体調が崩れやすい季節の変わり目そ

June 21 [Thu], 2018, 7:02

体調が崩れやすい季節の変わり目、それから過酷な夏が終わったばかりの秋から冬にかけての時季、くれぐれも肌の乾燥には気を付けたいものです。





気を付けていないと、いつのまにか目の周りはひどいちりめんジワで覆われていますし、荒れて赤くなったりすることもあります。



こんな乾燥注意な時期、大事な肌を守るためのスキンケアは特に念入りに行っているわけですが、基本の化粧水や乳液でのケアだけでなく、とうとうオイルを試してみています。


オイルも調べると中々奥が深くて、追及すると楽し沿うですが人気(アイドルグループなどは、ファンではない人からみると、どこがいいのかと首をかしげたくなることもあったりしますね)のホホバやココナッツ、オリーブを使ったりもしています。




保湿が十分で、潤いのある肌なら、悩みの種となるシミなどの色素沈着も防げます。肌全体の水分が十分保たれ、潤っていると水分と油分がバランス良く保持されていて、整ったきめで肌が守られています。水分や油分で潤い、きめが整った肌はバリア機能も高く、紫外線で肌全体がダメージを受けるのを抑えているので、シミ予防の役割も果たしています。





シミを防ぐためにも、肌の乾燥にはケアを怠らないで下さい。



妊娠初期には積極的に摂ってほしいと、一般に知られているのが葉酸です。食材の中で、葉酸が何に多く含まれるかと言うと野菜の中でも、ほうれん草やモロヘイヤなどの葉物野菜に多いとされます。



納豆は、加工食品の中でも葉酸が多いとされています。



葉酸を摂れる食材としては、海藻類、海苔などもあるので毎日の献立の中に入れていき、欠かさず食べられると理想的です。




果物の中では、イチゴが葉酸を多く含んでいるのでおやつならイチゴが良いでしょう。オナカに赤ちゃんがいるとわかっ立と聴から葉酸を意識して摂らなければなりません。


葉酸が不足しないようにすることで、胎児の発育はある程度助けられますし、妊娠中の女性の健康のためにも必要な栄養素です。


多彩な食材を食べるように意識している方でも、葉酸は十分に摂ることが困難です。




毎日安定した量の葉酸を摂るためにサプリメントや薬を使うのも有効です。




水溶性ビタミンとして、葉酸は調理中も水に溶け出してしまいます。





加えて、熱に弱いという特長も持っているため、上手に調理していかないと摂取量が半減することもあるくらいです。けれども、生の食材を大量に食べるのはほとんどの方には不可能です。


調理するときも、葉酸の性質を頭に置いて長時間の加熱を避けるなど、小さな工夫を積み重ねるのが葉酸を効率よく摂る上で重要なポイントでしょう。



プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Takumi
読者になる
2018年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/psnsrwatatudee/index1_0.rdf