テニス フォアハンド グリップの握り方

October 21 [Fri], 2011, 7:30



試合で勝てるようになりたいと、頑張って練習しているものの、なかなか上達せずにいたとしても、
自分の弱点がどんどん克服されていき、ゲームでは安定したプレーができるようになる練習法がこちら







数々の大会で優勝経験を持ち、指導者としても1000人以上の上達をサポートしてきた右近貴志さんは、

効果的な指導方法を常に研究し、自分のレッスンで実践しながら教え方を工夫し続けていることで評判となっています。




ちなみに、優勝したことのある大会は、最近では、


2010年全日本グラスコートベテラン選手権 35歳 ダブルス優勝
関西オープン選手権 35歳 ダブルス優勝(09年と10年で連覇)
毎日オープン選手権 35歳     ダブルス優勝(08年と09年で連覇、11年)
全日本ベテランテニス選手権 35歳 ダブルス優勝(08年と09年で連覇)


などなど、1年に1回以上は何かしらの大会で一位を獲得しています。
右近さんの詳細なプロフィールはこちら








試合に強くなるテニス〜簡単に勝てるダブルス〜は、

ダブルス上達の2つのポイントを中心に、試合で勝つための戦略・戦術が学べるほか、

あなたのテニス・テクニックを短期間で効率よく伸ばしていく練習法が公開されています。



たとえば、

・トスを上げた胸、頭の向きをそのまま保つ形でラケットを振ることがコツ

・ストロークは実際に打っているポイントからネットの上1mを通して行くボールのイメージをしっかり持っておくことが大切


などなど、映像なしでも説明を聞くだけでイメージがわいてしまうくらい、丁寧な解説が特徴となっていて、

右近さんいわく「擬音語を避けて、できるだけ具体的な言葉で説明」しているとのこと。




動画では、普段見ることのできない様々な視点から撮影されているため、

あなたの想像と大きく違うところもあることに気づくことができ、練習で改善すべき点が明確になります。




具体的にどんな練習をしていくのかというのは、こちらに詳細な説明がありますので、

内容を整理してポイントをあげていくと、↓のような感じです。








■ストロークの打点のイメージと現実とのギャップ

■サービスのトスアップで空間に的をしっかりと作っていく方法

■飛んでくる方向と打ちに行く方向に違いがあるボレーボレーの練習

■デュースサイドからのサーブの戦術・戦略















試合に強くなるテニス〜簡単に勝てるダブルス〜のホームページには、

右近貴志さんあてに寄せられたたくさんの体験談の一部が紹介されています。






右近コーチの説明がシンプルで解りやすく、コーチのコート上での動き、ボールの軌道がわかり易いDVDだと思います。

サービスからの平行陣での4人の動きがとても参考になります。

レッスンでも あまり触れられない内容ばかりで とても役立ちました。

見ていても非常に楽しくなります。







彼らの声にあるように、最初は↓のような状態だった人が多かったものの、





■いくらテニススクールに通っても上達しない

■自分の欠点をカバーする方法が分からない

■ストロークが安定しない

■フォームのバランスが悪い









体格も小さいし体力もない小学生でも、余裕で実践できるほど手軽な練習で、

どんどんテニスが上達していっています。


あなたも、へとへとになって立てなくなるほどの練習を何時間も続けることなく、

↓のようになることができます。






■凡ミスをほとんどしなくなる

■勝ちパターンができ上がる

■周囲から羨望のまなざしで見られる

■テニスレッスン本の内容を理解して実践できるようになる。












試合を有利に運べる戦略を使いこなして、実力差のあるチームにも善戦して勝利できるようになるにはこちら














下園壮太口コミ
福永亜由美韓国語勉強法口コミ
人に好かれる会話術

P R
カテゴリアーカイブ
Add to Google
My Yahoo!に追加
  • seo

人気ホームページランキング

オーストラリアドルでFX取引
テニス ダブルス ダブルスは秘密のポジショニングを知れば勝てる
試合に強くなるテニス 右近貴志 ネタバレ感想

ブログランキング
  • 無料SEO対策