ちょっと残酷物語 

2007年01月07日(日) 11時42分

スカラ広場からドゥオモ広場まで大きなアーケードが続きます。
ヴィットリオ・エマヌエーレ2世のガッレリア(通称ガレリア)です


アーチ型のガラス天井がとにかく美しい
向こうはまだクリスマス真っ只中で綺麗なツリーも飾られてました
しかもこのツリー下にちょろっと写ってますがスワロのツリーなのよ。豪華〜


ガレリアは十字の形をしていて、交わる真ん中の天井付近にヨーロッパ・アメリカ・アジア・アフリカの四大陸を表すフレスコ画が描かれています。
シャレたカフェやお店が沢山あって見ているだけで満たされるね

そこでひときわ目立っているのは黄金のマクドナルド
赤と黄色でお馴染みのマックですが、現地のマックは金色なんです。
しかも向かいがLOUIS VUITTONPRADA(本店)ときたもんだ。
そのリッチな立地(ププッ)に、出来た当時は「マジでここに出店すんの」って声があったみたい。世界一ゴージャスなマックじゃないのかな〜
あ、そういえばここマックカフェとやらがあってメニューもちょっと違うのがあるみたいよ。カプチーノとか飲んでみたかったなぁ


上ばかり見てないで足元にも注目
踏んで歩くのが勿体ない大理石を散りばめたモザイク模様の床は、白十字のサヴォイア家の紋章の周りにイタリアの主要4都市が表されてます。
ミラノ赤十字  ローマ  フィレンツェ百合  トリノ雄牛といったように、それぞれのシンボルで彩られています。
ここでトリノの雄牛をご覧頂きたい。










心の準備は出来てるか…









本当にいいんだな…













ドン




キン●マえぐれてるぅぅうう〜〜〜〜


これ見たらこう叫ばずにはいられんって
何故こんな可哀想な事態になっているかというと局部にかかとを合わせて1回転すると幸せになるという言い伝えがあるから。
「し、幸せになりたい…」と世界中からハングリーな人達が訪れ回転するもんだから削れて削れてこんなんなっちゃったんだわ。
何度か貼りかえているみたいだけどすぐ穴開いちゃうんですと。
誰が言い出したかわからない都市伝説に皆踊らされてくーるくる

ま〜わる ま〜わるよ 時代はまわる〜(BGM:中島みゆき【時代】)

欲張りな私は4回転しときました
今履いているのは例のブーツ。間違いなく牛が悲鳴を上げてます。
ミラノ住人は無邪気にシンボルの上で回っている観光客をどう思ってるか気になる今日この頃…

拝啓、ダヴィンチ様 

2007年01月07日(日) 8時28分

城を後にし、次なる目的地に向かうツアー御一行。
こんな感じの街中をバスは走ります。
何気ない建物も素敵だよね






もう少しで次の目的地…という所でバスを降ります。イタリアの街中は観光バスの規制が厳しくて、市街の手前で降りて歩く事が多いんだわ。
乗り降りも急いで行わなければなりません
急がないと轢かれます。道路を走る車はスピードびゅんびゅんなので、ボケっとしてたら冗談じゃなく轢かれます。
こっちは車優先みたい

交通マナーが悪いので路駐も酷いんだな。
道路脇には前後の間がほとんど無い車がズラ〜〜
どうやって停めたのと思うような光景が見られて楽しいよ(笑)


そんな殺人車をかわしながら少し歩くとこぢんまりとしたスカラ広場に到着。
イタリアには広場(piazza)が沢山あるんですね。



「おう、お前らよく来たな

「まぁ、ゆっくりして行けや(カメラ目線)
スカラ広場ではレオナルド・ダヴィンチ像がお出迎えしてくれます。
周りにいるのは4人のお弟子さん達。

そんなスカラ広場の名前の元になったあの有名なスカラ座がコチラ
念のため言っとくが映画館じゃないぞ。



建物はシンプルだけど、中は凄いらしい
いっぺん本場のオペラに酔いしれてみたいですね〜。
手前に写ってるのはトラムという路面電車
これにも気をつけないと轢かれます。(しつこい)

城ってテンション上がるね! 

2007年01月07日(日) 7時29分
最初の目的地、スフォルツェスコ城に到着


一応お城なんですが、要塞も兼ねていたらしいので渋く感じました
空が曇っていたからかしら…
ここで1人のイタリア人女性と合流。
実はイタリアでは観光案内をする際、国家認定免許を持った人と一緒じゃないとガイド業務を行ってはいけないらしいんです。
実際その人がガイドしなくても良いらしいの。いるだけでOK
日本人でライセンスを持ってる人は少ないそうですよ。




う〜ん絵になる15世紀にフランチェスコ・スフォルツァ公爵ヴィスコンティ家の居城として建てられた城を改装し、自らの居城としたそうです。
世界史に弱い私はちんぷんかんぷん
スフォルツァ家はルネッサンスに手を差し伸べた偉い人なんですよね…



スプラァァァァァアアァアァアッシュ
噴水前で今回の旅行が楽しいものでありますようにと願いを込めて記念撮影
波紋を極めましたファン●ジアのミッ●ーもビックリやね。



城前で派手なワゴン車を発見。甘栗の文字が目立ちます…(笑)
きっと日本人観光客が多いんでしょうね。
でもイタリアまで来て甘栗食いたくないわ〜
(それ以前に私栗嫌い…)

メカラウロコなお話 

2007年01月07日(日) 1時19分
さぁ〜て今日から本格的に観光開始ですよッ
8時半にホテル出発。バスに乗り込みます
ドライバーはアントニオさん。
アントニオってイタリアで2番目か3番目に多い名前なんだとか。

途中、バスに日本人の現地ガイドさんが乗って来ました。
車内で彼女から興味深い話を聞きました。

イタリア人といえばよく食べ、よく歌い、よく愛を語るというイメージがあります。
ラテン独特の陽気な人種と思いきや意外と根暗な面を持ち合わせているとか。
地元を愛しててプライドが高く、職人気質。
職人気質なのはわかる気がするな〜手作りを大事にしてるというか。
なのでイタリアじゃ中小企業が9割を占めているそうです

話を聞く限りでは本当にお国自体いい加減で
街中にある時計は合ってる物なんてありません。TVでさえ始まるのが遅れるんやって。唯一時間通りに始まるのがサッカー何か納得
適当ゆえ計算も弱く買い物してお釣り間違えられるのも日常茶飯事らしいよ。
日本じゃ考えらんないですね
サービス精神が凄くて人を喜ばせてあげるのが大好きな彼ら。
道を聞かれたらわからなくても答えちゃうそうなので気をつけて下さいとの事(笑)

"生涯現役"な伊達男ブランドで有名なイタリア人男性についての話も面白かったです
タラシというか、まんまイメージ通りの人達なので結婚したら女性が実権を握ると上手くいくそうです要は尻に敷いとけって事かな。
そんなパワフルな母親に育てられたイタリア人男性はマザコンなんやって
デートで待ち合わせしてても「ゴメン、ママを迎えに行かなきゃなんないんだ」とブッチされたりするらしい。
家族愛の延長上みたいに思えたんですが、実際こんな事されたらムカつくかもしれません(笑)

でもやっぱ日本のマザコンとはちょっと違う気がします。
あの冬彦さんとかは母親の方が過保護になってああなっちゃったって感じがする。
ちなみに私はマザコンとロリコンだったらマザコンの方が許せますよ。

今私達がいるミラノの話も聞きました。
イタリアは南北で貧富の差があるらしく、南に行けば行くほど田舎になり治安も悪くなるそうです。
北西に位置するミラノはイタリア経済の70%を支えてるらしい。
そーいやミラノコレクションとかリッチな感じするよね

手遅れになる前に… 

2007年01月06日(土) 11時43分
旅行初日は移動ばかりで写真ほとんど撮ってません
とりあえずホテルの写真をUP

この日のお宿はHOTEL ELITIS




こちらはトイレの写真(お食事中の方ごめんなさいね)


便器の横にあるのは何とお思いになった方、これはビデです。
シャワートイレにあるあのビデ、元はこれからきてるそうよ。
お風呂は適当にシャワーで済ますのに、局部は清潔にってこだわりがディモールト良いッ


ちょっとここでイタリアのトイレ事情について書きたいと思います。
はっきり言って良くないです…
公衆トイレがまずなく、お店のトイレも有料(チップ制)な所が多いのです。
いくらか決まってない所でもお店では何か注文するのが礼儀なので結局お金かかるんですよね。
日本みたいに
「ちょっと待って。ローソンでトイレしてくる〜」
なんて簡単にいかんのです。
私はトイレが遠いので割と平気でしたが、一緒に参加したちーちゃんはトイレが近くお腹が弱いのでそれ聞いて凹んでました

しかも水の流れも悪いすぐ詰まっちゃうんやって。
で、それ防止の為に使ったペーパーは流さないでゴミ箱に捨ててねっていう事でゴミ箱がでーんと置いてあったりするんですよ。
音消しの為に水を流すなんて言語道断
飲料水もミネラルウォーターを買わなきゃいけないんだよね。
日本がいかに水に恵まれてるか改めて知らされました。

鍵が壊れてるってのもしょちゅうで、出る時はドアを開けとくらしいんです。
開けられちゃうんじゃないか…ドキドキというスリルが本来リラックスする場で味わえるのでMの人にはもってこいやね(すみません…)

私お手洗い(ここへきていきなり丁寧)に関してはデリケートで、アパート決める時もまずユニットバスじゃないのが第一条件だったり、出先でも駅のトイレは絶対使わない、ちゃんとしたデパートの洋式じゃないとしたくないんですよ。ワガママ〜
でもこれが結構慣れるもんなんです。
便座無くても平気になっちゃうんです
座る時何度も「うひょォオウッとなりましたが。これも


いよいよ明日からいよいよ観光スタート。
空港チェックで何度もひっかかったおニューのブーツで8日間臨みます
貰った旅行マニュアルの「イタリアの街は石畳が多くスニーカーが望ましい」というアドバイスは完璧無視。
ヒールのあるブーツ履いてミラノの街歩きたかったんやもん


自分の家以外じゃなかなか寝付けない私ですが、長時間移動の疲れもあってこの日はぐっすり眠れました

トッティすとらいくッ★ 

2007年01月06日(土) 10時23分
1時間半後覚醒――。
げ、まだ8時間以上もあんのか…。
むにゃむにゃしながら備え付けのTVでプラダを着た悪魔鑑賞。
これ観たかったの〜
面白くて観てるうちにすっかり目が冴えました。

そろそろ動かねばと席を立ち、トイレ横のスペースでエコノミー症候群対策にストレッチをしているとカーテンの隙間から乗務員トリオが私に向けて何やらジェスチャーをやってくるではありませんか。
それ、どう見ても「寒い?こっちにおいでとしか見えないんですけど。

ど〜すんの、ど〜すんの俺(オダギリジョー風に)

「突入」「遠慮」「逃走」と書かれたカードが脳内によぎる。
気分的には乗務員'sの男波にダイブしたい気持ちでいっぱいでしたが、後で怒られたら嫌だなぁとここは「遠慮」を選択。
部屋の手前で立ってしばらくお喋りしてました。みんなとてもフレンドリー

楽しかった〜とここでトイレに入るとアクシデント
前の人のトイレットペーパーが中にくっついてたんです。水流しても取れなくて、でも触るの嫌だしどうしよう…と助けを求めて再びカーテン裏の彼らの所に行ったんですが何て言えばいいのかわからない
ここでとっさに口から出た言葉が

「トイレットペーパーステイ

当然私の英語は通じるハズもなく、乗務員その1(トッティ似)は新しいトイレットペーパーを持って来てました…。嗚呼、恥ずかしい…。
でもすぐ日本人の方が来て下さいペーパーを取ってくれました。
ありがとうございます〜と言ってる真横でトッティがおもむろにペーパーの紙を破ったかと思うとそのまま便器の中にゴミをスポーーーーーン


Σ(゚ロ゚;)


これを見た日本人CAさんが

「ここに捨てるかぁぁあああああ

と叫んでました(本当にこう言ってた)初めて見たよキレるスッチー(笑)
この光景が相当可笑しくてかなり笑っちゃいましたよ
マイペースで適当なイタリア人真面目で完璧主義の日本人って実は水と油のような関係なのかしら

ゲラゲラ笑った後は大人しく席に戻って本日2度目の就寝
だって暇なんやもん。寝れる時に寝ておかないとね。
明日からハードスケジュールが待ってるんやから。

着陸2時間前にまた機内食が出ました。パンにハムにチーズの軽い朝食風。
ケーキもあったぞ
もうすぐ降りちゃうんだ、と最後の力を振り絞ってワインを飲む私。

現地時間19時半過ぎにローマのフィウミチーノ空港(別名:レオナルド・ダ・ヴィンチ空港)に到着
着陸直前、機内から見えたオレンジの夜景に感動したよ~
乗り継ぎだった為、しばらく空港内で時間を潰します。
やたら空いてるな〜と思ったら今日1/6はイタリアの祝日だったみたい。
そーいや祝日は店などが休みだからこの日出発日にしたんだった。
スカイブリッジという空港内を走るモノレールに少しの間だけど乗れてテンション上がりました男の子ばりに乗り物好きなので
アリタリアの飛行機、正面から見るとゴマちゃんに似てるんだよ。

飛行機を乗り継いでローマからミラノへ。ミラノのリナーテ空港に着いたのは22時半。1時間かかんないくらいで着きました。
空港スタッフさん達は時間も遅いせいもあってかやる気なさげ。
ここでもセキュリティチェックがあり、ブーツが鳴ったら足をつかまれこれでもかってくらい揉まれました
マッサージみたくてちょっと気持ち良かった(笑)足むくんだもんな〜。

ホテルへは専用バスで移動。日付が変わりそうな頃チェックイン。
さすがに疲れたね…

さらば日本 

2007年01月06日(土) 8時54分
今回私達が使ったのはアリタリア航空という航空会社。
イタリアのフラッグ・キャリアやそうな。
どんな感じなんやろうと出発前ネットで評判を見ると

飛行機がボロい
乗務員のサービスが悪い
機内食がマズイ


という意見がちょこちょこありまして。
確かに機体は新しくないけど(私の席の手すり亀裂入ってた)、トイレも別に普通だったし、乗務員も日本の航空会社に比べたらどこだって劣ると思うし、機内食なんて好みだからね〜。ストがなかっただけありがたいか。
(擁護し過ぎ)

私達の席は機内の1番後ろでした。やった、トイレに近い
飛行機が動き出し、目の前のモニターに非常の際の注意のシュールなアニメが流れいよいよ離陸。離陸の時はいつもナーバスです
あの独特のジェットコースターのような加速は好きなんですが、その後ふと「何でこんな鉄の塊が空を飛んでいるんだ」とベタな不安に陥ってしまうのです。

朝から降っていた雨は全くやむ気配がなく、窓からの景色は灰色一色。
後から聞いたんですが、私達が出発した日の翌日の便は更に天気が悪くなったみたいで欠航だったらしいです。飛んで良かった〜〜

日本からイタリアまでは約1万km。12時間のフライトです。
早速ブーツを脱ぎ捨て無印で買ったスリッパになる私。
離陸して1時間程して機内食が出ました。イタリアンと日本食から選ぶ感じ。
イタリアンが食べたかったんやけど数が足りなくて日本食になりました
メニューはおこわと白身魚と…後なんだっけ
写真撮れなかったので良く覚えてませんが温かくてデザートもついてて結構美味しかったですよ。飲み物はちゃっかりワインを頂きました

食事が終わると機内が暗くなり消灯――。
暗くなると眠くなるのが人間です。
前日一睡もしてなかった私はすぐ眠りにつけました

成田空港までがしんどい 

2007年01月06日(土) 5時06分
2007年1月6日〜1月13日の8日間イタリアに行って来ました
海外行った事ないのに、1人で行く気満々で新個人旅行(ガイドブック)を読みまくった去年の夏から半年。
勿論、イタリア語はおろか英語もろくに喋れません。
いったいどこから来る自信なんだって
私、笑顔で何でも解決すると思ってますから(笑)
コミュニケーションをとろうって意志が大切。

おかんにこの事を話したら、1人はやめときなさいと言われました。

「大丈夫、寂しくないし怖くもないよ。心配してくれてありがとう」
「違う違う。あんたどうせ『イタリア楽しい〜ここに住む』とか言い出して帰って来んやろ移住は後にしられ。でも格好イイ若い子いたらヨロピク




親子の愛ってなんだろうね………。

(しかもこの後おかんは「あ、お母さんロリコンじゃないよっ」て言ってた)



出発日は仏滅。
天気は雨。しかもかなりのどしゃぶり
窓の外と大きなスーツケースを交互に見てこれは無理だと結局タクシー呼びました…。アイター。
空港までは京成スカイライナー使ったよ。日暮里から1時間かかんないぐらい
タク代と合わせると結構な額になっちゃいましたが、いっぺん乗ってみたかったからいいや大きな荷物を入れとくスペースもありなかなか快適でした。

空港で一緒に行くちーちゃんと待ち合わせ。成田初めてで戸惑いつつ無事合流。
忘れ物ないよね〜と言われて重大な物を忘れた事に気付く。

眼鏡忘れた……

まぁ今コンタクトしてるからいっか、と早々に諦める私。
集合時間までしばらく時間があったので空港内をウロついているとお揃いのブレザーを着た美形集団に遭遇

「ぎゃぁああ〜カメラカメラ
「手ぇ振ってみようか


2人して大パニック(笑)
男女とも美人だったのでこりゃどこかのCAさんじゃないのかなぁ〜なんて話してました。

そして13時ちょい前に空港第1ターミナル北ウィングに集合。
同じツアーに参加する人達は40人程で、私達のように友達同士や親子、カップルなど色んな方がいました。

添乗員さんと初対面。穏やかそうな女性の方で一安心
ここで空港使用料etc…を払いチケットを貰いました。

荷物を預けてセキュリティチェックへ。
自慢じゃないけど、私これで鳴らなかった事いっぺんもありません (本当に自慢になってない)
指輪や時計外してゲートをくぐると


ピピピピピピピピピ――――――


案の定鳴りやがった

「足元が反応してますね。履物脱いでもう1度お願いします」

私ウエスタンブーツ履いてるんですがどこに金属が…
同じくブーツ(しかもジッパーやらベルトやらごてっとついている)を履いていたちーちゃんは鳴ってなかったのに。

「靴底に金属が入ってる場合が多いんですよ〜」

へ〜そうなんだ。そういう事なら、とブーツを脱いで再びゲートへ。


ピピピピピピピピピ――――――


今度は何
さすがに2度も鳴るなんて初めてなのでビビる私…。

「今ゲートに触りました
「さ、触りました。すみません


どうやら触れると反応してしまうみたいですね。
3度目の正直でやっとセキュリティチェックをクリア。焦った〜

出国審査はあっさり終わりました。初めて押されたスタンプに感動。
たくさん海外に行って早くスタンプでいっぱいにしたいな〜
搭乗までの待ち時間にラーメンと巻き寿司を食べて腹ごしらえ。
しばらく日本食食べれんもんね。

出発時刻の30分前に搭乗。いよいよ機内へ
フライトに同行する乗務員さんが話しかけてきました。

「Hello,ナカヘドウゾ」
「Thank you…ん

アナタはさっき空港で見たべっぴんさんではおまへんか
なんて幸先の良いスタートなんだ


ユーキは酔ってもないのに千鳥足で席に向かいましたとさ。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ユーキ
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 現住所:東京都
読者になる
イタリアに行って来ました
初・海外ですよ〜
あまりにも楽しくて
逆ホームシックになっちゃった。
現地で体験した事を
少しずつ書いてこうと思います。
ちなみに"Ciao bella"って
「やぁ、可愛い子ちゃん」って
意味なんやって。
2007年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像ユーキ
» トッティすとらいくッ★ (2007年01月24日)
アイコン画像TOMO
» トッティすとらいくッ★ (2007年01月21日)
Yapme!一覧
読者になる