あやかの本郷

July 09 [Sat], 2016, 7:37
介護施設の統合や閉鎖が話題に上がっていますが、医師不足あるいは介護士不足が叫ばれています。



日勤に夜勤にとイレギュラーな勤務をしながら急患対応も必要で、多くの介護士が激務をこなしているのが実情です。男性介護士の割合も増加しているのですが、今のところはまだ女性の仕事という状態なので、ストレスに悩まされたり、自分のタイミングでトイレにいけないため、便秘を患っている介護士も多くいるということは頷けます。我が国の法律で、介護士は仕事内容として、医師の診療補助を行うと規定されているのです。



介護士の介護行為というものは実は認められていないのですが、処置が可能な場合もあり、医師から指示を受けた時がそれにあたります。ただ、患者さんの容体が突然変わってしまったり、一刻一秒を争うような事態になった時には、キャリアのある介護士には部分的に介護行為も許可されてもいいのではないかと考えています。


普通、介護士の職場と言えば介護施設ですが、実際は多種多様なものがあり、様々な科を併設した総合介護施設から町医者までかなり違いがあります。
あるいは、介護施設や保育園などに常駐する介護士もいます。

会社によって給料が変わるもので、介護士も同様でしょう。地域の診療所と総合介護施設とでは、やはり収入は違ったものになるでしょう。
ですので、一般的な介護士の平均年収は必ずしも、誰もが得ている収入では無いことを理解しておきましょう。ハードワークで知られる介護士ですが、そこで激務の内容を少し見てみましょう。
病棟勤務に従事していると、重症の患者さんを担当することもあり、容態の急な変化もありえますし、身体をよく動かせない患者さんの、ちょっとしたお世話も介護士の仕事です。緊急オペが行われることを急に知らされる、なんてこともよくあることですし、夜間は夜勤業務の人ばかりで人手が少ないのに幾度もナースコールが鳴り、駆け回ることもありますし、少々混乱してしまいそうなくらいにゴタゴタする夜を過ごすこともあります。職業上、介護士という立場では愛煙家が減っているように思います。実際のところ、その印象は間違っておらず、国民の平均的な喫煙率よりも少ないことが分かっています。



介護士は病気の患者と接しますから、煙や臭いで不快な思いをさせないように、意識的に禁煙している人が多い状況だと想像できますね。交代制で病棟勤務をしていると、土日も何もあったものではありませんが、土日を休みにしたければ、そうすることもできます。
病棟勤務のままだとそれは難しいですが、外来勤務に変えてしまえば、土日が休日になるでしょう。
まったく予想外の呼び出しによる出勤や、土日の休日診療に当番として出ることはありますが、土日は基本的に休みだと思って良いでしょう。



他には、個人の介護施設で入院施設がなければ、多くの場合は土日は休めるようになっているでしょう。正看と呼ばれる資格を持った介護士になる方法は、看護の専門学校や大学等を卒業することが必要不可欠になります。介護士試験の受験資格が看護課程を卒業していることなのです。

しかし、専門学校や大学は倍率が高く狭き門になっています。ですからこうした専門学校に合格するための予備校に通う人も増えています。


もう准看として働いている人が正看を目指す場合は、看護学校の通信課程もあるので、そちらで勉強して資格取得を目指すのがおススメです。

働く介護士の休日に関してですが、働いている職場でそれぞれ異なるようです。
3交代勤務の場合、シフトのスケジュールに沿って勤務しますから、休日勤務や平日休みになることが珍しくありません。
一見、デメリットが多そうに感じるかもしれませんが、休日を好きに設定できるというメリットがあるので、その点をうまく利用して充実した休日にする人もいます。



よく知られていることですが、介護士の仕事というのはかなりハードではあります。
なので、辛いと感じることも多いでしょう。特に夜勤を、二交代制、あるいは三交代制でこなしていくうちに誰でも不規則な夜勤の入り方で生活時間が狂い、そうこうしているうちに、体調を悪くする人もいます。
ハードな仕事であるのは確かですから、要領よく休みをとらないと当然のように疲れを蓄積していき、慢性的な頭痛や腰痛などが発症し、そこでやっと、自分自身の受けている身体の負担について思い知らされることもあるのです。止まらない少子高齢化の影響。


介護職にかかわる人たちももっと増加することが急務とされる日が来ると考えられています。

なので、現在も「介護士は売り手市場だ」といわれているのですが、今後もそれが継続すると考えられています。



毎年多くの人が介護士資格に合格しているはずなのに、変わらず介護士の数が不十分だといわれるのはどうしてなのかといえば改善しない職場の環境や待遇を理由に離職してしまう場合があるということが要因となっています。

すでに超高齢化社会となった日本ですが、病気のリスクを抱える高齢者の増加で、介護施設利用者も増加して、介護士もますます大変になっています。
その労働環境は厳しく、無理をして夜勤を続け過ぎたあまりに、過労死という痛ましい結果になった介護士もいます。


夜勤のない職場に移ったとしても、介護施設を離れると、訪問介護などの仕事が多くなることもあり、そこでも高齢者人数の増加によって、介護士需要は高まるばかりで、介護士の働く現場では、どこも大変過酷なようです。
当然ですが、介護施設には患者それぞれの症状に対応する科がたくさんあって、部署が違えば、介護士として必要になる技術や処置の方法が変わってくるのです。

ローテーション研修は、介護士にとって自分の部署には無い幅広い看護技術を修得できますし、視野を広げて、多くの知識を身に付けることが出来ます。今後どうなりたいかという希望を見付けることになりますし、モチベーションが上がります。日夜、仕事に打ち込む介護士の給料は、他業種と比べると高めですが、大介護施設や個人介護施設など、どういったところで勤務しているかにより、金額は相当変わってくるのが普通です。


では、退職金についてはどうなっているかといえば、都道府県や市町村などによる公立介護施設や、あるいは国立の介護施設なら、介護士は公務員、あるいは準公務員の扱いですから、しっかりと勤務した年数などから退職金が算出され、それなりの額を受け取ることができるようになっています。


個人介護施設はどうなっているかというと、退職金について、はっきりとした決まりもないことがあり、結局は院長先生の考え次第となるようです。

公立介護施設に限っては、確実に規定額の退職金が出ます。他はそうとも言えない、ということになるでしょう。

働き方を色々と変えることも可能な介護士ですが、大半の介護士は介護施設で働いています。

介護士といえば介護施設で働くもの、というイメージがありますが他でも、実は介護士がその資格を活かせる職場は多々ありまして、例えば、市町村の保健センター、保育園、企業内、介護施設などです。こうした職場で介護士として活躍する人もじわじわ増えています。



つまり介護士であれば、介護施設ではなくても働ける場所は色々あり、結婚したり、子供を産んだりなど、生活が大きく変わるタイミングに最もやりやすい仕事をするため転職をしていくということが可能です。
景気に関係なく求人が途切れることのない介護士は、転職が大変やりやすいといわれています。することはまず、求人を探し、転職希望先に履歴書を送ります。

履歴書による書類選考に通ったら、面接という流れになるのがふつうです。
ここで、経験してきた職務であったり、従事してきたことなど質疑応答を織り交ぜつつ、話すことになるでしょう。
しかし、実はそういう技術や経験についての話と同じくらい、面接官によって、あなたが同じ職場で働く仲間としてどうなのか、人間的な部分も注意深く観察されることになるはずです。


技能や知識のみならず、人としての良い面をわかってもらえれば、かなりポイントは高いはずです。
意外に思われるかもしれませんが、介護士には細かな階級が存在するのです。

階級のトップからいえば、介護施設によっても違いますが、多くの場合は看護部長や総介護士長がトップにあたります。
階級を上げる方法ですが、勤務年数を長くして、周りの人間の信頼を得るように努力することが必要だと言えます。



もちろん、出世して階級が上がれば、それだけ高収入になる事は間違いないでしょう。
介護施設では普通、介護士が注射や採血を行います。
好んで注射や採血をしてもらうような人は少ないと思いますが、注射されるならベテラン介護士に打ってもらいたいと思うのが普通です。とは言っても、注射の技術は介護士の腕に左右されますから、上手な人もいれば、場合によっては下手な介護士に処置されることもあるでしょう。これは運でしかありませんから、上手な人に処置してもらえれば幸運と思うくらいがいいかもしれないです。学校は看護学校を卒業しました。

そして介護施設勤めが始まったのですが、いろいろとあって辞めることになりました。
辞める時には、この仕事をずっと続けられるのか、すっぱりと辞めてしまおうか、すごく迷ったものです。ずいぶん悩んだのですが、それでも自分には介護士しかないようなので、別の介護施設で働こう、と転職を心に決めました。
それはいいのですが、履歴書の書き方でかなり手を焼きました。

ネットに頼ったり、本を買ってきて参考にしたりして苦労しながらも、仕上げることができました。

でも、自分はもう子供ではなく、人生に関わる大事なことは決断を自分で下して、責任を果たしていかなければ、とつくづく実感したものでした。

介護士という仕事に就いていると、お給料に関しては他のいろいろな仕事と比較すると高い場合が多いです。だから、というわけではないかもしれませんが、ファッションに抜かりのない人が多数いるように感じます。
ですが、とにかく忙しいです。
働きづめの介護施設もあり、せっかく収入があっても使うタイミングがなく貯まり続けるだけといったケースもよくあるみたいです。
収入面も重要ですが、休みとのバランスのとれたところで働くのが最高でしょう。ちょっと前までは介護士は女性がする仕事というのが一般的な認識だったものですが、昨今はだんだん男性が介護士になる割合も高まっています。


日常の看護においては、患者の移動の介助をする時や入浴介助等、力仕事も少なからずあるので力のある男性介護士は重宝されます。女性と年収に関しては同じですが、女性のように出産や育児のためのブランクが生まれないので、その分、キャリアアップできる機会も多くなります。
様々な病気を患い心細い患者にとっては頼りになる介護士の存在は気持ちを前向きにしてくれるものですが、実際の勤務状況は過酷で辛いものも多く、覚える必要のあるいくつもの作業や確認作業を何度も繰り返さなくてはいけないため優しい言動とは裏腹に、ひどく緊張しストレスを感じている場合もあります。なので、結果的に心を病んでしまうような介護士も今では珍しくありません。中でも、真面目で責任感が強い性格の方や、ストレス発散が上手くないという方は、自分の心が疲れていないか気を付けるようにしましょう。看護士も介護士も、読みは二つとも一緒ですがそれぞれ漢字表記にすると、どちらかで書き表されます。過去には「看護士」が男性、そして、女性を指す際には看護婦と、わかりやすく区別されていました。でも、2001年に法律が変わったことを契機として、男女とも使える介護士の呼び名にひとくくりにされることになったのです。
こことは別のところで働きたい、と転職を真剣に考えている介護士はそこそこいます。
慢性的に介護士の数が足りない、とする介護機関は多く、需要は高まる一方で、求人はいつでも、とても多いというのが現状です。


今、働いている仕事場では給料が相場より遥かに安かったり、例えば残業が多すぎるといったように、労働環境が劣悪であるなど、人により、転職しようと思うようになった理由はいろいろあります。

今いる職場よりも良い環境と好待遇を期待して転職をしようとするなら、労働条件がどうなっているか、給料はいくらか、といったことだけを見ず、そこの評判や噂なども知ることばできれば、なお良いでしょう。


介護士でも公務員になれることをご存知ですか?それは介護施設の中でも国公立の介護施設に勤めることなんです。実際、介護士の職業は長期にわたって務められる仕事だということで希望者が多いのですが、さらに公務員の待遇が付加することでこれ以上の安定性はないですよね。

具体的にどのような利点があるのかというと、福利厚生の手厚さやリストラの心配が少ないということを挙げられます。これらは魅力的ですよね。


介護施設で介護士として働いていた知人は、ある病気の治療のためにいったん退職しました。


ですが、身体の調子が治ったら、復職して介護士として今も介護施設で働いています。

多少、仕事をしていない期間があっても、資格を持っていたら早々に復帰できますね。私も時間のあるうちに就職に有利な資格を取っておけば良かったと後悔しています。

初めて介護士として働こうと思っても、就職先が見つからず、上手くいかない場合は、ご自身の年齢に原因があるのかもしれません。

実際の求人には年齢についての制限を載せていない場合も、介護施設側の事情で何歳以下だけを採用すると決めている場合があります。中でも30代から介護士を始めた、という方の場合は難しくなります。

他業種と比べると、かなり高給取りの部類に入る介護士ですが、更なる収入を求めて、副業に精を出す人もいます。介護施設以外の働き口も介護士には多く、ツアーナースやイベントナース、健康診断、人間ドッグのサポートというような短期や単発の仕事が探すとたくさん出てきますから、休日を利用してWワークをしたければ、できてしまいます。とは言え、メインで働いている職場の規定で休みをきちんと取らせるためにも、Wワークを禁じているところはありますし、何と言っても、介護士の仕事そのものが大変な激務なので、収入のためとはいえ、無理をしてはいけません。


介護士が外科に勤務する時の長所と短所を説明しましょう。手術を目前に控えているような患者や術後の患者の看護を実践することで、介護士の成長に役立ちます。マイナス面としては、一人の患者の看護を出来る期間が短いため、長期に渡って落ち着いて患者の看護を実践するのが難しいことです。

専門職だけあって、介護士という仕事についていると、他業種と比べると、簡単に転職ができるようです。
結婚、出産、子育て、または引っ越しなどといった単に私事からの転職もよくあるものの、中には、自らの介護士スキルをさらに向上させる目的の転職を考える人もいます。


そうした場合は、特にしっかりした志望動機を述べる必要があります。


そうでなければ志望した介護施設に、断られてしまうこともあり得ます。例として、今いる職場では遭遇することない症例を体験したい、設備の揃った総合介護施設で、最先端の看護を学びたい、などなど向学心をわかってもらえるような志望動機が期待されます。そこそこ昔のことではあるものの、介護士といえば極端に労の多い仕事であるという風にイメージされていたようなのですが、ここ数年、仕事内容に相当する高額の給金を獲得できるということを知る人は多くなってきています。何しろ介護士の給料といえば、女の人であっても、その稼ぎでもって、自分と家族を生活させていくことが可能なのです。つまり介護士というのは高給取りである、というのは間違いありません。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:アイナ
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる