マンション管理士試験 過去問は解くものではなくて暗記するもの?

October 12 [Tue], 2010, 10:30
マンション管理士試験に限りませんが、資格試験では過去問が大切であるということがよく言われています。

なぜ、過去問が大切といわれているのか?

そのわけとしては、まず、過去問を勉強することで、出題傾向を把握することが大切だということが上げられます。
いくら、テキストで勉強したとしても、実際の出題がどうなっているのかを把握できなければ、合格することはできません。
そこで、過去問を研究して、どんな出題傾向になっているのかを知っておくことが大切であるといわれています。
では、実際に、勉強するときはどのようにして勉強したらいいのでしょうか?

初めて、資格の勉強をする方には、「何回、過去問を解けばいいのか?」わからないという方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、過去問は、解かなければならない回数が決まっているわけではありません。
過去問は、「何回やればいいか?」ではなくて、とにかく、「暗記」するくらいまでやりこむことが大切です。
ある司法試験の合格者は、「合格するための秘訣は、過去問を暗記してしまうことだ」と言っていました。
最初は、わからなくても、何度も何度も繰り返し解いて、暗記するほどまでやってしまえば、自然に、頭の中に入ってくるそうです。

過去問を暗記するということは、司法試験だけでなくて、どんな資格試験にも当てはまるテクニックであるといえます。

過去問を暗記するくらいやりこんでしまえば


続きを読む
P R

<資格>

建築士の資格を取ろう!

インテリアコーディネーターの資格を取ろう

CADの資格を取ろう

福祉住環境コーディネーターの資格を取ろう

宅建の資格を取ろう

マンション管理士の資格を取ろう

電気工事士の資格を取ろう


<ニュース>

建築知識入門

建設業許可申請


<求人>

建築士の求人

インテリアコーディネーターの求人

CADの求人

福祉住環境コーディネーターの求人


<おすすめ>

ホームセキュリティを導入しよう

一戸建てで失敗しないために

相互リンク 行政書士に相談 資格 行政書士 司法書士 社会保険労務士 中小企業診断士 弁理士 法科大学院(司法試験) 宅地建物取引主任者(宅建) マンション管理士・管理業務主任者 土地家屋調査士・測量士補 不動産鑑定士 日商簿記 ファイナンシャルプランナー 税理士 公認会計士 CPA(米国公認会計士) 宅建 行政書士 建築士・施工管理技士 職人 行政書士事務所 相続 建設業許可 離婚 高校受験ナビ FP 医療保険 終身保険 定期保険 がん保険 個人年金保険 自動車保険 火災保険 傷害保険 地震保険 建築士 インテリアコーディネーター CAD 福祉住環境コーディネーター 宅建 マンション管理士 電気工事士 建築知識入門 建設業許可申請 ホームセキュリティ リフォーム 中学受験 大学受験 内容証明郵便 印鑑・はんこ 仏壇・仏具・位牌 手紙 挨拶文 文例 書き方と冠婚葬祭のマナー 契約書の書き方 ネットショップ ショッピングモール Yahoo!へのカテゴリー登録 士業のレンタルサーバ 建設業のレンタルサーバ ビジネスレンタルサーバ