池のムナグロ

April 03 [Mon], 2017, 21:12
転職の際、不動産業界に職を求めようと思っている方は、まず、宅建主任者の資格を取得されるのが御勧めです。
宅建主任者の資格を持っていないと、就職することが困難な企業もあると考えられます。業種ごとにどんな資格が必要なのか異なりますので、業種にあわせた資格を転職前に取得されるのもいいアイデアかも知れません。

転職するための活動は、在職中からはじめて、転職先が決まってから、辞めるのが一番です。

退職してからの方が時間の自由が聞きますし、すぐにでも働くことが可能ですが、転職する先が中々決まらないケースもあります。


無職の期間が半年以上になると、さらに就職先が決まりづらくなりますから、後先を考慮せずに今のシゴトを辞めない方が良いでしょう。
今までと異なる業種に転職するのは難しい印象が強いですが、実際に難しいのでしょうか?まず、結論からいうと異業種への転職は簡単とは言えません。

その業種の経験者と未経験者がいた場合、採用担当者は、経験者を選択する可能性が高いです。ただ、採用される可能性が皆無だというわけではないので、努力することによっては転職できる可能性もあるでしょう。
異なる業種に転職するのは困難であるというイメージが強いですが、実際にはどうなのでしょうか?結論から述べますと、異なる業種に転職するのは簡単ではありません。


経験者と未経験者とがいた場合、人事担当者は、経験者を選ぶことが多いです。ただ、確実に無理というわけではないので、頑張り次第では異業種に職を変えられることもあるでしょう。どのような転職理由が好印象かというと、最初に、実際に転職を考えた理由を心に思い起こして下さい。

その通りの言葉で表現するのではないので、正直にノートに書き出してみましょう。

そして、それをできるだけ好印象に結びつけるように言い回しをかえてみて下さい。長い転職理由は言いりゆうとうけ取られてしまうので、簡潔にまとめるよう注意しましょう。
労働時間が長いという理由で辞職した場合は「生産性を重視したシゴトのスタイルにしたい」、シゴトにやりがいを感じられずに辞めた場合は「新しい環境でさらなる成長を目指したい」と変えておくと印象が悪いものになりません。

ネガティブな転職理由も言い方を変更することで、ポジティブになります。

履歴書に書くときには、150文字以上、200文字以下といっ立ところが理想でしょう。転職活動は在職中から実行し、転職先に内定してから辞めるのが理想です。退職してからの期間が自由に動けますし、ただちに就業できますが、転職先が思うように決まらないことも想定されます。


無職期間が6ヶ月以上になってしまうと、採用通知が来なくなる傾向になりますから、勢いで現職を辞める意思を示さないようにしましょう。



転職の際に必要とされる資格というものは、専門職以外ではあまり多くはないようですが、取得している資格が有利に働くということでは、結局のところやはり、国家資格が強いようです。

とりわけ、建築・土木関係では建築士が持つ「業務独占資格」と言われているこういった資格をもたないと実際の業務にはつけないという職も多いため、狙い目なのかも知れません。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:大輝
読者になる
2017年04月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる