0457Vita 5 

2014年10月10日(金) 15時06分
0457Vita 5



5月1日


「やらなければならない事」
これは、「やりたいことをやるために」やるものである。
やりたいことが今できるなら、「やらなければならない事」をやる必要はない。


5月2日


生きる。
生かす。
生かされる。
このバランスが大事だ。


5月3日


自分は主人公。
自分は、生きている。
しかし、同時に、世の人の恩恵を受けて、生かされている。
また同時に、世の中に仕えて、誰かを生かしている。


5月4日


好きなことや、やりたいと思うことをどんどんやっていく。
次々やっていく。
そして、後になってその道筋を眺めてみたとき。
そこに、「幸せな人生」が見える。


5月5日


「幸せな人生」とは、自分の先に在って、自分を待っているものではない。
それは自分の後にできているものだ。


5月6日


今の自分にとって効果のある方法を、選べばいい。
それ以外のものをストックしておく必要はない。


5月7日


成功した人生を送ることは、あなたの権利だ。
そして、誰もこの権利を奪えない。


5月8日


自分を愛するように、隣人を愛しなさい。
聖書の言葉。


5月9日


変えられないものは、受け入れる。
変えられるものは、変えていく。
たったそれだけのこと。
それだけで、心の中の「否定」の感情のほとんどは消える。


5月10日


意識的であれ、無意識的であれ、今の自分の現状は、自分自身で作り出したものなのだ。
「自分で作り出したもの」であるならば。
「自分で作り変えることができる」のだ。
だから、失敗など怖くはない。


5月11日


意識的であれ、無意識的であれ、今の自分の現状は、自分自身で作り出したものなのだ。
「自分で作り出したもの」であるならば。
「自分で作り変えることができる」のだ。
この事実を理解しないとき、被害者意識が生まれる。


5月12日


あなたには、褒められる資格がある。
その資格は、生まれた瞬間取得したものだ。


5月13日


変えられないものを受け入れる「静穏な心」
変えられるものを変えていく「勇気」
そして、両者の違いを見分ける「知恵」
「静穏な心」「勇気」「知恵」。
この三つの道具だけで、ほとんどのことを成すことができる。


5月14日


思考や感情が態度を生む。
しかし、態度が感情や思考を生みもする。


5月15日


「親が反対しているから、できない」のではない。
親の反対を刷り込んだ自分が、自分に言い聞かせているからできないのだ。


5月16日


ネガティブな感情の悪いところは、物事を常に否定的に捉えるばかりではない。
自分を保っている「規律」、これを失わせる作用があるのだ。


5月17日


「今日は、何に感謝しようかな?」
そんな気持ちで一日を始めることが、ネガティブからポジティブへ変化する最短方法だ。


5月18日


素早く決心する。
そして、決心をほとんど変えない。
それが物事を成功させるコツ。


5月19日


「とりあえずでも行動を起こす方が、ただ座って何かが起こるのを待つよりも得策だ」
なぜなら、行動を起こせば結果が出るので、「ではどうすればよいか」が分かるから。


5月20日


「できると信じても、できないと信じても、どちらも正しい」(ヘンリー・フォード)


5月21日


成功方法を学ぶのではなく、失敗事例を学ぶのだ。


5月22日


「思い込み」と「事実」を混同するから、事故が起こるのだ。


5月23日


うまくいかない人が持っているサイクル。

@「うまくいかない」「できない」と思う。
Aできないと思っているために、最小限の努力しかしない。
B行動が限られる。
C結果も限られる。
D「やっぱり、うまくいかなかった」「これっぽっちか」という思いが生まれる。
E@へ戻る。


5月24日


うまくいく人が持っているサイクル。

@「得意だ」「できる」「私ならやれる」と思う。
Aできると思っているために、自分に備わった能力をフルに使う。
B積極的に行動する。行動範囲と手法の拡大、改良。
C素晴らしい結果が得られる。あるいは結果が出ずとも、多くの学びを得て成長している。
D成功もしくは成長を得たことを喜び、さらに自信を持つ。
E@へ戻る。


5月25日


上の二つのサイクルを見ると、面白いことが判明する。
「できる」と思っている自信家の方が、莫大な努力をしているという点である。


5月26日


莫大な努力をすれば、能力も高められる。
高い能力でことに当たれば、大成功という結果も得られる。
だから、莫大な努力が成功の原因とも言えるのだが、では莫大な努力の扉をどうやって開いたのか?
それが、「私にはできる」という思いなのだ。


5月27日


夢の実現を邪魔する人と、争っている時間はない。
夢の実現を邪魔する人に対しては、避けて通ればよい。


5月28日


「夢の実現を邪魔する人」とは?
「できないという思いを、周りの人に感染させる人」のことだ。
「無理だよ」「できるわけないよ」「身の程を知れ」「自分をわきまえろ」
「夢みたいなこと言ってないで、ちゃんと社会人としてやってくれ」
「夢を見た人は、みんな最後は幻滅するんだよ」
「夢を叶えられる人は、1万人に1人ぐらいなもんだよ」
そんな言葉を投げかける人のことだ。


5月29日


自分を成功者と見なすのだ。
そして今、成功はあさっての方に落ちている。
だから、取り戻して本来の自分に戻らねばならない。
成功を、取り戻すのだ。


5月30日


「自分の中で、論理と想像が争えば、想像が必ず勝利する」
この法則を、有効に使うのだ。
すなわち、「毎日、自分の理想状態を想像する」のだ。
すると、今の自分が持っている論理の方が根負けして、現実が変わってくる。
ここで大事なのは、その想像が「嘘っぱち」にならないように、現実もコーディネイトしていくことだ。
ひとまず、自分が持っている中で一番上等なYシャツを、毎日着よう。


5月31日


朝起きたら、「今日は何に感謝しようかな?」と考える。
眠りに就くときは、「私は健康で、豊かで、満たされている、ありがたい」と考える。
それを何年も「無意識的に」続けると、現実にそうなる。




0457Vita 5(完)