追記 

2004年09月22日(水) 23時41分
時々急に襲ってくる
「ストン」と自分の足元が急に崩れてしまうような
狭くて真っ暗な部屋に閉じ込められてしまったような
あの感覚を何て言うの?

呼吸を整えるだけで精一杯になる

真っ暗闇から孤独が押し寄せてきて
寂しさに押し潰されそうになる
この感情を
どう処理すればいいのか解らない


あたしはきっと独りじゃない

孤独だと感じて泣くのは
あたしの驕りなんだと思う

だけど、どうしようもなく辛くなる時がある

どんなに愛情ある言葉を貰っても
優しくされて安らいだ気持ちになっても
一人になった途端
涙が止まらなくなる時がある

だからといって
ずっと誰かと一緒に居るわけにもいかない。


誰カ 助ケテ


・・・そう言いたいけど
面と向かうと
あたしは上手く言葉に出来ない。


どこからが正気で
どこからが狂気なのか解らない

今あたしは正常?

正気だと思ってるのは自分だけで
こんな事を考えてる時点で
ほんとは既にオカシイのかな

だからこんなにも辛いの?

それとも辛いうちはマトモ?


笑ってる顔が好きだって
もっと笑ってよって
あのコは言ったけど
今のあたしはちゃんと笑えてる?

うまく笑えてる自信がないよ


「めっちゃ余裕」って笑って言うあたしは嘘つきですか



「消えてなくなりたい」って
今までずっと抱えてた想いが
「楽に死ねたらいいのに」って考えに変わることは
とても自然な事だとは思いませんか?

HP閉鎖のお知らせ 

2004年09月05日(日) 4時52分
HPを閉鎖させようと思って
過去の日記を読み返して
色んな事があったなぁ、と
改めて実感してから
ココを始めてからどれだけの月日が流れたのか
指折り数えて驚きました

飽き性で面倒くさがりのあたしが
1年半以上も続けてきただなんて
ちょっと凄い。


ココを作った最初の理由は
とても簡単で

普段は我慢したり
躊躇ったりして言えなかった事を
吐き出す場が欲しかったから

ただ それだけでした


気が強くて
負けず嫌いで
我侭な自分と

波風を立てたくなくて見ないフリをして
言いたい事をキチンと伝えれなくて
いつも「どうして・・・」って
後悔や焦りから自分を責めたりして

会社や友達や親

周りが認識している“あたし”と
自分が知ってる“あたし”の
ギャップの激しさを感じる度に
とても辛かった


伝えたいと思っても
先入観というのは恐いもので
同じ言葉を紡いでも
相手の受け取り方次第で
こちらの意図や想いとは
全く違う結果を招いてしまう


そうゆう
きっと誰でも抱える葛藤を
ひとりで持っていられなくて

たくさん たくさん ココに吐き出してました


実生活で弱い自分を出さないようにする為の
感情の捌け口であり
「あたしはここに居るよ」って言う
存在証明でもありました



だけど今は
それさえも少し辛い

たくさんの「ありがとう」と
「ごめんなさい」の気持ちを込めて


いつか、また。

 

2004年09月03日(金) 22時59分
あたしは君と話すといつも茶化して
暴言を吐いたりしてばっかり居るけど
本当はとっても尊敬してます


貴方の事を
とっても優しくて
健気で
頭の回転の速い
賢くて
強い人間だと思っています


『凛』という言葉の意味を知っていますか?

寒々しさや凛々しく毅然とした、という以外に
『勇気の盛んな』という意味があるの。

貴方にピッタリな言葉だと思います


今のあたしは情けないくらい
自分のことで精一杯で
真っ暗な中で自分と戦ってる貴方に
気の利いた言葉のひとつも言えないけど
いつも気にかけてるよ

ほんまやよ?


あたしの日記を時々見ている、と言っていたから
いつかこれを読む日がくるかな


ずいぶん前に
あたしがこんな事を書いたのを
覚えていてくれてるでしょうか


人間は常に前進して生きてる

時々俯いて
後ずさりしてる気がする時もあるけど
ほんとは正面に後姿を見せて
後ろ歩きしてるだけだったりする

自分にとっては後ろ向きでも
広い目で見れば
それは間違いなく前進

俯いてるから周りが見えにくくなってるけど
取り囲む景色は確実に変化していってるし
少しづつでも前に進んでる



今の貴方は
まさにこの状態なんだと思います

あたしも、そうです

とても辛くて
苦しくて
自分でもどうしようもない感情の波に
押し寄せられる事があるし
行き着く先の答えは
「リセット出来たらいいのに」
そんな想いに駆られるけれど

今の自分から逃げないで

目をそらしてもいいけど
決して逃げないで


貴方の先に在るものは
辛くて遣る瀬無い日々ではなくて
キラキラしていて優しい気持ちになれる
幸せな毎日なんです

貴方次第でそうなるはずなんです

やさしい気持ち 

2004年08月31日(火) 19時30分
好きだって気持ちは
いったい何処からくるの


ほんとはずっと解ってた


仕事の電話で架けてきたはずなのに
いつまでも話しを延ばして切ろうとしないこと

あたしのケータイの待ち受けや着メロ
いつも真似してお揃いにしようとするとこ

「メガネかけてない方がかっこいいよ」
そう言った日から
見えてないくせに
ずっとメガネを外してること

「長い髪は苦手」そう言った翌週に
バッサリ切った髪に、あたし気付かなくて
何日か経って切ったの?って聞いたら
「俺ってそんなに眼中にないって事か」って
目も合わせてくれなかったこと

その意味
あたし、ほんとは解ってた


『こんなに毎日、溢れんばかりに気持ち伝えてるのに解らへん?』
苦笑いしながら言ってくれた言葉を
冗談で返してごめんね。


だけど無理なんよ

嬉しくないって言ったら嘘になる

見てくれてる人が居るって
きっと幸せなこと


でも あたしが欲しいのはキミじゃないの


同じ会社だから、とか
年下だから、だとか
それ以前の問題

「俺が居るやん」なんて
平気で言える
そうゆところが無理なんだって。

代わりなんて何処にも居ないでしょう

あたしは代わりなんて欲しくないんだってば。


誰かに解って欲しいなんて思ってないの

簡単に解ったフリなんてしないで


だけどお願い
独りにしないで

我侭だって解ってるけど
お願い
独りにはしないで。

眠れないから 

2004年08月31日(火) 1時34分
台風のせいで眠れない

外では、さっき看板か何か
金属が飛ぶ音がしてたし
強風のせいで家は揺れるし
めちゃくちゃ恐いよ

全然眠れない


そんなわけで(?)昨日の日記の続きを少し。


昨日の日記にも書いた
叱られてた女の人

彼女はあたしの3ヶ月後れで入ってきて
結構気が強くて文句が多い。

自己主張も強めだし
自分を常に正当化しようとする。

白い物を黒だと言って
途中でソレは白だったと気付いても
黒だと言い張って言い負かせようとしたりする。

そんな彼女が、あたしは最初の頃
あんまり好きじゃなかった


文句があれば本人に言えばいい

現状に不満があるなら
まずは自分が変わらなきゃ。


相手の事ばかり攻撃する彼女が
最初の頃あたしは理解出来なかった。


だけど、苦手だーとか嫌いだーとか
思ってても何も生まれないでしょう?

1日の半分は会社に居るんだもの

毎日顔を突き合わす相手の
自分と合わないところや
嫌いなところを指折り数えるよりも
少しでも自分と重なる共通点や
相手の良いところを探したいじゃない?


最初は苦手だった彼女のこと
あたし最近、少しだけ好き。



あたしの性格からして、きっと
嫌いなものや苦手な人
数えだしたらキリがない。

だからこそ思うの

好きな物たくさん見つけたい

人も、そう。

好きだと思えるところ
たくさん見つけたい


それでいつか
たくさん優しい気持ちになれたら素敵。

強くなれたら素敵。


理想論かもしれないけどね(苦笑

上に立つ者 

2004年08月30日(月) 23時44分
会社での出来事


あたしと同じ派遣で、入って半年経つ女の人が今日
上司(元々同じ派遣社員で、最近正社員に上がった女性)に叱られてた

内容は、言われても仕方の無いこと。

最近の彼女は小さなものから大きなものまで
失敗が多くて、あたしも何度が迷惑を被った

・・・・でもね?
あたしが甘いのかもしれないけど
失敗っていうのは誰にでも在る事でしょう?

その都度、注意しないで
ある日突然、一気にぶちまけるのは無しじゃないのかな

しかも、部長やチーフ、サービスマン達が大勢居る前で。

あと30分もすれば、みんな現場に出て居なくなるんだから
それからでも話しは出来るじゃない。


聞こえてくる内容は
言われて当然の事から
話しが飛躍し過ぎて明らかに言い過ぎの事まで。

結構キツい言葉で叱られてる現場を目の当たりにするのは
隣で仕事をしてるあたしにとっても居心地が悪い


あとになって、その上司が
『聞いてて気分を悪くさせてたらごめんね。
でも、彼女にはいつか言わなきゃと思ってたから』
そう、あたしに謝って(?)きたけど
その場に居る他の人間が気を悪くするって解ってるなら
最初からココで言ってんじゃねぇよ、とか
思ったことを・・・・言葉にして言っちゃいました(苦笑

「注意しなきゃいけない事ってあると思うし
それを言うのは嫌な役だから大変ですよね
だけど、言うタイミング悪かったんじゃないかと思います
あんなにたくさん人が居る時に
あぁいった事を言われると
本当の事でも心が頑なになっちゃうし傷つくと思うんです。
どうしても“今”話さなきゃいけないなら
裏(部品庫)でも、会議室でも
どこでも場所が在ったとあたしは思いました」

そう言ったら微妙な表情を浮かべて
席を離れて行っちゃいました

(゚∀゚)あたし、ピーンチ?(苦笑


でも、間違ったこと言ったつもりないよ


人の上に立つからって
多くを求める気は更々ないけど
最低限の事ってあると思う

仕事が出来るだけでO.K.だなんて
そんなわけないでしょ

月に負け犬 

2004年08月29日(日) 23時19分
甥っ子が帰った

会った時と別れる時には必ずする挨拶
おでこを“ゴツンコ”させて
ぎゅーってハグして「またね」って
いつも通りの事をしたら言われた

『ねぇ、あきこ。祐のこと好き?
好きだから“ぎゅー”するよね?』

ゆうべに引き続きの唐突な質問

子供って恐いね(苦笑



きっと今あたし凄く寂しいの


ひとりになりたいけど
独りにはなりたくない

心配をかけたくないから
人と一緒に居たくないけど
孤独は嫌

恐いよ


我侭やよね(苦笑



お薬を飲む度に悲しくなる

飲まなきゃいけない自分が情けなくて。

だけど飲まないわけにはいかなくて。


自分自身に一生懸命に言い聞かせる

いま辛い分
遣る瀬無い分
きっといつか役に立つ時がくるよね


今まで“なんとなく解る”で話したり相談にのってたこと
これからは、もっと親身になって話せると思う


これが2年前だったら
あのコにもっと色んなことしてあげれたのに、なんて
今更ながらに後悔したりもするけれど・・・。



あたし頑張んなきゃいけない

踏ん張んなきゃ


出来るか出来ないか、とかじゃなくて
そうしなきゃいけない

訣別 

2004年08月28日(土) 23時21分
『遣る瀬無い』という言葉は
こうゆう時に使うものなのかな


今日は母の誕生日だから、と
5歳の甥っ子が泊まりに来た


兄夫婦の家へ皆で行って
庭でBBQと花火


可愛い姫と王子の
相手をたくさんして
いっぱい笑ってはしゃいで

ゆうべの悲しい出来事なんて
頭の隅っこ
遥か彼方へ飛んじゃってた


本当に君達が
可愛くて仕方が無いよ


小さな小さな手のひらが
あたしの中指・薬指・小指に
無雑作に絡ませてきた時の
胸の奥から込み上げる愛しさ
何物にも変えがたい


なのに最後の最後
自宅に帰って甥っ子と2人で
「キレイキレイしようね」って手を洗ってたら
『ねぇ、あきこ悲しい?』って。

何を言ってるのか解らなくて
何が?って顔を覗き込んだら
『今日ずっと元気なかったね。悲しい?』
そう聞かれて胸が痛んだ。


5歳の子供に心配されてる・・・。


ダメじゃん、あたし。

なんて小さい人間なんやろう

いくら普通にしてても
“つもり”じゃ意味ないよね


辛いなぁ、情けないなぁ、って
自分を非難してるだけじゃ何も始まんない


あの人の心無い言葉や行動に
なんで解ってくれないの?なんて思っても仕方が無い

あたしが変わらなきゃ

伝えたい言葉 

2004年08月27日(金) 23時30分
いつも後悔する

その時あたしが
ほんとは何て言えばいいのか
どんな風に接すればいいのか
解っていたのに出来なかったこと
たくさん たくさん 在る


今更かもしんないけど
偽善なのかもしれないけど
それでも思う

「幸せになってね」

君に伝えきれなかった言葉


赦せたの?って聞かれたら
散々考えた挙句の答えはNOだと思うし
傷が癒えたわけでもない

まだまだ“前のあたし”には戻れそうにない

顔が見たいとも
声が聞きたいとも思わない



でも大嫌いって思えないの

不思議だけど思えないの



辛くても責めなきゃよかった

やりきれなくても笑えばよかった

「苦しい」はあたしの中だけに閉じ込めて
最後くらい笑ってバイバイって言えばよかった


今でもムカついてるけど

もう2度と話す事はないんだと思うと
少し虚しさが残る

無題 

2004年08月25日(水) 23時19分
凄く苦しくて

辛くて

やりきれなくて

慟哭せずにいられない


何処へ歩いていけばいいのか解らない

何の為にここに居るのか


なんも考えん様に
適当に笑って
適当に冗談を言って
適当に合わせて

いつまで嘘をつきつづければいいの


周りにも
自分自身にも

どこまで偽り続ければいいの


どうすれば終われるの


どうすればいいのか解んなくて
「誰か助けて」って思わず呟いてから
誰かなんて居ないって気付いた

何処にも居ない

自分しか居ない
2004年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:prism0703
読者になる
Yapme!一覧
読者になる