TAKUYAとミーアキャット

August 17 [Wed], 2016, 13:41
ニキビの原因はアクネ菌ですので、フェイスタオルやメイク用のスポンジといった肌に触れる物を共有で使用したり、直接肌が接触してそのまま洗わないで放っておくと、ニキビがうつってしまうことがあるので注意が必要です。また、自分のニキビを触った後で、他の場所を触ると、そこにニキビが増える可能性があります。

にきびが出来た後によくあるトラブルが、肌がくぼんでしまうことや肌に黒い跡が残ってしまうことです。クレーターの問題はきちんと治療できる皮膚科で治療しないとなくすことはできませんが、黒ずみに関しては美白化粧品によって少しずつ薄くするという治療もあるのです。



お顔に出来たニキビというのは誰もが早く解消させたいものです。
早くニキビを改善させるためにも、ニキビには触れないことが大切です。


汚れた手で軽い気持ちで触っていると、ニキビを悪化させる原因となりますし、あまり触りすぎると肌に傷をつけてしまいます。ニキビ対応に栄養管理が必須です。

脂質、糖質を多く含んでいる物を摂り入れ過ぎることはニキビの要因になります。

チョコレートは脂質も糖質も多いので、あまり摂り入れ過ぎないようにした方が無難です。カカオが多く含まれ糖質の少ない物はお肌にも悪くないのでので、やむを得ず食べたい時には成分表を考慮にいれましょう。ニキビを搾り出すと、そこから膿が出ます。

もっと潰すと今度は芯が出ます。これがニキビの元なのですが、無理やり潰して芯を出すことは決してオススメはできません。無理矢理に潰すことになるのですから、より一層炎症が広がってしまいます。ニキビ跡が残ってしまうことも多くあるので薬等をつけて少しずつに治していきましょう。ニキビは食べ物と密接に関連性をもっています。食べるものに気をつければニキビのケアにもなります。

食生活は野菜中心のメニューに変えて、できるだけビタミンやミネラルを取り入れましょう。

食物繊維が多く含まれる野菜は、便秘解消という観点でも、ニキビを減らす効果があります。

ニキビが出来る理由は、ホルモンがたくさんですぎることではないかと言われています。
その結果、成長期に主にニキビが出来るのです。人それぞれにあります。
中でもその一つが、そうすると、健康的な日常にも繋がります。ニキビを作らないようにする上で大切なのは、雑菌の温床にならない環境をつくることです。

ファンデーションのパフに皮脂汚れが付けっぱなし、例えば、枕を長年洗っていない、手で肌に触る等の行為は、顔に雑菌を塗っているのと同じです。
常に清潔にいれるように意識していきましょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:サキ
読者になる
2016年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/prilrpnvecybeo/index1_0.rdf