政府、関電10%節電要請へ  

October 31 [Mon], 2011, 11:23

今冬、東電は設定せず
 政府は26日、今冬の電力不足対策として、関西電力管内の家庭や企業に対し、最大使用電力で昨冬比10%以上、九州電力管内には5%以上の節電を要請する方針を固めた。節電目標はともに12月19日からで、来年春まで続ける。政府は11月1日にも正式決定する。
 産業界などへの影響が大きいため、電気事業法に基づく電力使用制限令の発動は回避し、節電要請にとどめる。
 一方、東北電力や東京電力の管内は、数値目標を設定した節電要請は行わない方針だ。東北電管内は電力不足が懸念されるが、東電からの融通で対応する。
(2011年10月27日
読売新聞)


関連ニュース


固定資産税、4000億減収…12年度試算

「TPP参加、日本は早期判断を 米通商代表」:イザ!

復興予算、どう区分…与野党間に新たな論点


福井