カナティがさっきぃ

March 07 [Mon], 2016, 12:04
例外もあるかもしれませんが、看護師として働いていると、やはり辞職を考えることも少なからずあることと思います。
仕事上のミスや、患者さんとのコミュニケーションが上手くいかないこともあります。ですが、それだけではなく、嬉しく感じることや、看護師として働き続けたいと感じることももちろんあります。先輩からの励ましや優しい言葉など、日々、いろいろな方々のおかげでやってこれているんだなあと思っています。



入院している知人の病室に、見舞いに行ったのですが、とても忙しそうに働く看護師を頻繁に見かけました。


患者の中には、しょっちゅうナースコールで助けを求める人も多いのです。


現場で働いている看護師は、お見舞い客の立場でみる範囲でも、苦労の連続でしょう。働き方の違いで、看護師であっても収入に差が出ます。正社員として勤務していると、給料は月給制ですが、週に何日か働くパートですと、給料は時給計算になります。
その時給ですが日勤の場合でおおむね1300円以上1800円くらいまでが相場のようです。時間いくらのパート勤務にしては高い時給だと一見思えるかもしれませんが、人の命に関わる責任の重さや休む間もなく仕事に追われる環境について思い至ると、あまり良い時給ではないのかもしれません。

看護師の働くところといえばホスピタルというイメージが普通でしょう。また、ナースの資格を活かせる職場は、病院以外にもそれはあることです。保健所で保健師とのチームワークで地域住民の健康上のいろいろな対応をするのも看護師の領域です。


また、福祉施設には医師が常に居るところは少なく、大部分の医療行為を看護師が行います。

昔から、看護師は比較的稼ぎの良いイメージがつきものです。

場合によっては人の一生を左右する責任の重い仕事ですし、夜勤等、辛いことも多いですが、別の業種の給料と比較してみると安定して高給だということが特徴として挙げられます。
安定性といえば、看護師という職業が景気の影響を受けにくい点もメリットとして挙げられますね。これらの高給や安定性を重視するならば看護師はメリットの多い職業だと言えます。
最近の交代勤務、社会で「シフト勤務」と呼ばれる勤務形態の代表的なものとして、病院に勤務する看護師があります。

外来の看護師ならば夜勤がないこともあるようなのですが、ほとんどの場合、病棟に多くの看護師が必要になるので、経験を積む上でも殆どの人がシフト勤務になるはずです。


実際に、私の妻も看護師で、子供が幼い時にシフトで働いていました。ですから、夜勤の夜は子供が寂しがってしまって大変だった思い出があります。
3年の間、看護専門学校に通学し、国家試験の受験資格を得られるのです。



この道筋で免許取得を目指す人が一番多いです。
実際に病院で実施される実習が他に比べると多いということもあって、就職した後も割と簡単に業務をすることができます。希望の病院や医療機関への転職を試みる看護師にとって、重大なことが面接といえます。
面談時に尋ねられがちな質問は前のクリニックでの仕事について、以前の病院を辞めた理由、この病院でやりたいことは何か、看護観などです。円滑に答えるためにも、面接の前に準備しておいてください。業界用語というものは、どこの業界にもあり、もちろん看護師の世界にも存在します。例えば、エッセンなる言葉があるのですが、ご存知でしょうか。この言葉の意味は、食事休憩をとります、というものであり、仕事中の他の勤務者に、特定の意志を伝える隠語のような役割を持ちどこでもよく通用します。ではこのエッセンというのは何かといえば、ドイツ語の動詞で食べるを意味するそうです。
昔、この世界ではドイツ語の医療用語が盛んに使用されていた事実があって、それが今まで細々と生き残って現在に至っても普通に使用されているようです。
病院ごとに看護師の働く時間が伸びる場合があります。人件費を節約するためにギリギリの人員で勤務シフトを組んでいるケースが多いのだそうです。
看護師が慢性的に疲れており、医療ミスに繋がるというデータがありますし、就活の際にはちゃんとチェックしたほうが良いです。


貴重な人材である看護師が必要とされている場は病院に限りません。「グループホーム」という介護施設の分類があるのですが、その様な場所においても特に看護師は重宝されているのです。

こういったグループホームに入所している方は、高齢者の中でも認知症で生活に困難を抱えている方ですから、十分留意したうえで関わらなければなりません。
介護方面に興味のある看護師は職場としてグループホームを選ぶということも視野に入れてみてください。
育児をするために転職しようとする看護師もたくさんいます。



看護師は特に仕事と育児の両立が難しいので、夕方までの時間帯のみ働けたり、働く日の少ない仕事だったりが良いでしょう。

子育ての期間だけ看護師を休業するという人も多いですが、育児をするにはお金がなくてはならないので、できれば看護師の資格を活かすことのできる仕事を探すことを勧めます。看護師の勉強をするための学校には看護学科を持つ大学と専門学校があり、それぞれ違った特色があります。大学の特徴を挙げると、最先端の医療について等、より専門的な内容を学ぶことができるという点と専門的な内容のみならず、一般教養についても学べるということです。

他方、専門学校に関しては、大学よりも長く実習時間を設けてあるため、実践的な内容を深く学ぶことができ、そういった経験を生かして即戦力になれます。加えて、学費の面についても専門学校に支払わなければならない学費は、大学のおよそ十分の一となっています。

看護師がうまく転職するには、未来のことを考えて早めに行動することが重要です。

また、何に重きを置いて考えるのかを考えておきましょう。今後どうなりたいかを明確にして、その計画に合った転職先の情報を少しずつ収集してください。

収入、職場の環境、勤務の形態など、自分にとって妥協できない条件も考慮しましょう。


看護職員の方が仕事場を変える時にも、面接対策は欠かせません。面接を担当した人がネガティブなイメージを抱いてしまったら、看護職員を望む職場が多い現状でも残念ながら採用を見送られることもあるのです。雇用契約の内容が他よりよければもちろんのこと志願者数も多く競争率があがりますので、後で悔いが残らないよう当日まで最善を尽くして就職面接当日を迎えましょう。爽やかな雰囲気を演出する出で立ちで、元気にレスポンスすることを心がけてください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Yuduki
読者になる
2016年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/prsroneor0tomw/index1_0.rdf