我勢な引き締め【爆笑】

May 31 [Tue], 2016, 11:25
その罰として、男性は額に汗して労働することを命じられた。
こういう旧約聖典を読んだファンたちが、業種に対してどのような理解を持つであろうか。

すなわち、業種は罰であり、苦痛であり、奴らにとって本当の運とはユートピアで遊ぶことなのである。
お寺の庭園の他みたいなところが、極楽です。その理解は、良い寂しげであった。不可思議を畏れる心理が減っていくとともに、
方に課せられた罰など、極力なら受けたくないという根性が強くなって現れるのは当然の流れであろう。

通常、男性はできるだけ楽をして、働かない方向に巡り、
また、奥様のほうも男性に服従するのはいやです、ちびっこも産みたくないという方向に流れていうわけである。
そして、自分にとって都合のいい理解だけが残る。つまり、人間の理想は理想郷にあるのだから、
とれるかぎりビジネスもせずに男女が戯れておるような毎日が規則正しい、という考えのお目見えです。しかもその業種は、
神だけができるような特異ワザや知的業種ではなく、当時の邦人がやっていた感じビジネスであった。

すなわち、太古に刷り込まれた邦人の理解としては、
業種というものは神もする、というものであった。したがって、業種を浅ましいとか業種が罰であるというインスピレーションは、
邦人の風習には合わないのである。

その意味で、神ですら働くと位置付ける邦人の業種観は、
先に述べた天然観や宗教観と並んで、これからの雰囲気にとって重要な陳述となると映るのである。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:美織
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/psb0namt0ietih/index1_0.rdf