ひぐらしバトン 

2006年03月24日(金) 10時28分
なんか知り合いからこんなものが回ってきました。

Q1 メイド服とスクール水着、どっちがいい?
スクール水着ですね、メイド服も捨てがたいけど

Q2 勝負するときは策略?戦略?
断然策略ですね、練りに練って完膚なきまでに相手を陥れますよ

Q3 もし、友達が豹変したら?
・・・・まぁ最初は驚きますね、そしてとりあえず臨戦態勢になります

Q4 お持ち帰りされたら?
ん?ま、まぁ・・・色々とねw

Q5 もし、祭りの日に自分が消えたら?
困りますね〜・・・自分被害者ですか、できれば真相暴いてもらいたいですね、本当は自分で暴きたいですが

Q6 祭りの射的は多人数プレー?単独プレー?
そんなに得意じゃないから多人数かな

Q7 このバトンを誰に回す?最低6人。じゃないと・・・・。
とりあえず、ひぐらし知っている人全員に回します、てか回さないとやっぱりオヤシ・・・

たまには 

2006年03月22日(水) 22時53分
そういえば・・・今まで一度も日記らしいことを書いていない気がする。
てことで、ちょい日記を書いてみよう。

AM8:00
起床、だが風邪が感知していないのでダルイ。そのため起きるのが億劫、そのまま二時間ほど布団のなかでだらだら・・・

AM10:00
ようやく布団から抜け出す、そして即座にパソコンをつけ来ていたメールに返信、そして小説をちょこっとだけ書く。そしてFF12
AM11:30
兄さんから電話、小説のはなしやらサイトの話やらで盛り上がる

PM12:00
兄さんとの電話を切り昼食を食べる、今日は厨房で味噌ラーメンを作っていたので便乗して味噌ラーメンにしてみた。だが病み上がりにはヘビィすぎ完食ならず。

PM1:10
友達の家に遊びに行く、だが体調が悪化。三時くらいに友人宅を後にする。

PM6:30
帰宅してから夕食までぶっ続けでFF12

PM8:30
夕食終了後、風呂に入る。一休みした後TOEO(テイルズオブエターニアオンライン)をプレイ。
格38ブラド←マイキャラ、ソロ効率悪くすぐに断念。まじでPT組みたい今日この頃。

PM11:00
ブログを書く

FF感想 

2006年03月20日(月) 20時22分
ずっとFF12やってて、更新するの忘れてた〜・・・・
いやぁ、あれ本当に面白い!!
最高だね、映像もいいしシナリオもいいし。一番気に入ってるのはシステムだけどねw
自由度が高いからかなり楽しい、まだまだガンビットが使いこなせないけど・・・・。

ただ金が・・・中々たまらない、困った困った。
しかも、固定パーティでやってるから他のキャラのレベルがやばい。
ちなみにパーティは、ヴァン、アーシェ、パンネロ、趣味全開w
ヴァン・・・片手剣、銃
アーシェ・・・弓、白
パンネロ・・・杖、白、黒
アーシェの攻撃力がちょっと微妙、ヴァンの半分だからなぁ・・・どうしたものか
てか武器がよく分からない、なにが上がるとか攻撃範囲とか、説明欲しいよなぁ
もしかしたらどっかで説明してるかもだが・・・。
後は装備で上がるもの全部見せて欲しい。
そこだけがちょい不満。

今は帝国に向かうとこ、さてさて今宵もがんばりますかな

第三話 

2006年03月16日(木) 19時20分
 相良が必死?に謝っているが、少年はまだ許してくれない。逆にさらに怒っているようにもみえる。相良は困ったので、何とか誤魔化すことにした。
「そういえば・・・、お前時間いいの?次、まだバイトあんだろ」
 二人が時計を見ると、九時を少し回っていた。
「あ〜、まずいです!次のバイトに遅刻するですよぉ〜」
 おたおたと慌てふためく少年、そして例のごとくに『まぁっ!』という変な叫び声をあげて壁にぶつかった。その光景に呆れながらも手を貸して起こしてあげる相良。
「お前もう上がりの時間過ぎてんだから、さっさと上がって次のバイト行けよ。」
「でも・・・、まだ掃除終わってないですよ」
「それは俺がやっといてやるからいいよ」
「本当ですか、ありがとうございます」
 そう言って深々と礼をして少年は行ってしまった。遠くから『ゴン!』『まぁっ!』と聞こえてきたような気がしたが、相良は気のせいだと思うことにした。


 夜の街を必死に走る少年、だがお約束のように何もないところで転んでしまう。
「いたいです・・、どうしよう、このままだと遅刻です・・・。遅刻したら・・・、いやです、あれだけは絶対にいやですぅ〜」
 ブルブルと頭を抱えながらその場に座り込んで震えている、どうやら前遅刻したときになにかされたらしい。それがよほど嫌だったのだろう、今にも泣き出しそうである。
「どうしよう・・、やっぱり遅刻しないためには公園を通るしかないですね。でも・・・それも嫌です〜、怖いですよ〜」
公 園というのは、この先にある広い運動公園のことで少年のバイト先はちょうどこの公園を挟んで向かい側にある。公園を通るのと迂回するのとでは十分くらい違う。だが、この公園は昼間はたくさん人が来て賑わうのだが、夜になると誰も近寄らなくなる。
 なぜなら、この公園は夜になるととにかく不気味なのだ。それに付け加え最近起きている変な事件の所為で夜で歩く人が激減しているため、必然的にここには用がない限り犬の散歩をする人すら近寄らない。その代わりといっては何だが、野良猫などの溜まり場となっている。

明日はっ! 

2006年03月15日(水) 22時14分
ふぅ・・・・今日は15日、そう15日。明日やっとFF12が手に入るぜ!!!!!
あぁ、待ち遠しい!てか早くやりたい!!
多分ひぐらしはしばらく放置だろうな〜・・・多分明日から魂削ってFF12やるから(笑
とりあえず今日のところは、ひぐらしやらうたわれやらをやって時間を潰そう
そして朝一で買いに行くんだ!!!そしてわき目も振らずFF12!!!

でも明日は教習所〜・・・てか18まで連続で教習所だよ・・・・。
くそぅ、でもまぁ仕方ない。大丈夫だその分睡眠時間を削るんだ!!(ぁ
てかいい加減小説の第三回を載せないと・・・・、明日載せます。た、多分載せます。

ひぐらし感想 

2006年03月12日(日) 23時31分
祟殺し編クリア〜・・・・・・

正直ここまで痛いとは思ってもみませんでしたね
最初の方は楽しかったです、沙都子と圭一の仲睦まじいとことか結構好きでした。
だからこそ・・・あの堕ち方は何さ!!
びっくりですよ、まじでびっくりしましたよ、今までで一番驚きましたよ。
でもまぁ、圭一のあの行動には賛成します、やり方云々の前に沙都子のためならってとこが素晴らしいかと。その点では入江監督も途中まではよかったです、えぇ途中までは。最後のはちょっと、え?って感じでした。
まぁ一番不思議なのはどうして圭一が生きてるかですよね。
結局は死にましたが、何であの状況で生きている・・・。

ちなみに謎解きの方は、富竹さんは鷹野さんに殺されたっぽいですね
でもそうするとあの死因はおかしい、それと引っかかるのは
圭一が意味のある勉強に強いという点、これに意味はありそうですが、現時点の俺の頭ではわかりません。
他にも殺したはずの沙都子の叔父は何故生きていた(殺したというのが圭一の妄想?)
入江監督は何故自殺したのか、他にも多々ありますが・・・いまいちわかりません、とりあえず暇潰し編をやって、早々に目明し編をやってみよう

綿流し編 

2006年03月10日(金) 19時20分
やっとひぐらしのなく頃に〜綿流し編〜をクリア

正直びっくりした、途中までは予想が多少なりとは当たっていたが・・・最後のあれはないと思う。
祟りなのか、それとも人間の仕業か・・・俺は今のところは人間の仕業だと思っている。
その根拠はいくつかあるが、今は言及は控えておこう。
まだ確信があるわけでもないし、色々と不可解な部分が多すぎる。

謎は置いておいて、改めて竜騎士07氏のすごさを実感。
設定の懲り方が素晴らしいと思う、まさかあそこまで凝っているとは、まだまだ自信の小説は甘いなと痛切に実感。
おかげで小説のネタも思いついたし、今書いている駄文の問題点なども見つめなおすことができたので、ひぐらしをやってよかったと心底思う。
ただ、ただ・・・・いつもの癖なのだが、この手のものをやると、どうしてもミステリものが書きたくなる。
ちょうどよく遊礼が続きを書いてくれと言っているので、あれをミステリにしてしまおう。

今夜は崇殺し編だ、最近はあの恐怖にも慣れてきたので楽しみだ

第二話 

2006年03月10日(金) 15時23分
Side K
 休日の夜のファミレス、普段なら家族連れなどで賑わう店内も、今日はほとんど客がいなく、ひっそりと静まり返っていた。
『ゴン!』『ガシャ〜ン!!』
 そんな店内に何かが衝突する音と皿が割れる音がこだました。衝突事故でも起こったのかと思ったが、そこには一人の少年が割れた皿とぶちまけられた料理と一緒に倒れていただけだった。
「いててて・・・。はっ!またやっちゃった〜」
 目の前の惨状を見て落胆する少年。とりあえずぶつけた痛みがまだ消えない頭をさすりながら、箒とちりとりを取り割れた皿の掃除を始めた。
(はぁ、僕ってどうしてこんなにドジなんだろう。レジ打ちできないし、皿割るし・・・。はぁ・・・)
 思わずため息が漏れる、この店で仕事をするようになってから一ヶ月が経つというのに、皿を割ったことがない日がない。今まで割った皿は全部で九十七枚、そろそろ三桁だ。
 自分のダメさ加減に嫌気が差しつつも黙々と掃除をする少年の背後に忍び寄る影が一つ。
「さっつきく〜ん」
 その影がいきなり少年目掛けて飛びかかって、否、抱き着いてきた。
「うわぁ!って、相良先輩じゃないですか。びっくりさせないでくださいよぉ」
 相良と呼ばれた青年は少年から離れてふと足元を見た。そこにはさっき少年が割った皿の破片が散らばっていた。
「もしかしてまたやっちゃったの?」
「はい・・」
 肩を落として顔を下に向けてうなだれる少年。その肩をポンと優しく相良はたたいた。そして、優しい口調でこう言った。
「気にするなよ、皿割るくらい」
「相良先輩・・・」
(相良先輩って、優しいなぁ)
 なんて思いながら尊敬のまなざしを向けている。そのまなざしを気づいているのかいないのかわからないが、相良は笑顔で一言。
「頑張れよぉ、もうそろそろで百枚なんだから」
「???」
 言われたことの意味が分からず首をかしげる。
「俺、お前が百枚皿割る方に賭けてんだよ」
「そういう意味だったんですか!ひどいですよ相良先輩〜」
 少年は涙目になっている、その様子はまるで小動物のようであった。流石にその様子をみて罪悪感が芽生えたのか、相良はばつの悪そうな顔をしている。
「少しでも先輩を信じた僕が馬鹿でした・・」
「そこまで言うか・・・」
 予想すらしていないことを言われてちょっと悲しくなったが、そもそも自分が悪いのでなんとも複雑な気分である。

久々に感じた恐怖 

2006年03月09日(木) 18時28分
あ、悟史くんね・・・転校しちゃったの
・・・・毎度毎度わけがわかりませんね。

昨日から今朝にかけてずっとひぐらしをやっていました。
いやぁ・・・初めてですよ活字にここまで恐怖したのは
まじで怖いよひぐらし!!
普段はホラー映画を嘲笑しながら見てる俺ですけど・・・正直笑えませんね、怖すぎますよ。
何が怖いって?そりゃ・・・・全部だよ!!
BGMも文章もそしていきなり豹変するキャラも!!!!

おかげで小一時間、オヤシロさまに祟られたわ!!
彼どうよう、背後に何かいる気がしてならないので、ふとした瞬間後ろを振り返・・・れないので諦めて気にしないようにして、それでも気になるから振り返る、そして誰もいない。当たり前、いたら洒落になんないよ。
そんな怖いのに続きが気になって仕方ない。
なので今は綿流し編やってます。多分今日の夜あたりは部屋の電気を消してガタガタ震えながらひぐらしやってます。


話は変わって、明日小説の第二回を載せます。
気が向いたら読んでやって下さい、であであ

HP全快!! 

2006年03月08日(水) 20時30分
今日は遊礼としじまさんが俺の自宅に遊びにきました。
そして小説の話やら色々話して、久々に大笑いしましたよw
そして・・・はっちゃけすぎましたね!
いやぁ、ラウ・○・クルー○の台詞とか叫ばされました!!(ぇ
「私のではない!これが人の夢、人の望み、人の業!」
など、物凄い愉快な動きつきで叫びましたよ。
台詞自体は簡単ですが、恥ずかしかったね、でも楽しかったよ
やはり演じるのは楽しいと実感、はやく声優の卵から声優になってしまいたい。

二人が帰宅後、なんとなくでポーションを購入、しかもプレミアムの方w
・・・600円、高いよ!!でもボトルがかっこよかったからまぁ許す、味はおいしくないけど何故か癖になってしまった。やばい、金が・・・でもこれで体力(もといHP)は問題なしだ!

あ〜早くエーテルとかエリクサーでないかな(笑
でたら即効買いにいこう♪
2006年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像四季
» たまには (2006年03月23日)
アイコン画像遊礼
» たまには (2006年03月23日)
アイコン画像四季
» 明日はっ! (2006年03月19日)
アイコン画像遊礼
» 明日はっ! (2006年03月18日)
アイコン画像遊礼
» ひぐらし感想 (2006年03月14日)
アイコン画像四季
» とりあえず、初記事 (2006年03月07日)
アイコン画像遊礼
» とりあえず、初記事 (2006年03月05日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:promised-days
読者になる
Yapme!一覧
読者になる