放射能の脳への影響。

October 15 [Mon], 2012, 12:34
放射能の脳への影響。
c400m259047自覚しにくいのも脳障害の特徴のようで、それだけにこれまであまり触れられていないようです。
以下、開明の蔵娘マチの天然ブログより引用させて頂きます。
リンクチェルブイリ事故の被曝者を診察してきた医師の記述です。
最も酷い障害は、中枢酔o障害です。
ほぼ全員です。
調べていて、あるときから医師のカルテが用成さなくなっていくという、私の恐怖、わかりますでしょうか。
現地の医師も中枢酔o障害になっていたそうです。
この医師の記述のうち、脳障害について書かれた部分を抜粋しました。
いろいろな日にちに書かれたものを寄せ集めています。
放射線障害を、癌と白血病だけだと思っている方が多すぎます。
被曝で、あらゆる障害が起きますが、最も多いのは、知能障害で、程度の差だけです。
発癌も被曝障害の最大の障害ではありません。
最大の障害は、成人なら、知能低下と性格崩壊、意欲の減退です。
被曝は、細胞死とDNAの変異をもたらします。
これは、被曝量と直線関係があります。
中枢酔o系は、再生しません。
当然、脳の機能は低下します。
脳は思考だけでなく、下垂体のようにホルモンも作り出します。
甲状腺癌も滅多になりませんが、被曝で甲状腺機能が低下します。
そして、TSHの出も悪くなれば、ぶらぶら病です。
いずれ治る人もいますが、完全には治りません。
知能も低下します。
成長期の子供なら、この影響はもっと顕著に出ます。
自覚がなくても、確実に、被曝の影響はでています。
恐ろしいことですが、脳の異常は、その脳が気付けないのです。
中略一般的知られていない脳の症状について書いておきます。
これが一過性なのか長期にわたって続くのかは、はっきりしていません。
危機感の大きな減退。
時刻感覚の減退。
食欲の増大。
ステップワイズな複雑な思考の回避。
味覚の変化。
感情の鈍化。
メル友開放感遊びへの欲求の増加。
転びやすい。
計画性の減少。
複雑な文の回避。
単純ミスの増加。
短期記憶力の減退。
長期記憶の取り出しの失敗。
甘えと自己主張の増加。
他人の感覚への共感の減退。
状況把握の鈍化。
滑舌がわるくなる。
以上は、甲状腺の軽度機能障害で起こることとは違います。
こちらは、倦怠と意欲の減少ですが、自覚症状は、かなり経ってから起きます。
上述の重金属中毒に類似の症状にも、倦怠はあります。
ですから、金属中毒に似た症状での倦怠と甲状腺機能低下での倦怠は、他の症状で判別できます。
ドイツの医師が、脳障害に警告しています。
ベラルーシの人々が集中できないのは、放射能恐怖ではなく、脳障害だと言明しています。
この軽度の障害は、数に起こるのではなく、ある程度体内に蓄積もしくは、外部からの被曝で、起き、ベラルーシでは、キエフより低いところでも、ほとんどに見られます。
東京圏は、キエフ以上の数値が出ていますし、食品基準も甘いので、既に過半数に達したと考えられます。
初期の大放出後、放射性物質の摂取をしなかった方には、一部、一過性の機能低下が見られました。
既に、西日本でも該当する症状があると考えられるようになってきました。
既に、注意した方々としなかった方々に差が出てきたわけです。
Xeは、気管を通り、甲状腺を被曝させ、5程度が血液に溶けるはずですから、脳底の血管と大脳表面の太い静脈に沿って、脳の機能を低下させました。
Xeは直ぐに排出されますが、体内に取り込まれた放射性物質とXeで、その部分の脳の機能低下が持続し、時刻感覚の喪失や食欲の増進、不安感の欠如、短期記憶の長期化の阻害、などの症状が起きたと考えられます。
Xrayによる癌の照射で、脳の機能が一時的に低下することが知られています。
実際には、核種が体内にあるので、軽度では二、三日の頭痛程度で、量が多ければ、今でも続いていると考えられます。
脳への障害は、第一歩は、脳内で血管の多い体積あたりの血液量が多い部分が、血液からのβ線で機能低下が起きてきます。
酔o線維の近傍で電離作用が起きれば、酔oが偽信号を発生しますので、機能が低下するのです。
Csは、酔oにも取り込まれやすいですし。
この最初の症状は、基本人格の増強です。
尊大な人はより尊大になり、酔o質な人は余計に酔o質になります。
一方では、不安が減り、食欲が増進し、他人の感情への共感が減り、時刻感が失われてきます。
合理的思考ができなくなりますもともと意識してそうしなければ大して合理的に推理などしてませんが。
それから記憶の長期化の阻害、一時健忘、速度感の喪失、一時的にボーとする。
粗暴化。
性欲亢進。
重要度による物の重み付けの欠如。
頑固。
ルーチンへのこだわり。
高齢者では、認知症の悪化。
足が攣りやすい。
刺激時に体が硬くなって、骨折捻挫をしやすくなる。
初期は、興奮しやすくなり、後に刺激に鈍感になる。
精錘セ患の増加。
遊びたがる。
などがおきます。
チェルブイリの場合、吸飲により、激しい頭痛、眩暈、間接痛、難聴、結膜、網膜異常、痙攣などが、一気に起き、皮膚の症状云々と言ってられなかったようです。
こういった症状が激しかった人は、直ぐに楽天的になったようです。
これは、脳の症状です。
初期症状がなく、内部被曝だけだった人の場合、食べて2ヶ月ほどたってから脳症状が現れているように思います。
ところが福島第一では、もっとはるかに早いのです。
明らかに核種が違います。
これほど早く血管内膜炎様症状を起こしていません。
飲食物の基準値が甘いためで、さらにチェルブイリの時よりβ線、α線核種の比率が高いので、今後の健康被害は、はるかに大きいと予測できます。
同時に中枢への影響が大きいので、危機感が減少し、櫛歯状に人が減っても気にしない、という状態現在のキエフのようになると考えられます。
酒が強くなったと感じたら、中枢障害です。
今後、食物での防衛をしなければ、皮質全体と、脳幹の抑制が進みますので、突然死が増えると思います。
高度汚染エリアでは、甲状腺機能低下が始まっており含む東京、脳の抑制で、強い欝からブラブラ病への移行期も起き始めています。
木下黄太ブログから今年になってからNEXCO東日本管内の高速道路で、44件の死亡事故が発生し、60名の死者となっています。
8月末現在、NEXCO東日本調べ件数は前年同期比13件142、死亡者数は前年同期比25名171ということだそうです。
弊社社発足以来、例のない深刻な状況NEXCO東日本は表現しています。
皆さんには、どこまで認識があるかはわかりませんが、交通事故はここ10年、もしかすると20年くらい、減少傾向が著しく、交通事故というものが、どんどん減っているのがあたりまえのように、なっていました。
このため、これだけ、東日本管内の高速道路で、死亡事故が多発している現実は、僕には異様に映ります。
このため、弊社社発足以来、例のない深刻な状況NEXCO東日本は書いているのだと思います。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ps1hmmuidx
読者になる
2012年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ps1hmmuidx/index1_0.rdf