカ
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/pt1yeivrnaynpa/index1_0.rdf