12本のバラに託された誓いとは

July 14 [Tue], 2009, 23:01
昔、男性が想いを寄せていた女性に花束を贈ってプロポーズしたというブートニアの伝説。
結婚式でも演出の中で再現したりしますね。
ですが、あの伝説には実は深い意味があるのを知っていましたか。
結婚を申し込むため、女性の家へ向かった男性は、その途中で野に咲くバラの花を12本摘み、そして12の誓いを立てました。
男性はその誓いの言葉を自分が選んだ12本のバラに託し、花束にして女性に手渡し、生涯変わらぬ永遠の愛を誓いました。
女性はプロポーズを受け、その花束を取り、その愛を受け入れる証としました。
女性は12本のバラの中から一輪だけを抜き、12の誓いの中から一番大切にしてほしい誓いを託して、男性の胸に1本のバラを飾って応えたといいます。
また男性は選ばれたバラに託された誓いを守り抜くことを再び誓う。これがブーケ、ブートニアの始まりとなったのです。

男性がバラに託した誓いとは何だったのでしょうか。
12本のバラに託された誓いとは、情熱・永遠・真実・栄光・誠実・感謝・努力・希望・尊敬・幸福・信頼・愛情 だったといいます。

あなたは今どんな誓いの言葉を想像しましたか。
それはきっとあなたが、大切な人との新しい生活に踏み出すために、あなたがもっとも大切に思うことなのです。
長い結婚生活には、様々なことがあります。愛を見失い、誓いを忘れそうになるかもしれません。
それでも、プロポーズの、あの幸せなときを思い出し、二人固く結んだ誓いを守り抜き、幸せになっていってほしいと心から願っています。

プロポーズの記念品選び

July 14 [Tue], 2009, 22:58
プロポーズの際には指輪を添えるのが一般的ですが、何もそう限ったことではありません。
あくまで愛の証ですから、指輪でなくともほかの貴金属や、あえて違うものでもよいのです。
結婚指輪同様に指輪をしない派の人は、ペアで選んだウォッチだったり、ダイヤのピアスを送ったりというのも素敵です。

また女性の永遠の憧れ、バラの花束はプロポーズの花とも言われ、プロポーズに贈る花としてもお勧めです。
赤いバラは、古くからヨーロッパでも愛を伝える花とされています。
もちろんどんな薔薇にも愛を表現する意味がありますので、赤でなくとも他の色の薔薇でもいいのです。
ですが、赤いバラの花束をもらう経験というのは、女性にとっても一生の中でそう滅多にあることではありません。
普通の花束よりも、赤いバラの花束をプレゼントされた記憶は深くのこるものかもしれません。
いつまでも心に残るプロポーズの演出の大役としては赤いバラの花束は印象的かもしれませんね。

ちょっと変わったものでは、男性の苗字の印鑑などというのもあります。
もし、あなたが男性なら、彼女があなたの姓を書いたり、名乗ったりするのをみたときに とても幸せな気持ちになるでしょう。
でもちょっと考えてみてください。
彼女にとっての彼女の姓は、あなたと結婚するまでの生まれてからずっと使い続けてきたとても馴染みのあるものなのです。
結婚したからといって、突然その旧姓でなくなることに、彼女は少し戸惑いがあるかも知れません。
その戸惑いを少しでも和らげてあげることができたら、とても素晴らしいことだと思いませんか?
あなたの姓になる彼女を見て、あなたがとても幸せを感じていること、うれしく思っていることを言葉の代わりに形にして伝えてあげませんか?
新しい姓である、あなたの苗字が刻まれた印鑑を彼女にプレゼントしてみてはいかがですか。
それこそ新たな人生を最高のパートナーと一緒に歩み始められることへのあなたの決意とうれしさを伝えることに他なりません。
華やかなバラのプリザーブドフラワーに飾られた印鑑をプレゼントして、あなたのその気持ちを彼女に伝えてみましょう。
「株式会社はんこ屋東京」がお勧めするプレゼント印鑑は、プリザーブドフラワーと印鑑が一緒になった、ブライダル向けのオリジナル商品です。
印鑑の種類は、実印と銀行印の2種類から選べます。
添えられたブリザーブドフラワーは、自然でソフトな感触と鮮やかさを長期間楽しむことができ、お部屋に飾って見る度に、プロポーズの感動が思い出されます。
また印鑑に添えられるのは花だけでなく、キュートな赤バラのウェディングケーキやプリンセスハートやローズガーデン、幸せを運ぶベア、エンジェルボックスなど多彩にアレンジできます。
ロマンチックでスイートな言葉を添えて愛の印鑑とともに、心のこもった温かいプロポーズをしてみてはいかが。

プロポーズ失敗例

July 14 [Tue], 2009, 22:56
プロポーズは、する側にとっても、される側にとっても人生最大の決断ですから成功するにこしたことはありません。
しかしながら残念にも失敗してしまったというパターンも紹介しておきましょう。
今後の参考にでもなれば、どうぞ。

まずはプロポーズの言葉。これが一番大切なのですが、よく考えて何度も練習したはずなのに土壇場になって失敗してしまうこともあるものです。
予約したお洒落な店なのに、緊張してつい飲みすぎてしまい、しどろもどろ。
彼女にしてみればそこはビシッと決めてもらいたいところ。くれぐれも飲みすぎにご注意を。
またいくら気の置けない中だといっても酔った勢いはいけません。
語気が命令形だったり、乱暴だったりしてはせっかくの言葉も興ざめ。
この日ばかりは紳士的に、スマートにお願いしたいものですね。

プロポーズの言葉ですが、毎年様々な団体で心に残ったプロポーズの言葉コンテストというのが催されていますが、そんなところも参考にオリジナルにアレンジしてみてはいかがでしょう。
ただし、弱気なものはいけません。
「こんな人生だけど・・」「結婚〜してみませんか」などという弱気な申し込みは、これから二人で歩んでいく将来に不安を持たせてしまいます。
心に残る言葉、思い出の言葉は女性がついていきたくなるようなものであってもらいたいですね。

これまで様々に演出について取り上げましたが、もちろんNGな演出というのもあります。
メールでのプロポーズはNG。
結婚情報サイトなどのアンケートでも気弱そうと、負の印象。
付き合い始めの告白ならともかく、いくらいまどきといえども、この日ばかりは特別。ちゃんと目を見て言いましょう。
その他特別な演出も、何を喜んでくれるかは女性の性格による部分もあり、恋人のことをよく理解しておくことも重要なようです。
特別に華やかな一日ももちろん素敵ですが、分不相応な過度の消費は考えものですから、心に残る演出を考えてみてください。

プロポーズと花にまつわる昔話

July 14 [Tue], 2009, 22:53
ブーケ・ブートニアや真紅のバラのように、プロポーズに美しい花はかかせないようですが、花にまつわったプロポーズの伝説というのもあります。

これはオランダのシンボル、チューリップにまつわる物語。
昔、3人の騎士たちが一人の女性に一度にプロポーズしました。
3人の男性たちは自分の魅力を「剣」、「王冠」、「財産」とそれぞれの言葉に示しました。
「剣」は強さを、「王冠」は名声、「財産」は資産をあらわしたのでしょう。
どれも結婚するには魅力的なものばかりでしたが、心優しい女性は自分が誰かを選んでしまうと、選ばれなかった2人はどうなるのか、仲たがいしないかと思いやり、結局誰のことも選ぶことができませんでした。
そして心を痛めた女性は、花の女神フローラに自らをチューリップの姿に変えるよう、お願いしたのです。
こうして3人の騎士達は争うことも無く、仲良くチューリップを育てました。

ギリシャ神話の中にもプロポーズとチューリップという伝説があります。
昔々、ギリシャに美しい娘がいました。名をチューリップといいました。
ある日、秋の神ヴェルッゥヌが娘に一目ぼれしました。
ヴェルッゥヌは、熱い言葉で何度もチューリップにプロポーズをしますが、彼女は知らん顔。気持ちを受け入れてはもらえないのです。
ある日、花畑に来ていたチューリップのもとにヴェルッゥヌが現れ、またプロポーズをしました。
ヴェルッゥヌの度重なるプロポーズに困り果てたチューリップは、貞操の神アルテミスに助けを求めたのです。
すると、アルテミスは娘をチューリップの花の姿に変え、ヴェルッゥヌから隠したのでした。

求愛に困り果てた女性の姿がチューリップだったのですね。ちなみにチューリップの花言葉は愛の告白です。

プロポーズの歌

July 14 [Tue], 2009, 22:52
プロポーズの大切な瞬間を心に刻み付けてくれる歌というのがあります。
プロポーズをされたその時に偶然そこにかかっていた歌、あるいは恋人が演出して流してくれたラブソング。
歌詞の言葉がそのときの心情そのものだった、詩のような言葉でプロポーズしてくれたなど。
思い出の歌というのが誰にでもあることでしょう。
心に残るプロポーズソングにあげられる曲をいくつか紹介しましょう。
DREMS COME TUREの「ア・イ・シ・テ・ルのサイン」〜わたしたちの未来予想図〜はやはり定番です。
結婚式の披露宴にもよく使われますがウルフルズの「バンザイ〜好きでよかった〜」など。
コブクロの「永遠にともに」やEvery Little Thingの「恋文」、Mr.Childrenの「しるし」などもよくきかれます。
また河口恭吾の「未来色プロポーズ 」はスキマスイッチの常田真太郎とのコラボレーションによる楽曲でも話題です。
安室奈美恵のcan you celebrate? やAIのStoryなども心に染み入ります。

また最近では男性から熱い思いを伝えるメッセージソングとしてあえて女性に聴かせるというパターンもあるようです。
湘南乃風の「純恋歌」や三木道三の「ライフタイムリスペクト」などはそうですね。

洋楽ではカーペンターズの「ふたりの誓い」プラターズの「オンリーユー」など。
映画タイタニックで話題になった主題歌、セリーヌディオンの「My Heart Will Go On」や同じくセリーヌディオンのディズニー映画の主題歌「美女と野獣」もいいですね。
感動的なプロポーズの際にBGMとして、またさらりと耳を掠めた曲として二人をつなぐラブソングになればいいですね。
P R
月別アーカイブ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:proposemanual
読者になる
http://yaplog.jp/proposemanual/index1_0.rdf