プリンセスフェイス〜愛される小顔の創り方〜で人生が変わる!と悩みを克服する方法

July 19 [Fri], 2013, 21:25
どもども!毎度こんにちは。


今日もプリンセスフェイス〜愛される小顔の創り方〜レビュー特集中です(^^)
↓↓

優良教材プリンセスフェイス〜愛される小顔の創り方〜レビューはこちら


プリンセスフェイス〜愛される小顔の創り方〜は、実は全く効果が無い?
そんな評判も聞きましたが、実際には凄い効果です!


尾田 正子さんが自信を持って世に送った情報教材プリンセスフェイス〜愛される小顔の創り方〜を
超お得な特典付きでお届けしています。



購入前はいろいろご意見は、あるでしょうけど、実際のところは・・・
詳細はこのページのリンクから、本サイトへ飛びご確認下さい。
↓↓

優良教材プリンセスフェイス〜愛される小顔の創り方〜レビューはこちら


て事で、あとはぐうたら日記です。
読み飛ばして下さい^^;


毎度ですが今日の超食・・・じゃ無かった^^;朝食はまぜごはんと、出汁巻たまごと鳴門産のわかめのお味噌汁

私はこれが無いとダメなの。



8分で平らげて、、9時ジャストに自宅マンションを出発しました。



いつもとは違うサンクスに入店して、フリスクを散々待たされて購入



ふーっと一息つける時間です。。



お店に着いたら、日々の日課のポータルニュースをチェック。

今日のヘッドラインは?

↓↓

 「プログレの貴公子」の異名をとる人気キーボード奏者・難波弘之(59)が、ソロ名義としては27年ぶりのアルバム「Childhood’s End〜幼年期の終り〜」(キングレコード)を発売したのを記念して、全国3カ所でライブツアーを行う。

 ソロ名義作品としては「N氏の天球儀」(1986年発売)以来、通算6枚目のアルバム。SF&宇宙をテーマにした壮大なサウンドが繰り広げられるプログレッシブ・ロックの真髄をいく作品として大きな話題を呼んでいる。

 ミュージシャンをはじめ、作曲家、プロデューサー、SF作家、東京音楽大音楽学部教授など様々な顔を持つ難波だが、アルバムが27年ぶりになったのは「ものすごい数のバンドの仕事をしていまして、ライブやCDに関わったり、大学では週1回講義があったりとか、そんなことを20年以上繰り返していたら、いつの間にかこんなに時間がたっていた」からだ。

 SFをテーマにしたのは、昔から好きだったから。「ミュージシャンになる前は元祖オタクだったんですよ。中学2年のとき、『宇宙塵(うちゅうじん)』というSFの同人誌活動をしていました。先輩に荒俣宏さんや清水義範さん、夢枕獏さんといった作家がいらっしゃって、一緒にSF活動をやっていました」。

 34年前に発売したファースト・アルバムも1曲ずつ自分の好きなSFのタイトルを付け、その小説からインスパイアされた曲を書くという内容だった。「今回も好きなSFをテーマにして、そこに宇宙を題材にしたクラシック曲やSF映画音楽のカバーを入れてほしいというレコード会社からの要望もあって、このようなアルバムが出来上がりました」。

 「Introduction〜ツァラトゥストラはかく語りき」をはじめ、「来るべき世界」「虚無回廊」「今夜限り世界が」「でも誰もいない〜骸骨を乗せた宇宙ステーション」「さよならジュピター〜木星の彼方へ(組曲「惑星」より「木星」)」「Ultra Q」「柔らかい時計じかけのオレンジ」「Earth Side」「目醒めの空(あお)」の全10曲収録。

 「題材選びに時間がかかりまして、自分の曲よりもカバー曲の選曲に悩みました。そのためにSF映画を見直したり、サントラを聴き返すといった作業をやり、僕の世界にアレンジできるもの、ロックで表現できるものを探すというのが大変でした」。

 シンセサイザーが響き渡る壮大なサウンドで始まり、オリジナルの新作による歌とインストゥルメンタル、クラシックやSF映画のカバーなど「難波弘之の世界」を堪能できるスケールの大きなアルバムに仕上がっている。また、CDジャケットには、人気イラストレーター・YOUCHAN(ユーチャン)が手がけた色彩豊かなイラストが描かれており、視覚的にも楽しめる1枚だ。

 「『来るべき世界』は、手塚治さんが昭和20年代に描いた有名なSF3部作の中の1作のタイトルを借り、昭和20年代の日本の子どもたちが夢見たであろう未来世界というテーマで始まって、小松左京さんの未完の小説と同じタイトル『虚無回廊』で、昭和20年代から40年ぐらいワープして、僕が読んできた日本のSF漫画やSF小説に自分でサントラを付け、次で歌ものに変わります。海外のSF小説の中からレイ・ブラッドベリの『今夜限り世界が』、終末が来て人類が滅んだあとに『でも誰もいない〜骸骨を乗せた宇宙ステーション』と歌が2曲続きますが、ロボットやAIが地球に残っていて、そこにちょっとお遊びでロボットボイスを入れてみたりして、SF作品とか映画を見ているような感じで聴けるような仕掛けをして作っています。今回は、自分で作った映画のサントラを書いているようで面白かったです」

 今年9月に還暦を迎える難波。タイトルの「幼年期の終り」は「英国のSF作家、アーサー・チャールズ・クラークの『幼年期の終り』という小説がありまして、それを還暦に引っかけて『まだまだ私は幼年期の終りでございます。これからまだ伸びる余地はあります』と、シャレで付けてみました」という。「プログレや僕のファンの人たち以外にもSF映画好きの人、ゲーム好きの人、アニメ好きの人などにも楽しんでもらえるんじゃないかなと思いますし、こういうことをやっているやつがいるよといった感じで気軽に聴いていただけたらうれしいですね」。

 ライブは7月23日の名古屋・ell.SIZEを皮切りに、同24日は大阪・心斎橋のTHE LIVE HOUSE soma、同27日には東京・吉祥寺のROCK JOINT GBで行われる。アルバムにも参加した難波のライフワークのバンド「SENSE OF WONDER」のメンバー、松本慎二(ベース)、そうる透(ドラムス)が演奏を務める。
(この記事はスポニチアネックスから引用させて頂きました)



へえ〜。。。

どうでもいいや



ハイ、それでは本日のメイン。んーっと、今日の業務は・・・

M君によるとサイトアフィリに8時間と、せどりの仕入れに5時間。



ちょっと辛いけどボクであればひだり手いっぽんです(^^♪



バリバリ稼ぐぜ^^



稼ぐのであれば、これかも

↓↓





あら^^;殆ど被って無い?

またやっちゃった?



ではでは。晩御飯は何しよ?

海老フライか海老炒飯がくいてーなー^^;



これも良いか?

↓↓





恐らく次回の記事アップはこの後数時間後になると思います。

ということで、一旦さようなら。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:princess
読者になる
2013年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/princess-face/index1_0.rdf