治療法「グラフトレスソリューション」(インプラント)

March 19 [Tue], 2013, 10:06
《グラフトレスソリューション》インプラントが入る部位へ入れて行う方法

@「傾斜埋入」…主に上顎洞、オトガイ孔を避けて骨があるところへ斜めに入れる方法
・斜めのままにすると歯が入らないため人工の歯とインプラントの間にある土台で角度を変える⇒骨の形を3次元で把握しなければならない
・厳密な診査と、医師の治療テクニックが必要

A「ショートインプラント」…他の治療法より比較的安全な方法
・インプラントが短い分、安全!!
・強度が問題となる場合もある⇒インプラントの本数が増えてしまう可能性あり
・ギリギリの長さで入れることも多いので技術的に難しいB「結節」を利用するという方法…

傾斜埋入のひとつの方法で
元々歯のなかった上あごの一番奥などを利用しインプラントを入れる方法
「グラフトレスソリューション」の《メリット》について
・骨移植をしないので移植よりも痛みや腫れといった症状が起きにくい
・移植した骨が再生してくるのを待たなくてもいいので、治療期間が短くなる

《デメリット》
・斜めに入れるので強度など構造的に不安な面がある
・短いインプラントの場合、長いものに比べて強度に問題が起こる可能性もある
・技術的にもかなり難しい方法である

様々な困難はありますが骨が少ない人がインプラント治療をあきらめなければならないわけではありません。骨の少ない方でもインプラント治療を行える方法はあるのです。

骨が少ない人の治療法「骨移植」


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ツース
読者になる
2013年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/proigjasda98d/index1_0.rdf