テレ東WBSでも紹介のオンライン・プログラミングスクール

June 28 [Tue], 2016, 16:14
きのうテレビ東京の「ワールドビジネスサテライト」
という報道番組を観ていたら、

2020年からコンピュータのプログラミング教育が
小学校から必修化になるというニュースを報道していました。



番組ではそのニュースにからめ、サブキャスターの大浜さんが、
「TechAcademy」(テックアカデミー)というオンラインの
プログラミングスクールに体験取材にいき、

そこの会社の方の指導のもと、実際にコンピュータを操作し、
プログラミングらしきことをていました。


「TechAcademy」は、8週間で初心者でもエンジニアに変えるという
うたい文句のオンラインブートキャンプを開催していて、

取材VTRでも、「わたしでも大丈夫ですかね?」と大浜さんが
確認したところ、

「誰でもできます」とTechAcademyの社長は、
自信満々に頷きながら答えていたのが印象的でした。


コンピュータのプログラミングは、
これからますます需要があるでしょうし、
自分のアイデアを形にするというやりがいもあるので、

勉強してみたいと思っている人は、
けっこう大勢いるのではないかと思います。


ただ、プログラミングを独学で勉強する人の
90%は挫折してしまうとも言われるほど、
実際にやってみるとハードルが高いのも事実です。

では、何につまずいてしまうのか?
どんな理由で挫折してしまうのか?

その主な答えは以下の3つが多いようです。

まずは、プログラミングの最初の壁である
開発環境が構築できず、

それだけで数日が経ってしまい、
結局1行もプログラミングコードを書くことなく、
そのままやらなくなってしまう人も結構いるようです。


それから、わからないことを聞く人がいないというのも
大きな問題だそうです。

簡単なスペルミスでも、教えてくれる人がいれば、
わずか数分で指摘してもらい、次に進めるのですが、

独学だと、それを発見するのに、
何時間や何日もかかってしまい、

あまりの学習効率の悪さに
やめていってしまう人が後を絶たないようです。


そして最後ですが、何をしたいのかが
具体的に決まっていないと、

いざ勉強を始めてもモチベーションが続かず、
挫折してしまう傾向が高くなるそうです。


今回WBSが取材した TechAcademy は、
すぐに形にでき、すぐに動かせることから始めて、
プログラミングの基礎を学べるようになっています。

また、受講生1人ずつに
現役のエンジニアがメンターとしてつき、
わからないことは何度でも聞くことができ、

チャットで質問すれば、すぐに答えが返ってきます。


さらに、オリジナルサービスやオリジナルアプリなどの
開発までサポートしてくれます。


受講された方のインタビューもたくさん掲載されているので、
気になる方は下記のサイトで、ご覧になってみてください。
↓  ↓  ↓