プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:psqxgskupmdomm
読者になる
2010年07月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Yapme!一覧
読者になる
【レベルス】軽量級頂上対決は藤原あらしが圧勝!梅野源治が初のベルトを獲得 / 2010年07月20日(火)
REBELS PROMOTION
「REBELS 3」
2010年7月19日(月・祝)東京・ディファ有明
開場15:00 開始16:00
※オープニングファイトは15:30〜

【フォト】この試合の模様

▼メインイベント(第13試合) 52.5kg契約 3分5R
○藤原あらし(バンゲリングベイ・スピリット/WPMF日本バンタム級1位、元WPMF世界スーパーバンタム級王者、元全日本バンタム級王者、MACH 55優勝)
KO 3R1分18秒 ※左ヒジ
●TOMONORI(OGUNI GYM/WBCムエタイ日本&UKF世界バンタム級王者、WMCインターコンチネンタルスーパーフライ級王者、元NJKFフライ級王者、元NJKFスーパーフライ級王者、MACH GO! GO! 〜フライ級最強決定トーナメント〜優勝)

 長らくキックボクシング軽量級を牽引してきた藤原あらしは、55kg級で日本キックボクシング界を代表する“軽量級国内最強の男”。

 一方のTOMONORIは、ニュージャパンキックボクシング連盟のエースの一角で、“フライ級最強”と断言して過ぎない実力と実績を誇る。そんな2人のドリームカードが、藤原が階級を下げたことにより契約体重で実現した。

 藤原が2005年、日本バンタム級を代表する王者たちを一同に集めた55kg契約トーナメント『MACH 55』で優勝。

 TOMONORIは2006年、同じコンセプトでフライ級王者を対象に行われた52kg契約トーナメント『MACH GO! GO!』で優勝(共にJ-NETWORK主催)し、両者は、まさに軽量級の竜虎として立ち並ぶ存在と言えるだろう。

 1R、藤原が先制の左ハイ。そしてローにつなげる。TOMONORIは右ミドル。一気に組み付いた藤原はヒザ。TOMONORIはパンチ連打。一瞬バランスを崩す藤原。しかし、左ミドルで前進する。

 負けじとTOMONORIはワンツーから右ハイ。藤原の前進に合わせ、TOMONORIは横蹴り。組み付いた藤原はヒザ。離れ際に藤原が強烈なヒジを見舞い、ダウンを奪う。立ち上がったTOMONORIに対し、藤原が左ミドル連打で詰めたところでゴング。

 2R、左ハイ、左ミドルでプレッシャーをかける藤原。TOMONORIは右ミドル。左ミドルで下がらせた藤原は、接近戦になると右ヒジ! これで追加のダウン。

 左ミドルで下がらせる藤原は首相撲。離れると左インローを当てていく。TOMONORIもヒジ。変わらず藤原は左ミドルを飛ばすと、TOMONORIはパンチ連打を繰り出す。

 TOMONORIは上下に散らすパンチのコンビネーションから飛びヒザにつなぐ。TOMONORIをロープに詰めたところで藤原はヒジで3度目のダウンを奪った。

 3R、藤原は左ミドル、左ロー。TOMONORIは右ミドルを返す。巻き返しを狙うTOMONORIはアッパー、フックの連打で追い込む。藤原は冷静に距離をとり、組み付いてはヒザ。そして左ミドルで下がらせる。

 TOMONORIはパンチで対抗するも、藤原は距離を潰し首相撲へ。一瞬の隙を突いて藤原が再び左ヒジを炸裂させ、TOMONORIが4度目のダウン! これで藤原がKO勝利。軽量級頂上対決を制した藤原は「これからもいい試合を見せたいと思いますので、レベルスを観に来てください」とマイクアピールした。

<その他の試合結果>

▼セミファイナル(第12試合) WPMF日本スーパーバンタム級王者決定戦 3分5R
○梅野源治(PHOENIX/同級暫定1位)
判定3−0 ※50−48、50−48、50−47
●裕・センチャイジム(センチャイムエタイ/ニュージャパンキックボクシング連盟/同級暫定3位)
※梅野が初代王座に就く。

▼第12試合 WPMF日本女子ミニフライ級王者決定戦 2分5R
△Little Tiger(F・TEAM TIGER/J-GIRLSアトム級王者)
ドロー 判定1−1 ※50−49、49−49、48−49
△渡辺久江(BLUE DOG/元インターナショナル女子ムエタイライトフライ級王者、元DEEP女子ライト級王者)
※タイトルは主催者預かり。

▼第11試合 KAMINARIMONジュニア45kg級タイトルマッチ 2分3R
○小笠原瑛作(クロスポイント吉祥寺/王者)
KO 1R40秒 ※左ストレート
●大竹涼介(BOXING-WORKS水龍會/挑戦者)
※小笠原が防衛に成功

▼第10試合 KAMINARIMONジュニア50kg級王座決定戦 2分3R
○近藤流星(総合格闘技道場STF)
判定3−0 ※三者とも30−28
●石丸幸次朗(GT)
※近藤がKAMINARIMONジュニア50kg級王者に

▼第9試合 スペシャルアマチュアマッチ 2分2R
○飯田なお(新宿レフティ)
判定3−0 ※20−19、20−19、20−18
●田村由美子(ストラッグル)

▼第8試合 WPMF日本スーパーフライ級ランキング戦 3分3R
○ウエンツ☆修一(スクランブル渋谷/J-NETWORKスーパーフライ級王者、同級3位)
判定3−0 ※三者とも30−28
●薩摩サザ波(TARGET/同級9位、J-NETWORKスーパーフライ級6位)

▼第7試合 76.0kg契約 3分3R
○ベッカーセーム・ユタギ(タイ/元ラジャダムナンスタジアム認定バンタム級3位)
TKO 1R1分16秒
●寒川直喜(バンゲリングベイ・スピリット/M-1ライトヘビー級王者)

▼第6試合 WPMF日本ウェルター級ランキング戦 3分3R
△渡部太基(藤原/同級4位、元全日本ウェルター級9位)
ドロー 判定1−0 ※30−28、29−29、29−29
△T-98(=タクヤ/クロスポイント吉祥寺/同級8位、RISEウェルター級5位)

▼第5試合 WPMF日本スーパーバンタム級ランキング戦 3分3R
○梅原タカユキ(TARGET/同級8位、RISEバンタム級3位)
KO 1R1分51秒
●Dio(ALMERICK/同級10位)

▼第4試合 WPMF日本フェザー級ランキング戦 3分3R
○玲央(=レオ/フォルティス渋谷/同級7位、J-NETWORKフェザー級4位)※磯部和寛から改名
判定3−0 ※30−29、30−28、30−28
●堀口貴博(ウィラサクレックフェアテックス)

▼第3試合 スーパーウェルター級 3分3R
○シノ・KRSジム(KRS/WPMF日本スーパーウェルター級7位)
判定3−0 ※30−28、30−29、30−29
●白神武夫(拳之会)

▼第2試合 ウェルター級 3分3R
○金 統光(藤原/WPMF日本ウェルター級9位)
判定3−0 ※30−28、30−28、30−29
●左 禅丸(レグルス池袋/元J-NETWORKウェルター級4位)

▼第1試合 クルーザー級 3分3R
SHOHEI(小林道場/元日本ミドル級6位)
VS
エド・リョーマ(バンゲリングベイ・スピリット)

【関連ニュース】
「ザ!世界仰天ニュース」で話題の女子高生グラドルキックボクサー参戦!
ウエンツ×薩摩、渡部×T-98など、WPMF日本ランキング戦4カード決定
WPMF日本王座決定戦で梅野源治VS裕センチャイジム
藤原あらしがバンゲリングベイに移籍、TOMONORIとメインで激突!
ムエタイ大会「レベルス」特集 7月20日0時13分配信 格闘技ウェブマガジンGBR
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100720-00000001-gbr-fight
 
   
Posted at 15:03/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
 
 
Powered by yaplog!