予備校の費用は教育ローンを利用 

2013年04月09日(火) 14時37分
お金というのは湯水のようにあるわけではありません。


ですから将来かかると思われるお金を予測して貯金をしたり運用をしたりということを行うことになります。


教育に関する費用に関しても行うことになると思います。


国立に行くのか、私立に行くのか、文系か理系かでも費用が異なることになります。


それでも十分予定を立てておけば対応できるものです。


ただし予定外の費用がかかるということがあります。


受験に関わるところということになります。



通常は高校からすぐに進学することを想定しますが、もし志望校に合格にないという時はその先の判断が必要です。


そのまま大学は諦めるのか、もう一年勉強するかです。


もう一年勉強する場合は予備校に行くことになりますからその分費用がかかることになります。


この部分については貯金もできていないということがあります。


そういう場合においては教育ローンを利用します。


そして別途返済をします。


大学進学用の費用は確保することができます。




(財)農林水産長期金融協会
http://www.nokinkyo.or.jp/
農林水産に関わる資金の制度はこちら。金融協会のサイトです


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:prmtn
読者になる
2013年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる