見開きの風俗 

August 03 [Tue], 2010, 13:55
今日、家に帰ったらパパンが嬉しそうに話しかけてきた。
市販されている書籍にありがちな、一般論ではありません。
帰省中です。
元々、寡黙なほうではなかったのですが。
語気(発声?)が強すぎて、しかも早口で、大阪ホテヘルに全く心がこもってない
行ってみるとブルーベリーの収穫はそろそろ終わりに近く、かわりにラズベリーが最盛期になっているとの話。
手荷物10kg、スーツケース19.9kgを持って新千歳空港へ。
夜は奥さんの手料理をいただき(これがまた超美味しかった!!)、なにか私まで新婚の幸せな気分をおすそ分けしてもらったような気分で帰ってきました。
そうなった時、家族や友人はその時のわたしを愛してくれる訳ではなく、日本橋ホテヘルの思い出を慈しんで世話をしてくれるのだろう。
あぁ、無駄使いって素敵。
週末の仕事納め&帰省へ向けて、着々と準備を進めています。
冷蔵庫の上から落ちてきた置時計が私の側頭部を直撃!
まだ梅田ホテヘルなのに
太鼓の達人やって〜。
P R