環境に配慮した

October 07 [Sat], 2017, 17:31
引越のえころじこんぽってしってます?引越し会社の商品に日通のえころじこんぽってテレビCMでやってますが、えころじこんぽという引越しの商品というのは環境に配慮した梱包方法で荷造りをしてくれるパッケージ商品になります。どんなことかといいますと、引越しで使用したダンボール、ガムテープなどの梱包材料は、一度使ってしまうと廃棄することになりますので、環境に優しいとは言えません。それを、引越しのえころじこんぽの場合は、テレビなどの家電やタンスなどの家具は毛布で梱包しますし、ワレモノの梱包は新聞紙などゴミになるものは使わず、食器トランクといった専用ボックスが用意されています。洋服などに関しても、ダンボールを使って梱包せずにハンガーにかかった洋服をそのままかけて運ぶハンガーボックスというのがありますから、ダンボールは使いません。そして、えころじこんぽは、引越しの手間のかかる梱包を引越し会社のスタッフがやってくれるので、そして環境にも優しく梱包にかかる資材を一切使用しませんからエコな方法ということができます。また、その分の料金も割安になるようです。そんなこともあるので、日通のえころじこんぽは、家族の引越しに向いているパッケージ商品とも言えます。赤ちゃんやお年寄りがいるような家庭の場合でも、便利に利用できる引越しのプランのようですね。
引越しの準備や引越し当日に必要になるものには何があるでしょう。引越しに必要な梱包のグッズといえばやはり、誰でもまずダンボールは必要だと思うでしょう。ダンボール箱は必ずといってもいいほど引越しには必要ですがでは、引越しに必要なダンボール箱というのはどのくらいかと言いますと、家族の引越しの場合は、一人あたり20箱程度ではないかということのようですので、そのくらいで考えておいてよいのではないでしょうか。ダンボールは、最近どこの引越し業者でも、引越しの依頼をすれば必要数を無料でくれるようになってますから、自分でどこかからもらってきたりする必要はありません。その他にも、ワレモノなどを梱包するのに、クッション材とか、プチプチなども必要ですね。これも、わりと引越し業者がくれたりします。ワレモノはこのようなものを使って梱包しましょう。また食器や壊れ物を包むときには新聞紙も必要です。ワレモノの梱包以外にも新聞紙はなにかとつかうので、わりとたくさんあってもいいのではないでしょうか。ダンボール箱をつくるためのガムテープも必要ですが、これも引越し業者がくれるでしょう。その他にも、梱包作業には、カッターナイフやハサミなどの刃物や、軍手もあると重宝することがあります。その他にも、梱包した荷物に、搬入の際に、どの場所に運んだらいいかわかるように書くために、マジックインキがあったほうがよいですね。
引越し会社を選ぶには、見積もりを比較するとよいです。引越しの見積もり比較では、どんなところで比較をして選ぶのがよいかということですが、まず、見積もりを比較する場合には、値段で比べるのは値段だけでなくサービス内容でも比べてみることが大切だと思います。といいますのは、何社かから見積もりを出してもらったら、プランの種類がいっしょであってもダンボールやガムテープの他にも、ハンガーボックスやワレモノ用の梱包材とかサービスに含まれる梱包用の材料なども引越しの見積もりを比較する際には違いがあるか見ておくとよいでしょう。例えば引越しのを依頼をするとなにかのプレゼントがもらえるとかといったサービスがあるかもしれませんし、タンスの中身は出さないでそのままでOKのこともありましし、タンスの中の衣類などは出しておかなければならないこともあります。引越しの見積もりは1社だけでなく、1社だけでなく複数に見積もりの依頼をして価格とサービスの両方を比べてみるのがいいですね。引越しの見積もりを比較をすればどの引越し業者が金額的に安いのか、サービス面ではどの引越し業者がよいのかがわかると思います。ですから、実際に引越し業者によって金額はかなり違いがあったりしますので、いくつか比較してみるのが一番いいと思います。
福島 鳥取 引越し