当事者の負荷が大きい不倫はいつか終わりを迎える

January 03 [Sun], 2016, 21:58

当事者の負荷が大きい不倫は、いつか終わりを迎えるときが来ます。浮気が露見した結果、家庭や交遊関係が滅茶苦茶になったとか、慰謝料や養育費の支払いで再婚もままならないケースもあるでしょう。




また、元の鞘に収まったり、浮気を成就させて(?)結婚したりするといったケースもあります。


いずれにせよ、不倫でハッピーエンドになることはありません。


以前に比べSNSに抵抗感のない人が増えてきて、そこでポロリと不倫が発覚したといったケースが増えています。パートナーが以前に比べ頻繁にSNSをチェックするそぶりがあれば、浮気相手と連絡をとっていると疑ったほうがいいかもしれません。スマホやSNSへの警戒心は、不倫の有無を判断する好材料とも言えます。





いくら成功報酬制を採用していると言っても、例えば、調査内容が浮気についてだった場合には、調査期間が3日間しかなかったとしたら調査を行う3日間で浮気の証拠を掴めなければその調査は成功したということになってしまいます。



浮気しているのかは分からないまま、その3日間だけは浮気していなかったという状態であったら、結局は浮気の明確な証拠をつかむことなく、調査は完了し、成功報酬として料金を支払うのです。浮気調査してみたところ配偶者が浮気していることが見つかったならば、別れるべきか否か心が乱れますよね。まず頭を冷やして、浮気調査を依頼してしまうよりも先に、自分の気持ちを見つめてみたほうがいいです。夫婦というものは法律上お互いに貞操を守る義務がありますから、不貞行為に対する慰謝料を要求して結婚生活を解消するのもいいでしょう。




探偵が尾行する際の料金はどのくらいかと言うと、調査員の数によっても変わりますが、1万円から3万円程度が1時間あたりの相場です。


当然のことですが、調査員が少ない人数なら安く、多くなるほど高くなります。また、尾行の時に車やバイクを使うと、交通費や車両費として別途請求されることがありますので要確認です。よく不倫の末に結婚しても、不幸になると言われますが、もちろん、やっかみで言っているのではないです。もともと我が身のために、誰かから大事な人と幸せと将来を略奪したなら、うまく結婚したところで、自分たちの事情がいつかはばれるのではと怯えてずっと暮らしていくのです。


不倫相手と結婚したって、いつまた不倫に発展するかと思うと心が落ち着く暇もないのではないでしょうか。不倫には代償がつきものとは言いますが、ある日突然、先方の奥さんがきちんと勉強している人の場合、内容証明郵便で慰謝料請求を送付してくる可能性はあります。



気になるのがその金額ですが、相手側の離婚の有無で大きな違いがあります。離婚もしていないのに非常に多くの慰謝料の請求があったら、直ちに弁護士さんに相談してみるようにしてください。



単純作業に思われがちな浮気の尾行というのは、探る相手が顔見知りですから、尾行自体がバレやすく、さらには自分か相手が激昂するといった不測の事態が起こる可能性も否定できないのではないでしょうか。




探偵社に頼めば、相手に気取られず浮気調査するテクニックと資材を持っていますし、依頼者自身で尾行の真似ごとをするよりずっと効率良く不倫の証拠を得られるのです。


浮気調査を探偵に依頼して、証拠を掴み、不倫にストップをかけるまでいったのに、なぜか繰り返すことがあります。休日に家族と過ごす時間が減ったり、メールや着信履歴などで浮気が判明し、またかと落胆するケースは多いようです。


要するに、前の浮気の際の対処なり処罰なりが甘かったために反省に至らなかったということも考えられますので、仏の顔も三度までということを思い知らせるような措置が不可欠です。





どうやったら探偵を雇うことができるのかというと、探偵会社に依頼するのがもっとも確実です。良い仕事と納得できる料金の業者を見つけるために、複数を比較することが大切です。



調査に定価はなくても大体の見込み価格程度は理解しておきたいですね。悪質な価格設定の探偵に当たらないようにするには、こういった予防が不可欠だと思います。時間単位での尾行料金が設定されている場合、探偵の尾行にかかる時間が短い方が、少ない費用になります。



よって、探偵に尾行依頼をするなら、パートナーの日常の行動をよく知っておくことが大切です。



最も疑いのある時間帯や曜日に尾行をしてほしいと依頼をすれば、探偵のほうも手間が省け、双方にとって利益があります。ごく稀ではありますが、探偵に不倫調査をしてもらったあと、代金のことでトラブったなんてこともあるみたいです。というのは、最初に出してもらった金額のほかに諸経費や高額の別料金が盛り込まれたり、途中で契約解除を申し入れると、依頼者都合によるキャンセル代がかかることがあるのです。



トラブル防止のために、正式に依頼する前に確認することを強くおすすめする次第です。


ひとつでも納得いかない点がある場合は、ほかのところを探せばよいのです。浮気の事実関係を委託調査する際には、支払う料金が低過ぎたり、 高料金に設定されている事務所ではなく、細やかな料金設定がされており、事後に追加料金を支払わなくて良いような探偵事務所が望まれます。その他、関係団体に届け出ているのか前もって確認しておきましょう。




法外な調査をしているところには委託しない方がよいでしょう。





もしパートナーの浮気が発覚した際は、とりあえず対応を考えるために平常心を取り戻すよう努めましょう。


不倫を許して一緒にやっていくことが無理なら、やはり離婚や慰謝料についても考えておく必要があるでしょう。夫婦で話し合う時間を確保し、これからどうするかしっかり話し合うと良いでしょう。




探偵事務所のなかでも料金が成功報酬のところは、調査が成功しなければ報酬が得られないという不安があるため、成功した場合の料金が割高に設定されています。そのため、成功報酬制を採用している方が、浮気調査にかかる費用が安くなるとは言い切れません。


どこまで調査してもらえるのか調査内容などもよく確認して、料金システムに関して不安がない探偵事務所に依頼することが重要なのです。



プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:心愛
読者になる
2016年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/pryraptewuwgop/index1_0.rdf