さくらまち 

2007年02月14日(水) 0時00分
毎年春が待ち遠しい。
蒼い空色に淡い桜色。
君も見に来るといい。


中学の入学式
運動会でも開けそうな青空の下
あの桜は散り、私達は出会った。

彼から手紙をもらったのは高校に入ってから。
5年ほど不定期に手紙は届いた。
届いた といっても自宅の母経由なのだが。

彼の最後の手紙は3/14のホワイトデーに送られてきた。

毎年春が待ち遠しい。
蒼い空色に淡い桜色。
君も見に来るといい。


大学も春休みに入った頃、私はこの町に帰ってきた。
それほどまでに見るべき桜だったのかうろ覚えなのだが
なにより中学時代の友人とも会いたかったし。

久し振りに会う彼女は大人の女性になっていた。
ままままさか母親にでもなったのではないだろうか。
私よりも先に。
冗談めかして尋ねたところ エヘヘと笑って誤魔化された。
ショックだ。

2人であの桜の木を見に行く。
丁度満開の桜は 確かに綺麗だった。
儚げで
頼りなくて
散っていく。


彼女は桜にそっと手を当てた。

あのね、私ね
この桜と結婚したの。


そう彼女は言った。

そろそろ 

2007年02月07日(水) 22時46分
こんな思いは一人で抱えるには重過ぎる。
こんな考えしてるんだぜ俺ってスゲーだろフッフー
という
不純と言えば不純な
でもそれは確かに燃料となって私を突き動かしていた。
燃え尽きてしまった感は否めないのだが
当時はそれこそ纏まらないながらも
私という人物がいつまでも文章で残るように
考え方が文章からではなく
言葉と同じく雰囲気で伝わるように書いていた。
今も目指すところは同じなのだが
燃料不足という事態に陥っていることは確かなことらしい。

大人になってよかったのか
世の中を知ってよかったのか
子供のままがよかったのか
何も知らないままがよかったのか

('A`)

補足を付け足さないとわからない自分表現って
相手には理解できないってわかるけどさ。
めんどくせ


精神的に大人になって
自分の伝えたいことは何一つ伝わってなくて
出鱈目な文章で恥ずかしいと
色々な経験から知ることになった訳ですよ。
それって成長という意味ではよかったと思うのですが
やっぱり稚拙な文章ではあるけども、書きたいという意思はある訳なんですよねぇ
でもそんな理由でガソリンなくなってしまって書く気力がなくなって。

逆に成長せずに文章ダラダラ書いていた方が幸せだったのかな
有害な精神を垂れ流して世界を汚染していた方がよかったのかな。
あ、それもいいな と今思ったけど
戻れない訳で。


でもそろそろいい頃です。
僕らは知るべきなんです。
自分なんて特別じゃないってこと。
特別な人間なんだって思い込もうとしてただけだってこと。

貴方も私も
結局は普通の人間なんだってこと。

だから私は今までのように書けません。
それでも私は書きますよ。
自分で作った空気の鎖に縛られないで
歩く早さで。

反応 

2007年01月16日(火) 21時35分
何かと反応が欲しいところではあるのですが
まぁいいやと諦めチックな部分もあるので

まぁいいや。


(゚ε゚)キニシナイ!!

奇跡 

2007年01月13日(土) 23時09分


空光る奇跡
まるで魔法の商店街
行く人来る人
並んで歩いて
まるで奇跡。

希望 

2007年01月13日(土) 23時04分


とてつもない笑顔の誰かがいれば
きっと素敵な写真だったのに。

錯覚 

2007年01月13日(土) 22時59分


昔歩いた廊下であると
何故だか錯覚してしまう。

昔々の遠い昔。

一品 

2007年01月13日(土) 22時57分


一人で興奮して
誰からも同意を得られなかった。

やっぱすげぇなぁ

シュークリーム 

2007年01月13日(土) 22時51分


思い出のシュークリーム
みんな死んだら
またここで
食べるんだ。

うきうき電車 

2007年01月13日(土) 22時44分


これからみんなで
隣の駅まで行きます。

嫌なことなんて
忘れて進もう。

うきうき電車
みんなで行きます。

I am here. 

2007年01月13日(土) 22時39分


忘れ去られたと思いますか。
私は万歳しているんです。
でも
此処に居るよ。
私は此処に居るよ。

ブログ内検索





プロフィール
  • アイコン画像 ニックネーム:しんいち
読者になる
死にました。

骨を海に還して下さい。
Yapme!一覧
読者になる