つい予約で買ってしまった新型PSP3000

February 08 [Sun], 2009, 7:00
今回の記事は昨年つい予約で買ってしまった新型PSP3000について。

みなさんPSPってどんなふうに使ってます?もちろんゲームはあたりまえかもしれないですけど、自分的にはほとんどゲームはやらないですね。ゲームはいくつか買ったのですが、ほとんどプレイしませんでした。昔はかなりゲームは好きだったんですがいつのまにか関心がなくなってきてしまったんですよね。なのでつい予約などして買ってしまった新型PSPの3000なのですが今はゲーム以外の使い方ばかりしています。

たとえばミュージックプレーヤーとして使ったり動画を見たり。でも動画の場合は変換に時間がかかるので、最近はあまり観ていないかも。だんだん動画を変換したり取り込んだりとかするのがめんどうになってしまうんですよね。

というわけでせっかく予約をしてまで買った新型PSPの3000は結局はミュージックプレイヤーとしてしか使えてないのはちょっともったいないかなぁ・・・。でも結局音楽を聴くのに持ち歩くのにはPSPはちょっとでかいから結局ゲームをやることになる気がしてきました。


>>オススメのPSPグッズはこちら

新型PSPを買うか、旧型PSPを中古で買うか

February 08 [Sun], 2009, 4:25
新型PSPを買うか、旧型PSPを中古で買うか結構迷っている方が多い様な気がするので自分なりにちょっと書いてみようと思います。

まず新型PSPでできることや特徴など。

新型PSPの特徴

・周辺機器が充実している。ワンセグチューナ(別売)でテレビを見る事ができる。
・本体が軽い。
・ゲームのロード時間が短くストレスを感じにくい。
・本体が軽い、薄い
・テレビに出力が可能
・マルチメディア指向が強い

旧型PSPの特徴

・ゲームだけできればいい人向けかも
・重い
・保障期間がないと購入してから壊れた場合、結局修理費用で新型PSPが買えたなんていうこともあって危険
・中古でもそれほど安くない

かなりおおざっぱに書きましたが、旧型PSPでは本体自体が重いのでゲームをしていて腕が疲れるのがかなりマイナスポイントだと思います。PSPを中古で買ってもそれほど安くもないし、それだったら保障があってゲーム以外にもいろいろ遊べる新型PSPを購入したほうがいいと思いますがいかがでしょうか?


>>オススメのPSPグッズはこちら

新型PSPのレビュー(従来型との相違点など)

February 08 [Sun], 2009, 3:49
今回は新型PSPが従来型のPSPとくらべてどのように変わったかをレビューという感じでまとめてみようと思います。

まず新型PSPを手にとってみてすぐに感じることは、とにかく軽くて薄いですね。重さは従来PSPのおよそ3分の2、厚さはおよそ5分の4となっているそうで、SCEではPSP本体の消費電力をおさえることによってバッテリーの小型化を実現したということだそうです。

操作面では、新型PSPと従来型との方向キーとボタンはあまり違いはないけれど実際に操作をしてみた感じでは操作感とボタンの反応が良くなったような気がします。

その他の相違点では、新型PSPの方向キーとボタンのすぐ上にスピーカーの穴があったり、UMDドライブのふたを締める部分にスプリングがなくなった点が従来型と違っているようです。あとはメモリースティックデュオ用のスロットは弱冠位置が変わったけど、これまでと同じく左側にあって、ワイヤレスLANスイッチは、これまでの左側面から上部へと変わっているのでうっかり触ってしまうことはなくなったと思います。

新型PSPの画面のサイズはこれまでと同じ4.3インチですが、従来型と比べて新しく変わった点は新型PSPにはビデオ出力端子が搭載されていて、PSPに表示されているゲーム、映画、写真などの映像をテレビ画面に映し出すことができるようになったことですね。コンポーネントAVケーブルには音声ジャックも付いていて、映像と音声の両方が出力できるようにもなりました。

ゲーム以外の使い方としては撮り貯めたビデオの映像やTV番組など、様々なコンテンツをメモリースティックに入れて持ち歩けるのが楽しいです。

以上の点から新型PSPはゲームだけでなくてポータブルメディアプレイヤー兼ゲーム機として利用することができます。単なるゲーム機に留まらないという点で非常に魅力的にグレードアップをしたと思いました。

>>オススメのPSPグッズはこちら

新型PSPのディープレッドについての感想

February 08 [Sun], 2009, 2:19
新型PSPのディープレッドは2007年の12月13日に発売されましたがいまだに人気が高いですね。

自分は赤が好きなので発売当時すごく欲しかったのですが限定販売ということで手に入るか不安でしたね。新型PSPのディープレッドがネットで転売が横行したりオークションで高値で出品されたのを買うのはいやですから。でも無事に近くのゲーム店で手に入れることができて安心しました。

実際に手にした感想は原色の鮮やかな赤を想像していたのですが、実際は弱冠暗い赤ですね。名前のとおりディープレッドといった感じの色合いです。あとは多少気になる点は結構指紋等が目立つのでそういうのが気になってしまう人はお店の展示品で確認したほうがいいかと思いました。でも赤が好きな人は結構気に入るのではないでしょうか?

あと新型PSPの新機能(TV出力・ワンセグ・薄型軽量等)についてはいまさら言うまでもないかもしれませんが、画面が大きく綺麗な液晶なので撮り貯めたビデオの映像などをメモリースティックに沢山入れて持ち歩けるのがとてもいいですね。

とにかく新型PSPのディープレッドはハードの性能面もカラーもとても気に入っていて非常に買ってよかったです。

>>オススメのPSPグッズはこちら

PSPにCFWを導入するメリットと新型PSPへのCFW導入の注意点

February 04 [Wed], 2009, 23:15
PSPのCFWって何だか知っていますか?CFWとはソニーの公式ファームウェア(FW)ではなくて、非公式なファームウェア(カスタムファームウェア)のことです。

このPSPのCFWを導入することによっていろいろなメリットがあります。

たとえば、メモリースティックからバックアップでISO/CSO化したUMDゲーム、自分で作ったアプリやエミュレータ、Playstation1のゲームを起動することができます。あとは最新の公式FWの機能が全て使用することが可能になりますし、プラグインを導入する事で様々な機能を追加できます。あとはリカバリーモードからの復旧が可能になり、リカバリーモードで様々な設定もできるようになります。

ただPSPのCFWを導入することによっていろいろなメリットがありますがデメリットもあるので注意が必要です。

CFWを導入するとSONYのサポートが受けられなくなってしまいます。ということは壊れた場合は全部自己責任ということですね。なのでPSPにCFWを導入する場合は導入の仕方をしっかりと調べた上で自己責任の上でやってください。

それと新型のPSPの場合は購入した時のバージョンによってCFWにできないことがあります。そのバージョンとは「3.95」「4.01」その先のバージョンだとPSPにCFWを導入することはできません。なので新型のPSPにCFWを導入する時は自分のPSPのバージョンもよく調べる必要があります。

>>オススメのPSPグッズはこちら