パワースポット巡り 

May 17 [Thu], 2007, 0:48
先日、和歌山にある「紀三井寺」にでかけてきました。
今回は某スピリチャルな方の「開運鑑定」で吉方位と場所を見て頂いたのです。
そしてその「紀三井寺」に周辺に湧き出ている吉水、
三井水の中の1つ「吉祥水」を汲んできたのです。
※願いが叶った際には詳しくブログリたいと思います。

しかもまたもや女一人ぶらり旅!

これで今年のパワースポットはいくつめだろう…

今年に入って狂った様にパワースポット巡りに出かけている私。

1月 住吉大社 生田神社 西宮神社(えべっさん) 五色塚古墳
2月 廣田神社
3月 鞍馬寺 貴船神社
4月 松尾大社 月読神社 鈴虫寺
5月 大三輪神社 下鴨神社紀三井寺

並べると結構の数である。。
中には一人で出かけた所もあり、まさに神頼みである
願いが叶った時の「お礼参りがすごく大変かもしれない…」

大三輪神社(三輪山)なんて特に筋肉痛になる事受け合いなので、
せめて体力のある内に願いが叶って欲しい♪

切実極まりない

早朝に誓う!「価値を受取る」 

May 06 [Sun], 2007, 5:53
早朝に思った。いや…昨日から気づいた。

「自分の価値を受取ろう!」と。(←今頃と言われそうだけど…)

G.Wの数日…7ヶ月ぶりに心理学のワークショップに行って来た。

ワークショップでは久しぶりにも関わらず気持ちよ〜くセクシャリティが上がった中で例のごとくグループワークを行い「その人の価値」や「その人のポジティブな未来」についてをそれぞれ指名してシェアした。

「価値」について覚えているのは

★綺麗でセクシー

★その人と真っ直ぐに向き合う事ができる
他 嬉しい事を伝えられた。

価値を伝えてもらった後は、伝えてくれた人に
「わかってました有難う!」と言うのです。

さらに「ポジティブな未来」については、

♪押しも押されぬ売れっ子カウンセラーとなっている

♪美容の仕事について活躍している

フランス人の彼氏ができてラブラブになる…

(↑Tよ、いったい君は何を思って?笑)などポジティブな未来を見てもらった。

グループの中には自分でつけた「外国人ネームで呼んで下さい!」と言っていた
姉さんとグループの人々に外国人ネームをつけてシェアしていた。
*ケイト *ステファニー *ジェームス *トム などがいる中…
私につけられた名前はダイアナだった。
何故かと聞くと…
ゴージャスだからだって。

先日、宣言した「ゴージャス化計画は実行されつつある!」

そ〜いえば歴代に知り合ったメンズ達は
私をも認めるゴージャス&綺麗な女性と現在知り合っていたりつきあっていたりする。

えっ?その女性達と私は並ぶ事ができるの

去年出会った不動産会社経営者も今年出会った某大手会社管理職も。
それぞれいい女を連れていた。

中でもあり得ないのは、
一昨年出会った某TV局アナウンサーのかっこつけH氏を見かけたが、
彼は私の過去知り合った女子で超したたか女
超そっくり女子と歩いているではないかまさか本人では?と見まごう程の。
彼女には忘れもせぬ8年前に嫌〜な思いを多々させられた。

H氏達に関してはヴィトン男とシャネル女のブランドカップルなので

せいぜいお幸せに!
と思ったが、どうやら心が静まらない
悪夢の様だった…
ど〜いう事

先日は夢の中でワークショップに参加してセクシャリティを感じてベッドの中で両手を挙げるまで気分が良かったのに

現実は逃した魚は大きいのか!?その時は
付き合うに至らないと思ってた相手だったのに…
私の目が曇っているのか
私の準備が出来ていなかったのか…。

どうしてここ最近私にとって見たくない人々が目に飛び込んで来るのか。

そしてやっと気づいた。

自分の価値を全く受取ってなかったのだった

周囲の人がいろいろ言ってくれる事についても
全然そんな事ないもん!がいっぱいだった。

自己否定や自己嫌悪がいっぱいで

自分が自分の事を全く認めていなかったのだった。

それは理想の自分に向かっての向上心につながったりバイタリティーにもつながるけど
痛過ぎたみたい。

ここ最近の出来事はそれを私に教えてくれていた様だった。

私はゴージャスを受取るのだ♪

来れプリンス!

不覚にも… 

April 27 [Fri], 2007, 4:34
先日、TVで晩酌がてら見ていた「ロッキー」シリーズで

(中学の頃、シルベスタスタローンの切り抜きを透明下敷きに挟んでいったっけ、、
↑時代を感じさせるしかも濃い顔が好きだった唯一の中高生時代

対戦相手の祖国ソ連で「打たれても打たれても戦うロッキーバルボア」を見て
不覚にも泣いてしまった…

晩酌をしつつ「お気に入りのリッツカールトンホテルのケーキを食べながら!」

なんたるオッサン度なんでしょう。。

友人達が去年より寿結婚をしていく中…二次会専門で出席率も100%で4回目に出席したあくる日の出来事であった。

最近、凹んだ日にはリッツカールトンホテルに行き
自分へのご褒美をあげるのだった

いつまで自分へのご褒美をあげ続けないといけないのだろうか…

いつになったら誰からかご褒美を貰えるのだろうか…

友人の結婚はおめでとう!の反面…かなりネガティブ思考に走らされる

微妙なお年頃…だったりするのです。

しかもお祝い貧乏もいいところである。

絶対もとをとってやる!

と誓った「ロッキー」を見ての不覚の涙であった…
(↑私の中では繋がっているのです。)

ここ最近 

April 16 [Mon], 2007, 0:52
ぼーっと暮らしているうちにブログもすっかりご無沙汰です。
ここ最近、一ヶ月前からどーしてこうなんの
っていう出来事の方が多くて、ハッピーが打ち消されてしまう出来事がいっぱい

相変わらずのマイブーム★
京都の鞍馬寺に行ったり松尾神社に行ったりと相変わらずパワースポット巡りをして
感覚を高めていた筈なのに…

「どうしてあの時、あんな判断してしまったんだろぉ〜!」
自分の判断に腹が立って身もだえる事一ヶ月。

ふっきれました!

5月の某スクールの高〜い東京ワークショップに行くのを取りやめた分、

やっぱり

美容に力を注ぎ込んでやる
(↑これまでと変わらんやんってつっこみ入りそ〜だけど

解決ビフォアーアフター並みに劇的に変わってやるのだ!
(↑自分の歴史比)

内面磨きはもういい!ってとこまで自分と向き合う事はや○年
多少の内面が変わっても余り変化がない日々はもう懲り懲り。

「人は見た目が9割」って本も出てる位だし。

これまで以上に

ゴージャス計画を目論んでいるのだ

突き抜けるのだ!目指すは「私よ…どこに行ってしまうのだぁ?」というところまで。

またしてもつっこみが入りそうなので今日はここで

もし以前と劇的に変わった私を見たら声かけてね。笑)

20数年ぶりの家族旅行 

March 22 [Thu], 2007, 22:38
先日、20数年ぶりに家族旅行に行った
1月にも母とも数年ぶりの一泊旅行に行って来た。
今回は父も一緒だった。
家は自立系というか離散系の家族だったりするのだけど…

今回の旅行のきっかけは、母の「十二指腸潰瘍&胃潰瘍」から陰が見えた事に始まった。
母が職場で勤務中に倒れて
身体が動こうにも動けず身動きがとれない状態になったらしい。
周りは父と同じ「脳梗塞」を疑う中…そのまま救急車で病院に直行。
ヒステリー症状だと診断されてその日はひとまず自宅に帰ったらしい。
(↑感情のヒステリーではなくて病気の)
留守中に母の緊急を知らせる留守電が入っていた。
その後、母から留守電で「心配ないからね」と入っていた。
とっても母らしい留守電だった…。

後日、かかりつけの内科で見てもらったところ
以前から煩っていた「十二指腸潰瘍&胃潰瘍」に
陰がある事が発覚したのだった。
癌の疑いだった。
母はとっても我慢強いのが災いしてか職場でのいろいろなストレスを
溜め込んだまま仕事を続けていた。

来週に大きな病院で検査が改めてある。

この一件で、「母はこれから先を案じて将来、離ればなれになっている
家族と旅行する事がなくなるかもしれない」
と思ったみたいだ。

もし、母も癌だったとしたら脳梗塞を煩って癌にもかかっている
父と母とも癌を煩って
生活していく事になり将来の不安がよぎっていたのだと思う。

最初は私だけが母から誘われていたのだけど、
「父も誘ってあげよう」と
私が母に言う前のギリギリ1週間前になって私を介して
「父も誘ってあげて」と言ってきたのだった。

神奈川に住んでいる妹には平日の旅行参加はできなかったが、
父と母と私で近場の淡路島まで一泊二日の味覚温泉旅行にでかけた。
行く道すがら母は私に
「これから先、父も一緒に家族旅行する事がないかもしれないし…」
とポツリと言った。

久しぶりに見る父は少し老けて見えた。
脳梗塞の後遺症でいつもの様に足をひきずり歩いていた。

そんな父を母が照れ隠しなのか、冗談まじりにチクリと言う。
「その辺の棒切れでも持って杖にして歩いたら!」って。
そんな母がかわいく思えた。

旅館では父も普段は禁止されているビールを少し飲み嬉しそうだった。

寝る時は私が真ん中で川の字になって寝た。

家族で川の字になって寝るなんて20数年ぶりの事だった。

今度は私が両親を何処かに連れて行ってあげようと初めて心から思えた夜だった。

気がつくと… 

March 13 [Tue], 2007, 2:40
すっかり暖かくなり3月になっていた。
一年でいうともうすでに4分の1を消化している事となる
アンビリーバボー
年が明けて焦りつつもまったりしすぎていた気がする。
先日、親友の結婚パーティでのブーケトスならぬブーケテープ抽選でも
ハズレ、某心理学の習い事トレーナーのT氏に「prismちゃんの背中にMちゃんの足跡がいっぱい」つまり私は踏み台ととコキ落とされ
先日は、また同じ習い事の友人が4月のウェディングパーティのお誘いをしてくれた。
お誘いは嬉しいのだけど重なると懐具合も隙間風が吹くのでした。
なにせ無職でまったり生活している身なので家賃が身にしみる
3ヶ月ニート生活なのです。
しかも去年から4組目のパーティです。
去年あたりから絶対!これまでのお祝いビンボーの元をとってやるのだ!
と固く誓って早1年の月日が流れていった。
しかも今月また三十路会の中間管理職に突入しようとしているお年頃であったりする。
そんな昨日の妹との電話で妹が心配してくれた事と言えば…
「ねぇ(姉)は今月で三十○歳やで〜バブル青田の様になるのが心配やわ〜」と一言。
妹よ!
どんな心配やねん
と思わずつっこみを入れた妹との久しぶりの電話だった。
姉としての威厳っていったい…妹って私をそんな風に心配してくれていたなんて
巷では「バブルへGO!」なんて映画も流行ってますが、
私は決して「バブルの申し子ではありません!」キッパリ

最近のおやつ♪ 

February 22 [Thu], 2007, 1:52
最近、深酒とともに手放せないのが「酒の肴とおやつ」なり。

お気に入りは、

♪チキンラーメンをお湯をかけずにバリバリそのまま食べる事
(↑お湯かけて食べるより好きだ!)

♪新ジャガを電子レンジで少しふかしてからバターをのせてチーズたっぷり!
マヨネーズもかけてオーブントースターで焼く簡単グラタン?

♪納豆 (カロリー取り過ぎたらこれで我慢!)

♪雪見だいふくの生チョコレートバージョン(←激うま)

それを順繰りしてる。

酒の肴がないと酒もすすまないのよねぇ

間違いなく体型は変わりつつある…

デートしなくちゃ!

異文化コミュニケーション! 

February 13 [Tue], 2007, 1:29
先日、朝から隣駅まで予約していた「1日体験レッスン」に行って来た。
朝10時前からという事で隣駅に着いたのが15分前。
地図を元に探してみるが…どうやら民家でレッスンらしく地図上では分からず電話してみる事に。
案内の人が電話に出て指示通りにようやく辿り着き、
玄関に入るや否や、案内の女性が「今のクラスは初級です。ご経験はありますか?」
との質問に「今も習ってます。」と答えて通されたお部屋には、
外人男性(←なかなかイケメン!)と妙齢な男女の3人が座っていた。

めぉぉ!

外人先生らしき人がカタコトで質問してきた「お名前は?」「どこからここを知ったのですか?」

私は名前を伝えて「インターネットから知りました。」と答えると、
またまた先生が「どうして興味を持ったのですか?今年かこれから旅行する予定があるのですか?」と聞いて来た。
私は「インターネットで知って面白そうだと思いまして、今年は旅行する予定はないですがいつか行けたらと思いまして…」と答えた。

その後もレッスンが続く。先生の後に続いてテキストを読むのだ。

Buenos di´as.…
Muchas gracias.…
「英語じゃない…いったい

「間違って申し込んでしまった。私は何を習っているのだ?」

どうしようと思っている間に授業は終わり、合間に先生が自己紹介してくれたのだ。

「私はスペインから6年前に来て日本語教室に通いながら大学に行き、スペイン語を教えています。日本語はまだ難しいです。」

「えっ!そんな6年で喋れるなんてすごいですよ!」

そんなやりとりの後に「挨拶」のレッスンを軽くやってくれて
中級の生徒さんが来て再びレッスン。

全くわからない会話が繰り広げられる事数分…
やっと案内女性が呼び出してくれました。

「いかがでしたか〜?この機会にスペイン語講座を始められては!生徒さんもいい人が来てくれたってさっき喜んでらしたわよ〜」


「あの〜私、勘違いしていて申し込んで申し訳なかったのですが…ネットで見て申し込んだのが、自分を知る心理学というのを見たと思ったのですが その様な講座はされてなかったのでしょうか?」

「えっ!それはごめんなさい。やってます!うちは心理学とスペイン語両方レッスンあるんですぅ〜最近、NHK講座の影響でスペイン語人気だったもので電話口に出たものが勘違いしたのですね。

二人で大笑いしてしまいました。「なんだか話は繋がるもんなんですねぇ〜!」って。

女性は「ご経験ありますかの質問にも経験ありますってお答えだったので私もてっきり…」と。

スペイン人の先生の質問に無理矢理合わせた事を女性に伝えてお詫びして
改めて「自分を知る心理学」を。

講師がその女性だった!事に再びびっくりしつつも、どういう内容かを聞くと
「私たちは表層意識の下の顕在意識と無意識がエゴの部分にあたるので、そのエゴの部分を知っていき改めましょう!」という教えらしい。他「天文心理学」=占星術を取り入れた心理学やら、エゴ=顕在意識が夢に現れるという理論など多岐に渉る内容だった。

何故、「自分を知る心理学」と「スペイン語」を一緒にしているかというと
その心理学を教えている校長がスペイン人だからだって

本を翻訳するのにスペイン人に教わっていたので、いっその事「スペイン語」講座も開いちゃえ!って事に至ったらしい。

その上、その女性が講師になったきっかけが…
「ブラジルにホームステイしよう!」という新聞広告を見てその会場に行ったら
この「自分を知る心理学」も抱き合わせでやっていた事から、
「ブラジル」そっちのけでこの講座を学んだいきさつがあった!との事。

その女性のいきさつの方が「自分を知る心理学」よりか興味深かったりした、その日の講座だった。

異文化コミュニケーションありの、なんともワールドワイドでお得な一日でした

パワースポット!五色塚古墳。ちょっと怪しい? 

January 29 [Mon], 2007, 1:29
プー生活およびニート生活にもかなり飽きて来て、
気分転換を兼ねて「いつもの様に神頼み!」
以前に愛読ブログ「ホウホウ先生の開運ブログ」で紹介されていた五色塚古墳に行ってみる事にした。
この古墳は「願いを叶える不思議な古墳」らしい。また、ツイテナイ時にも行ってパワーアップすると良い!とあったので行かない手はない。

五色塚古墳は小学校の時の遠足以来で2回目の訪問となるのだけど、日常生活を送っていく中で…しかも
大人になって「誰も五色塚古墳を訪れようとはまず思わない」かも

最寄りの垂水駅につき歩く事15分…なんとなくで歩くもののイマイチ場所がわからない。
坂を登っていく道すがら「五色」という文字が。
さらに登っていくと「おじさんがワンコと散歩中。」思い切って、

「五色塚古墳に行きたいのですがどこにありますか?」と聞いてみる。
おじさんはちょっと不思議そうに場所を教えてくれた。

想像してみて下さい。赤いコートを着た女が平日の昼下がり一人で「五色塚古墳」の場所を聞く…  おじさんが少し不思議そうに教えてくれるのも無理もないかもしれない

おじさんに道を聞いてから数分後に現れました!

まぁ〜住宅街に突如として現れる古墳はまさに異空間でした。

いそいそと古墳の階段を登り頂上のサークルへ!登ると老夫婦が景色を眺めて去って行くところでした。

そして一人になり…計画実行

パワーを得るには前方後円墳のサークル中央に立ち両手を天に向かって広げ「アーエーイーオーウー!」と唱えるのです!合わせて願いのアファメーションも!

想像してみて下さい。赤いコートを着た女が平日の昼下がり一人ですぐ隣の高層マンションから見える古墳の真ん中で天に向かって両手を広げて発声している絵図を!

「さすがに自分でもドン引きでした。」

さて、本当にやったかどうかはご想像にお任せします。
「やったちゅ〜の!」


また「願い事が叶ったかどうかはこちらのブログで発表していこうと思ってます。」乞うご期待

温泉かに旅行★ウチの暗黙の了解… 

January 28 [Sun], 2007, 0:22
先日、初めて母と石川県の「和倉温泉」に行って来ました。
去年12月の母の誕生日プレゼントの変わりの今回の旅行となったのだけど、
今迄ふたりで旅行なんて言った事がなかったので今回が初旅行

いつも私が利用するバスツアーではなくって今回は奮発してサンダーバード利用ツアーで、
「温泉旅館のかに会席お部屋食」観光付き

お昼出発でサンダーバードで出発揺られて3時間。
お宿へ午後4時半着。お部屋からは海が一望
かなりいい感じ

お夕食まで時間があったので母に温泉をすすめて私は温泉街にお酒を調達に。
温泉街に出かけると海と温泉の匂いがそこら中から漂っていて旅行気分も

お部屋に戻って母に温泉の様子を聞くと大浴場がなかなか良かったらしく、金屏風の壁に八角の木のお風呂が印象的な「ねねの湯」につかったとの事。大浴場にも惹かれつつも露天風呂が気になり食事の25分前に露天風呂へ。

「有り難い事に誰もいません!」
そこで釣りが出来る程海目前の露天風呂で貸し切りです♪
「お約束で泳いじゃいました!」←禁止事項と思われるが…
出てくるお湯はしょっぱくホント海を感じました。

お部屋に戻ってお部屋食。「旬を辛うじて感じさせるボイルされたかに一杯つきのお食事」だったけどなかなか満足。
食事後に再び母に風呂をすすめて私は地方放送の為に映りが厳しいながらも「華麗なる一族」を鑑賞

お気づきでしょうか「ウチの暗黙の了解を…」

そうあれは2年前の祖母の見舞いに訪れた温泉地の修善寺の貸し切り家族風呂でも…
妹と私は水着を持参そして母は補正下着で入浴。
家族で裸で入浴した事がないのである!
だけど、他の人とならタオルで隠しもしない私だったりする

いつ頃からか家で母もお風呂から出た後、裸もみせた事がなくなり…次第に姉妹の私たちもない。
妹が保育園頃までしか一緒に入った記憶がないのである。
ただ、考えられない事に中学1年生になった私と父と妹の3人で入っていた記憶があるのが不思議いっぱいなんだけど。

そんな訳でかわりばんこに母と入浴して母が戻って来たらお風呂へ
お陰様で母が良いと言っていた「ねねの湯」は消灯していて、まっ暗い金屏風の壁を見ながら八角の風呂に入ったのは誤算だった!

そんなこんなで2日目の朝、出発前にまた「お気に入りの露天風呂に!」またしても貸し切りを満喫しつつ温泉マークの由来となっている3回はクリアーして旅館を後にしたのです。

ガイドさんの説明によると「温泉マークの湯気3本の意味は、3回入ると効能があるらしく、特に真ん中の2回目を長めに入るというところからあのマークが出来た。」との事でした。

へぇ〜へぇ〜へぇ〜 3へぇ〜でした!(←流行らない?)

そして、2日目の観光では5回の「みやげもの屋」巡りが嫌がおうでも!ツアーに組み込まれていて、
最初に立ち寄った、祭りの記念館『きりこ会館」で私はなかなか悪趣味な金と銀の輪島塗りの箸を物珍しさから500円で購入後、全国的にも有名らしい「輪島の朝市」へ。

さすが朝市!「きりこ会館」で母が購入した輪島の黒と赤の箸は500円が300円に!
少しがっかり気味の母は「名物の干物」を買ったのではなく、時間つぶしに入った「ガラス工芸店」でアクセサリーを購入
「どうやらそこは似た者親子らしい

そんな母との初めての旅行でした。
P R
2007年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像prismaura
» パワースポット巡り (2007年06月25日)
アイコン画像prismaura
» パワースポット巡り (2007年06月25日)
アイコン画像まるこ
» パワースポット巡り (2007年06月22日)
アイコン画像masya
» パワースポット巡り (2007年05月22日)
アイコン画像prismaura
» 元旦からやっちゃいました。 (2007年01月19日)
アイコン画像Kちゃんです^^
» 元旦からやっちゃいました。 (2007年01月19日)
アイコン画像ゆかいな妻
» 週末リフレッシュ BUT やっぱり一人が好き!? (2006年11月05日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:prismaura
  • アイコン画像 誕生日:3月28日
  • アイコン画像 血液型:O型
  • アイコン画像 趣味:
読者になる
妙齢なお年頃の女子がいかに自分の思い通りの幸せをつかむか!を綴ったとっても私的なブログだったりする〜
Yapme!一覧
読者になる