ハタタケルって何者?

July 13 [Sun], 2008, 23:57
なんだ、ハタタケルって?

職業:癒し人?

第2の326的な?

ファンシーな絵と、人生応援歌みたいな
詩をつけて配る人らしい。

悩める人の人生相談なんかもやってるようだ。


HP見たけど、案の定、めっちゃキツイ。


お前に何が分かるんじゃ!

ある意味、宗教と変わんねーな。


ブログ、絵文字だらけだし。

基本的にオレは絵文字を多用する男は信用しない。

自分のこと、「ハタさん」って読んでるあたりも
キモ過ぎる。

ジャンルは全く違うが、杉村太蔵なんかとも、
同じ匂い、電波を感じる。


「あいのり」なんかにも出たがるタイプだ。


こういうのに需要があるのって、ホント
残念だわ。

ミスドのCMの相武紗季

July 13 [Sun], 2008, 23:50
ナベアツと競演してる、このCM。

相武紗季がめっちゃオモロー。

別撮りしたのを無理矢理つっこんだような、
編集の不自然さもイイ・・・。


もはや、本家より笑えるかも。

http://www.misterdonut.jp/tvcm/pr73b_wm.html


余談ですけど、相武って変換しようとすると
愛撫しか出てこないのね・・・。

「人志松本のすべらない話」にモノ申す。

June 29 [Sun], 2008, 17:44
この間のゴールデンスペシャル。

もうひとつ面白くなかった・・・。

これだけ回数やってれば、ネタ切れ気味か。

しかもたくさん出演者いるのに、
1人1本くらいしかやらないし。


あと、芸能人が大挙する感じがウザい。

ヒップな芸能人が集まる社交界みたいなノリが不快。

「すべらんな〜」コメントとか、感想とか、
めっちゃどうでもいい。


今回のMVSの小藪さんとか、前回の兵藤さんも、
個人的にそこまでイイと思わないんだよな〜。

あのディープ大阪な感じがどうも肌に合わない。

しかもそのコテコテ感を売りにしてる感じが。

松本さんはじめ、そのコテコテ感を、
故郷の懐かしさも含めて楽しんでいる印象。


いつも楽しみにしているだけに、残念です。

なんかイラッとくる表現

June 26 [Thu], 2008, 21:54

1.友人の彼女のことを「彼女さん」と
 さん付けでよぶこと。

    なにこのファンシーな気遣い!

1.彼女のことを第3者に話すとき、
 「相方」と表現すること。

    なにこのファンシーな気遣いパート2!



・・・あると思います(天津木村風で)。

渡辺直美

June 12 [Thu], 2008, 0:34
もはや売れっ子芸人、ビヨンセでおなじみの
渡辺直美ですが・・・、

おもしさがわからんっ!

つーか、むしろ不快。

田舎のビヨンセ大好き姉ちゃん(元ヤン)が、
家で1人DVD観ながら、なりきってるのを
目撃しちゃった、
みたいな、そんな感じだよね。

んー、別に面白くないなー。

すぐに飽きられそうな気がする。

青木さやかや、にしおかのように、
タレントとして残ってく可能性もなきにしもあらずか。

そもそも青木も、にしおかも、タレントとしては
嫌いだ。
芸人で出てきた頃は、わりと好きだったけど・・・。


ちなみにオレの好きな女芸人は、
森山中とハリセンボンの太ってるほう、です!


さてどうだろう。

クリエイトのテレビCM

June 07 [Sat], 2008, 1:49
求人情報「クリエイト」のテレビCMが、
ヘンなんですけど。
↓↓↓
http://www.create-group.co.jp/topics/cm.html

とくに、バンザイ編ってのがやばすぎる。

狂ってるとしか思えない演技。

敢えてチープにしているところもあろうが、
それにしてもこの主人公の演技が、すごいことになっており。

目がイッちゃってます。

ウイニングイレブンでNET対戦。

June 07 [Sat], 2008, 1:02
言わずと知れた、超定番サッカーゲーム。

PS2版の2008で、ネット対戦をちょくちょくやってるんだけど。


なんだろうねー、勝った時の嬉しさを30とすると、
負けた悔しさが80くらい・・・。

いつも、最後には腹立ってるんだよなー・・・。

もうやらね!と思いつつ、翌日になると
イッチョやったるかー、となっちゃうんだけど。


すがすがしい負け方っていうのが、無いんだよね。


うまい人はうまい人で、やっぱり必勝パターンが
確立されていて。

ポイントを抑えていれば点をとれるから、
結局、単調になっちゃうんだよね。

カウンター → 俊足ゴリゴリFWが一気に攻め上り
→ ゴール前で細々ドリブル → かわしてズドン
or パスしてズドン。

強い人は大体このパターンだと思う。

インテルとマンU使いが多いかな。
(バルサはリアルのほうが不振なので、
最近は人気が落ちた模様)

まぁ強い人は、当然スキルありきの必勝パターン
なわけだが、戦ってて、全く気持ちよくない。


基本的には、自分より強い相手と戦いたいんだけど、
(そのほうが燃えるし、こっちも巧くなれそうだから)、
「お〜〜〜、すげぇぇぇ!」と、相手のプレーに
驚嘆 & 感心 するようなシチュエーションには、
なかなか巡り合えません。


テンポのあるパス回しと、バリエーション豊かな
攻撃パターンで、魅せて勝つプレーがもっと観たい。


まぁもっとも、こっちも負けたくないって気持ちが
先行するから、そこまで品のいいプレーはできてない
と思うけど。


ただ、めちゃくちゃ巧い人こそ、そんなビューティフォー
プレーで、ボクを翻弄して欲しいなぁと思う次第であります。

ゴスロリアイドル moon kana 香奈

May 31 [Sat], 2008, 22:51
クロスビートの最新号の吉田豪氏のコラムで
ちらっと紹介されていた、ゴスロリアイドルの
香奈(moon kana に変名したらしい)。

知らなかったのでネットで調べてみたら、
おもしろかったので紹介。


まずこの曲。

代表曲らしいのだが、歌い方が、すごすぎる・・・。

Kana - Hebi Ichigo


「いしごっ、いしごっ」・・・て。

「この江刺〜」・・・って?

空耳ソングにもなりそう。

3:04秒〜10秒くらいのところが、

「和助ない!和助ない!和助ないの〜〜〜!?」

に聞こえる・・・。


リフがちょっと、ザ・キンクスの「オールオブザナイト」
っぽい!(?)

なんか異様に耳に残る・・・。
よくも悪くもクセになる・・・。


んで、もう1本、これは最近のらしいのだが、
このプロモーションビデオみたいの。

曲のノリがすごすぎる。

今度はいきなり、萌え路線×テクノポップ風 である。

敏感に、時代を捉えているのか!?

声が違いすぎ!

いわゆるアニメ声つーか、ロリ声系であるが、
そんな一般的なアニメ声のボーカルの歌声とも、
微妙に違う、異様な周波数を感じる・・・。

最初聴いたとき、頭がパーン!と、なんか
トリップしちゃいそうな、へんな感覚に襲われます。


MOON -kana- bunny tour 2007 in Europe


これまた、アタマから妙に離れない・・・。


この人、2000年くらいにデビューしてるらしいから、
もう8年たつわけでしょ。

つーことは、もう30近くでもおかしくない・・・。

やっぱ、元々はヴィジュアル系のおっかけかなんか
やりつつ、原宿でたむろしていたタイプだろうか。

でも自分で曲作って、服も作って、グッズも
作ったりして、ライブもやって、と、なかなか
エネルギッシュではないか。



youtubeとか観てて驚いたのは、海外でも
知られる存在であること。

マイナー規模ではあろうが、日本のアニメがウケている
ように、ゴスロリ文化が、海外の一部の人たちに
ウケているのかもしれない。

これまたインターネットパワーが、一役買っているように
思われる。

継続は力なり、を感じました。


最後に、せっかくだからキンクスの「オールオブザナイト」
も紹介しておくぜ。
ハードロックもパンクもメタルも無かった時代の、
アグレッシブなギターサウンドのパイオニア。


Kinks - All Day & All Of The Night


有野課長が入院。

May 31 [Sat], 2008, 1:35
ゲームセンターCXですっかりに人気者になった、
よゐこの有野晋哉氏ですが、病気で入院してしまったそうで。

6月にまた次のシリーズが始まる予定になってたが、
どうなるんだろう。トばすのかな。


この間のめちゃイケの「かま騒ぎ」で面白かったのが、
いかに有野が、ファンの間でカリスマ化されてるかって
話を、岡村がイジっていて。

たっぷりと、有野の絶好調ぶりを披露したのだが、
めちゃイケでは相変わらず、ダントツの
存在感の薄さ。

で、濱口は地上波でいくつもレギュラー持ってるのに、
なんとカリスマ有野氏は、めちゃイケだけだと。。
奥さんも心配していると。


とくに気付かなかったけど、言われてみれば、確かにそうなのか。

なんだかんだで、CSか。

ゲームセンターCXの有野課長としては大人気だけど、
それ以外ではニーズがさほど無いっていう、
世間もわりと、冷静なのだな(?)。


そんななかで、体調不良かー。
これまた、らしいっちゃ、らしい感じもしちゃうけどねー。


しょこたん版のゲームセンターCXとかあっても、
おもしろいかもしれないね。
多忙すぎて、それどこじゃないか・・・。

でもスピンオフ企画的に、1回やってもいいと
思うなぁ!

観た映画 「スキヤキウエスタン・ジャンゴ」

May 30 [Fri], 2008, 2:23
これもTSUTAYAで。

三池監督は、デッドオアアライブで評判になった頃から、
大体の作品は観ているのだけれど。

メジャーな監督となってから、これといって面白い作品は
作っておらず、いつもスマッシュヒットくらいなのに、
継続して大メジャーとして、作品を撮っている、
非常に恵まれていると思います。

大好きなんだけど、いつも期待を裏切られるんですよね・・・。

この映画、三池監督の作品のなかでも、特に、といっても
いいくらいの豪華キャストで。

しかも全編英語を話させる(吹き替え版まで作ってる!)
特殊な凝りよう。

はっきりいって、意味ないと思うんだけど。

この映画、大ヒットまではしてないと思うんだが、
儲かったんだろうか。


映画全体としては、まずストーリーは、つまんない。

ときおり、無駄としか思えないシーンがあったり。

でも豪華キャストと、ビジュアル面のカッコよさと、
アクションシーンのキレ、三池監督らしいブラック
ユーモアとで、それなりに楽しめるところもある。


和風ウエスタンっちゅうことで、
イメージとしては、キルビルに対する、
日本からの返答、みたいな。

クエンティン氏も出演してるしね〜。

雰囲気も、似たところあるし。

某と某の師弟関係のエピソードは、まんま
キルビルと重なるような気も。


三池監督作品の味、魅力は、メジャー作品には
合わない。バランスがおかしくなるというか。

B級でこそ、咲くものだとずっと思ってしまっています。


でも「ヤッターマン実写版」は、まず実写版っていう
フォーマット自体が、ブッ飛んでるから、
おもしろくなるんじゃないかと、期待しています。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:primal_rocker
  • アイコン画像 誕生日:1978年
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:会社員
読者になる
もうすぐ30、しっとるけ〜のけ
2008年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
【人気ブログランキング】へはこちらをクリックお願いします。
メッセージはこちらへ

TITLE


MESSAGE