(無題) 

2017年10月14日(土) 2時43分
夕方からずっとソファーで寝ていたせいだろうか
眠れない
眠気はあるんだけども
雨音と
時折まざる耳鳴りをききながら
目を開けたり閉じたりしている


心臓が痛い
呼吸も浅く、しずらい
横に好きな人がいないと
安心して呼吸ができないのだと改めて実感する夜だ


とても静か
雨音と耳鳴りが私をつつんで
心臓の痛みが私は生きているんだと思わせてくれる
思わせてくれなくてもいいんだけど




通過電車
下がってください、下がってくださいとアナウンス
ぷおーんという電車からの警告音
ざわざわするホーム
どさくさに紛れて飛び込みそうになった
胸が高鳴って変な汗が出て
一歩、もうあと一歩踏み出したら自分の人生だけでなく周りの人間の人生にも悪い影響を及ぼすんだろうかと
思って やめた
朝だったし
好きな人に会えなくなるのは辛い
いまだってこんなに想っているのに
死んでしまったら、どうなるんだろう
想いが、変な形で現れなければいいけど






はぁ
寝なきゃな
心の調子がいまいちだ
そういえば季節の変わり目か
金木犀も散る頃だし
私の心も散る頃だ
毎年のことだわ
薬でも飲もうかと迷うけど
合わなくてゲロゲロになる予感もするし
胸がウッてなるけど耐えよう
前を見よう
いまやるべきことを
やれるだけ やるしかない
へこたれるな!
これからですよ ほんとうに
人生の分岐点
がんばりましょう
負けません
私は大丈夫です
私はいいのです
支えたい人がいる
それが私のがんばる理由

(無題) 

2017年10月03日(火) 2時23分
本気で心配だ
私に出来ることがなさすぎる
無能すぎる故に
助けてあげられない
だからなにもしない
という考えには至らないんだ
今の私は
死にたくても
前を見てるのか
死にたいのか生きたいのか分からない
死にたいなら
もう人生どうだっていいなら
助けになりたいとか
思わないはずでしょ


なのに なのに変なの
助けになりたいし
あの人の為なら頑張れるし
そばにいたい
ずっとそばにいたい
支えになりたい
こんなこと本人に言ったってね






私の生きる理由なんだ
ボロ切れのような精神状態で出戻ってきて
ボロ切れのような精神状態のまま最悪な環境で暮らし
ボロ切れのような精神状態から脱するために見つけた居場所なんだ


本当に救われた
本当に、ここで、出会えてよかった
そうでなければ私はクズのまま、死んでいただろうな
変わることができた と思っている
今までの私とは決別した
あの人のために
…依存なのかな
厄介かな
むしろ、邪魔かな


いろいろ考えるけど
生きたいのかな私は
生きて、あの人のために


はぁー
どうしようもないよ
まだ恋をしてる
片思いか?
バカみたいに
好きすぎて
人生を
私の持ってるものすべてを捧げたいなんて
普通思わないよ
思ってしまうんだよ
そう思わせる魔力があるんだよきっと
つらいな
私のものにしたいな
私だけの


はいはい
仕事ですよ
喉がイガイガしてきたし
頭も痛いし
結局生きるのか死ぬのかはっきりしてないけど
寝ないとね
寝られればね。

(無題) 

2017年10月02日(月) 18時08分
なぜ私じゃないんだ
なぜだ
なぜ私は遠回りをしてきたんだ
遅すぎる
私があの位置にいたかった
いるべきだ
神様は残酷だよ
あそこの席は私なんだよ本当は
ああ死にたい
いなくなりたい
もうつらい思いはしたくない
あああああ

(無題) 

2017年10月02日(月) 18時01分
疲れてしまった
疲れを実感してしまった
おとといまでは、そんなもの微塵も感じていなかった
おとといから、突然、体がしんどくて、心も病み始めた


疲れた
とにかく疲れた
なにもかも捨てたくなる


けどやることがたくさんある
病んでる場合じゃない


あぁ
死にたい
死にたいと思うことは異常なのかな
もう、いいや、死にたいって


生きたくても生きられない人に失礼だとか言うけど
生きたくても生きられない人に直接会ったわけでもないし
私の人生は生きたくても生きられない人の人生じゃないし
私は死にたくて苦しんでいるんだ
助けてくれ


部屋でゆっくりしたいのに
キチガイみたいな笑い声が上の部屋から聞こえてきて
少しなら仕方ないと思って我慢してたけどずーーーっとそんなんだし
しまいにはドカドカ足音なのかなんなのか騒音もひどいし
なんなんだ
この世の人間はみんな敵か
そういえばあいつから謝罪の連絡もないな
あんなのどこも雇わないよ
私が経営者だったら雇わない
店の評判が落ちるだけだ


疲れたな
そういえば疲れた
調子悪いな
すこぶる調子悪い
胸のあたりがちくちく痛む
動悸もする
神経症かな
不整脈かな
なんでもいいけどもう疲れた

(無題) 

2017年09月10日(日) 1時18分
かなり疲れているし
それなりにあくびも出るし
明日も仕事なのに
何故か眠る気にならない


あぁ〜
頭が良い人と一緒にいて
色々な話を聞かせてもらって
自分まで頭が良くなったような気になってしまうけれど
知識も足りないし
考える力もまだまだ足りない


けど本当に
勉強になるなぁ
毎日毎日そう思う
これを脳みそがしっかりと吸収してくれればいいのだけど
ウツビョーな私の脳
なかなかうまくインプットしてくれない
それがいまの悩みだ


本を読むんだ ひたすらに
何時間もかけて 読んでいく
けれど
まぁ頭に入らないんだ
入ったとしても一部ね
やんなっちゃう
自分に失望しちゃうよ






自分の気持ち 体調とか
あまり言うのも心配かけるし
言わないんだけどね


なんか変なんだよね


今日なんかも
血圧が低い感じで
足の力がふっと抜けて
めまいが常にして
頭痛薬を飲んで少しの間は治まるけど、すぐまた頭痛が始まるし
疲れてるのは確実なんだけど
私よりはるかに疲れている人に向かって弱音など吐けなくて
むしろ私がちょっとでも お手伝いできることはしなくてはいけないし
というかお手伝いしたいし
少しでもいいから出来そうな事があれば言ってほしいし


ちょっと支離滅裂だな
脳内の書類整理ができていない


目を閉じるか
寝なきゃね

(無題) 

2017年09月05日(火) 1時43分
先のことについて考えている時に生じる独特の憎悪や自己嫌悪、これらをどう払ったらいいのやら


どう頑張っても払えないんだけどさ。


なんかさ。


これ以上は望まないし
望んではいけないのだと思うし。


けどさ
望んじゃうんだよ。かなしいことに。


腹が立って仕方がないのよ。
色々なことに対してね。


人生って、うまくいかない。


一年間でずいぶん成長したんじゃない?
まぁ確かにね。おかげさまで。
けど、精神がまだ、追い付いてない。


私という人間は日々、精神に生かされている。精神が命令を出し、それを受け取った脳が、「起きて仕事に行きなさい、仕事だけをするのではなく、少しの時間も無駄にすることなく知識を頭に叩き込みなさい」と命令してくれるおかげで、まぁなんとなく前向きには生きられている。
その精神からの命令が少しずつ弱ってきているのを感じることもある。
脳も働いていないのだ。
精神→脳
脳→精神 の、どちらも機能しない。
本を読んでいても、そこに書かれていることの本質を理解出来ない日がある。
なんとなく、書かれていることは分かるが、全体を理解することができない。
文章の深い部分を読み取ることができない。
私は馬鹿になったのだろうか?
嫌になって、つらくなって、今日だって本を読むのを途中でやめてしまった。
せっかく、私が前向きに生きられるようにと、大切なひとが買ってくれた本だ。
読んだ内容を頭に入れておきたいのに、そもそも、入ってこない。やはり馬鹿になったのだろう。


私にはなにが出来るんだろう
私はなにが出来るんだろう
なにをするべきか それは、ぼんやりとだが、分かってきた。
ではそれをやればいいのだけれど、それをやるには、知識が足りない。
知識を吸収したい。が、先に述べたとおり、私は馬鹿になった。


どうしたらいいんだろう。
精神や脳が、ギュッとなって、息苦しいような感覚がある。


なんか、わかんないな。
とにかく、人間として生きるのって、どうしてこんなにも難しいんだろう。
私は幼い頃から、生きるのが下手なのかもしれない。そのまま克服出来ずに大人になってしまった故に、こんなにも、生きづらいのかもしれない。
世の中や環境が悪いわけではなく。
ただ、生まれ持った性質というか。
自己責任というか。
生まれてこなければ、もしくは、あの時生みの親に刺されていれば、すべては丸く収まっていたのかもしれない。

(無題) 

2017年08月26日(土) 2時02分
またひとつ歳を取ってしまった
なんだかんだ
大事に思ってくれてるのかな と
つい泣きそうになる
とっても、嬉しかった
私は、幸せなんだな と思えた






さて
誕生日も過ぎたことだし
そろそろ集中してやらなければならないことを、やろう。


これまでの人生で
こんなに 何かに本気で取り掛かろうとすることなんて、なかったな


自分だけの為じゃない
大切なひとのためにも
私は、やらなければ、ならない
私は、自分の力を、出していかなければならない


どうやって力を発揮するのか
どうしたら継続できるのか


いままでやらなかったから
いまいちコツが分からないけれど


やるしかないんだ もう。


ね。


まだまだ明日も仕事だ
ちょっと疲れてるのに、夜更かししてしまった
あまり長く寝られないな
とりあえず寝よう

(無題) 

2017年08月17日(木) 23時05分
だめだ
前向きな言葉をもらって前向きな気持ちになれた日なのに
早くもどん底な気分に戻ってしまっている


死にたくてたまらないが、甘えてはいけない
気合を入れてやっていかなければいけないのにうじうじうじうじうじうじうじうじうじうじうじうじしている
こんなんでいいのか
今までになく病んでいる
久しぶりのどん底具合
ODでもして寝てしまいたいが明日からまた仕事だ
寝坊などできないし
いっそのこと死んでしまいたい
頭がガンガンする
目眩がひどい
喉が詰まってうまく呼吸ができているのかわからない
いまにも自傷に走ってしまいそうだ
だめなのか私は
どこかの屋上から飛び降りたい

(無題) 

2017年08月17日(木) 22時41分
?あぁ人生には終わりがないんだ
そう思うとなんだか
途端に目眩が激しくなる
今の私にはやらなければならない課題がわんさかあってこんなクソみたいな思いを吐き出している時間もないのだけれど
こうして自分の脳内を活字に起こしている時が癒しの時間なんだ






気付いてほしいとSOSを出す前から
というか
自分で気付く前から
私がふたたび病み始めているとあの人は気付いていた
やはりすごい人だ 私にとって神みたいな存在だ
私の性質や性格 思っていること 体調の悪さ
ぱっと見ただけで言い当てる
ほんとうにあの人は神なのではないか
心の支えなんだ
唯一の救いなんだ
こう書いているだけで涙が出てくる
なぜもっと早く出会わなかったのだろう
そうしたら私はもっといい選択ができていて、もっといい人生を歩めていたはずなのに




喉が詰まる
調子が悪すぎる
そういって逃げて眠ろうとするのを極力やめてきたけど、そうしていたら、どんどん調子が悪くなってきたような 気がする
逃げてはいけない
甘えてはいけない
私は私を超えなければならない
期待に応えられるような人間に
人間を完成させなければならない
もっと追い込まなければ
こんなもんじゃ足りないんだ
認められたい
褒められたい
期待に応えたい
折れたくない
折れてる場合じゃない
助けてほしいなどと言っていられない
病院になど行けない
薬漬けなんてたまったもんじゃない
脳が壊されるだけだ
勘弁してくれ
私はまだ壊れたくない
あぁ
自分がわからない
気持ちがぐちゃぐちゃじゃない?
考えてることがぐちゃぐちゃしてない?なんかさ よくわかんないよね
書いても整理できないや

(無題) 

2017年08月17日(木) 22時15分
ここ数日でいろいろと気付かされた


確かに私は
活字に影響されやすいくせに
死について考えさせられる本しか持っていなかった
自分を死に追いやるような そんな本


そりゃあ病むよなあ


気晴らしにゆっくり本でも読もう→なんか超鬱な本ばかり読む→憂鬱な気分が抜けない


昔から活字が好きだった
中学生の時、生活ノートみたいなのがあったと思うんだけど
そこに毎日日記というか
思っていることをつらつらと書くのが楽しみだった


担任が国語の先生で
私のおかしな文章、それもわりと自虐的な長文とかでも
面白い、才能があると褒めてくれたのが本当に嬉しくて
将来はエッセイ集出す!なんて
わけのわからん事を宣言したこともあった




幼い頃から環境も悪くて
中学校だってまともに通えていなかったけれど
文章を書くこと、活字を読むのが好きでよかったと思う


読めば大きな影響を受けるのだから
前向きな本を読めばいいんだよ
ってさ。その通りだよね
本当だよね


変な本しか読んでこなかったから
変な人止まりだったんだろうね




まぁ けどさ
分かんないわね
まだ分かんない


理屈は理解してるけど
心はまだ追い付かない


そうすれば人生は上へ進むって
分かってるけど


私は上へ進む為に生きてるの?
成功してどうするの?
って まだ思う


こんなに背中を押してもらっているのに
こんなに投資してもらっているのに
なにも結果を出していない
私はこの先、役立つことができるのか


そんなの自分次第でさ
そういうこと、考えてる時点で、人生のエスカレーターは止まってしまっているんだけどさ


どうしても消せない感情がね
染み付いてしまっている感情
死について
私にとって死=楽園
それ以上の幸せは無いんだと
はるか昔から心に染み付いている




それでも、今を生きてしまっているのだから、頑張らなきゃいけない


いつか心から、私は成功するんだと
私は生きたいと
自分の存在を肯定出来る時が来るのだろうか


全ては自分の意識次第
暗くなるも明るくなるも
自分次第
私はどこへ向かうんだろうね

2017年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31