子猫を迎えるにあたって。 

2006年09月19日(火) 23時00分
この度は、子猫の里親を申し出てくださって本当に感謝しています!

まず。簡単にではありますが、子猫と暮らしてくださる里親様に
必要な基礎知識だけを読んでいただけるよう、まとめブログを作成致しました。
子猫を迎える前にこちらを読んでいただき、準備していただければ幸いです。

子猫の引越しにあたり、里親様に揃えていただきたい物は…

*子猫のゴハン
(引越し当日から食べられるよう、ドライフードと缶詰をご用意ください。)

*ゴハンとお水を入れる器

*安心できる寝床の確保
(大体で考えておいていただければ問題ありません。)

*トイレを置くスペース
(トイレはこちらで一つずつお渡し致します。2匹で1つで大丈夫です。)

*ブラシ
*猫草
*おもちゃ
*つめとぎ
(こちらのものも、お早めにご用意していただくのが良いかと思います。)

…といった所でしょうか。最初は最低限のもので構いません。
詳細はこのブログに以後記載してありますので
読んだ上でどのようなものを購入されるかご検討ください。
ゴハンだけは、最初は似たようなものを与える方が食べると思います。

また、こちらから里親様のご自宅まで子猫を連れていかずに
お渡しする場合は、子猫を入れるためのキャリーバッグも必要になりますので
お引越しの当日にはご持参くださるようお願い致します。

こちらからご自宅まで子猫をお届けできる里親様は、当日はキャリーバッグの
必要はありません。しかし、病院に連れて行く際などに必要になりますので
時期を見て購入をご検討ください。

ごはんについて。 

2006年09月19日(火) 23時10分
現在のごはんタイムは、約6時間おきで1日4回ですが
きちんと量を食べる場合は、8時間おきの1日3回でも良いかと思います。
長時間家にいない場合は、かならず置きエサとお水の用意をしてください。
そして、いつも同じ場所に置いておくようにしてください。

今はドライフードと缶詰を混ぜたものを主食にしています。
ドライフードの形が見える程度に、缶詰を混ぜています。


 ↑子猫用のドライフードです


 ↑4つで1セットになっているような、そんなに高くない缶詰です。
  色んなタイプを買っておいて、4缶食べ終えたら
  違う種類のものに変えてあげています。
  いつも同じ味だと飽きるみたいです。


 ↑混ぜた状態はこんな感じです。
  これは母猫用のゴハンの画像なんですが…
  子猫もこのぐらいの割り合いで混ぜています。

缶詰は、開封したらサランラップに1回分ずつ小分けにして、
ビニール袋にまとめて入れて冷蔵庫に保管しておきます。そうすると楽です。
ドライフードは香りが飛んだものは食いつきが悪いので、
香りを逃さないように輪ゴムで留めたり、密閉容器に保管がオススメです。
混ぜたての新しいゴハンは匂いが良いらしく、勢い良く食べてくれます!

世話ができない時間が長い場合、置きエサとお水は必ずたっぷり用意してください。
缶詰を交ぜると傷みやすいということも、忘れずにいてください。
時期や外出時室内の気温などを考えて、置きエサはドライフードだけに
するというのもアリかもしれません。そのような場合も、
香りが飛んだドライフードを何日も置きっぱなしにするようなことは避けてください。
(缶詰と混ぜたものの繰り越しも避けてくださいね。)


お水は器をそのまま床に置いておくと、遊んでいる時にこぼして
しまうこともあります。なので受け皿みたいなものを下に置くのがオススメです。
更に新聞紙を敷いておくと良いかもしれません。


 ↑お水は、できるだけこまめに取り替えてあげてください。

トイレについて。 

2006年09月19日(火) 23時17分
子猫と一緒にお渡しするトイレは、上にカバーの付いていないタイプです。
今までそのようなタイプのトイレを使用していたので、引越しと同時に
トイレのタイプが変わってしまうと、戸惑って粗相をする可能性があるからです。
もしカバー付きが良いとお考えでしたら、子猫が新しい生活に慣れた頃が
良いかと思います。2匹飼う方も、1つのトイレで問題ないと思います。


 ↑我が家のトイレの様子。

トイレは、ひと回り大きいダンボールに入れておくのがオススメです。
入り口になる部分を入りやすいようにカットしておくと、床に砂が
撒き散らされてしまうことが減ります。また、子猫は
低めの囲いがあると落ち着いてトイレができるみたいです。


 ↑今使っている砂はこれです。細かめなタイプです。

この砂は固まるのが早くてしっかり固まるのでオススメです。
猫用の砂は色んな種類がありますが、素材には木を使っているものが
一番良いと思います。「おから」を使ったものは、猫が食べてしまうという
ケースがあるみたいなので使用は避けてください!

トイレの中は、できるだけ清潔を保ってあげてください。
固まった砂をスコップでこまめに取り、スーパーの袋などに入れます。
きちんと結んでおけばそんなに匂いも気になりません。
最後に、砂の表面を平らに均してください。
砂が減ったら足してあげて、いつもたっぷり砂がある状態にします。
一ヶ月に一度くらいは、トイレの砂を捨て、容器を洗い、
新しい砂に総入れ替えするようにしてください。

置く場所は、部屋の隅が良いと思います。
引越し後は、まず最初にトイレの場所を教えてあげてください。
トイレは躾済みですので、砂を踏んで匂いを嗅げばわかってくれると思います。
飲み水を置いておく場所は、必ずトイレと離れた場所にしてください。
砂がお水に入ってしまう可能性があります。

猫の足についた砂は、どうしても床に落ちてしまいますので
小さいホウキとチリトリと、コロコロタイプの粘着シートがあると
とっても便利です。猫の毛を取るのにもコロコロは活躍しますので
何個か買っておくと良いかと思います。



 ↑私が使っているのはこのような小さいタイプです。
  100均のものでも良いかと思います。

また、トイレの匂いが気になることもあるかもしれませんので
消臭グッズは持っていると良いかもしれません。
猫は強い香りを好みません。できれば、無臭タイプにしてください。
空気にシューっとできるものはオススメです。私はリセッシュを使っています。


 ↑置いておくタイプのものは、倒されないような場所に置いてください。

寝る場所について。 

2006年09月19日(火) 23時25分
自分のお気に入りの場所を、何箇所かつくるようです。
狭くて暗い場所、広い場所、暖かい場所、ひんやりした場所など
自分がその時にどこで寝たいかによって、寝る場所を変えます。


人の寝ている横にきて、一緒に寝てみたり…


誰も居ないベッドを独占してみたり…
(タオルケットをうにょーっと置いておくとそこに集まります)


キャットタワーで寝てみたり…


収納に収納されてみたり…


あとは、籐のカゴにタオルを敷いた場所や、ベッドと壁の隙間や、
椅子や、椅子の下のスペースや、床にベターっとしていたりも。

落ち着いて眠れる場所を、確保してあげてください。
猫用ベッドも、結構安く売っているので良いかもしれません。

こういうものです↑
ココで寝てみたらー?という感じで、寝転ばせて撫でてあげると
その場所に落ち着いたりもします。

寒くなってきたら、フリース素材のブランケットなどを敷いてあげると
好んでそこで眠るようになるかと思います。毛布も大好きです。

お部屋の環境作り。 

2006年09月19日(火) 23時32分
テレビの上や棚の上の、固定されているもの以外は
なるべくしまっておくようにしてください。上った時に落として
壊してしまったり、おもちゃにされてしまう場合がよくあります。
ある程度高い場所でも、上ってしまう可能性のある場所は
できるだけ収納しておくようお願いします。

またテーブルの上にある細かいものや、すぐ手に取れる
場所に小物があると、遊びに使われてしまう場合があります。
ピアスやヘアアクセサリーをポンっと置いておくのも危ないです。
大きめなヘアクリップでも、ズルズル引っ張り歩いています。

他にも、細いコードにじゃれつくのが大好きなので要注意です。
ケータイの充電用コードや、イヤホンのコードなどなど。
そのようなコードは、使わない時にはひとまとめにして箱などに
入れておくのが良いかもしれません。私はイヤホンのコードを
齧られてひとつダメにしてしまいました…;
使用時は仕方がないので、コードが見えないように
何か被せておいたりすると良いかもしれません。
このような行為は子猫の時だけですが、できるだけ危険のないように、
また、猫も人間も嫌な思いをしないために整えておくと良いかと思います。


私は、このような箱にひとまず細かいものを一気に入れてしまって
子猫が歩く場所に小物を置かないようにしています。

遊びについて。 

2006年09月19日(火) 23時39分
子猫は起きている時間=遊びの時間と考えていいかと思います。
成猫になれば落ち着きますが、子猫の時期は遊ぶのが大好きです。

2匹で飼われる方は、猫同士が遊び相手になりますので
人間が遊んであげなくとも2匹で勝手に遊ぶとは思いますが、
時間のある時には是非遊んであげてください。
1匹で飼われる方は、ストレスが溜まらないように一緒に遊んであげる
時間を作ってください。その場合、おもちゃを使うと喜びます。


 ↑このようにじゃれるタイプのおもちゃは、子猫に大人気です。
  ゆっくり動かしてみたり、早く動かしてみたり、
  急に動きを止めてみたり…変化をつけてあげるのが良いみたいです。


 ↑ねずみのおもちゃなどは、咥えて持ち運んだりして一人で遊べます。
  ただし、「獲物とった!」という気分になるらしく野生っぽく
  「うーうー」と鳴いたりします。


 ↑トンネルをくぐり抜けるという行為は、成猫も大好きです。


 ↑キャットタワーのように、上下に運動ができるのは
  猫にとってストレスが溜まらず良いらしいです。

グルーミング 

2006年09月19日(火) 23時45分
長毛種はもちろん、短毛種の猫にもグルーミング(ブラシをかける)が
必要になってきます。ブラシの種類や方法は、こちらに
記載されているのを参考にしてみてください↓
http://www.geocities.co.jp/AnimalPark-Shiro/3131/groom.htm

最初に用意していただきたいのは、ノミ取りもできる
目の細かいブラシです。我が家のものはコレです↓

動物病院などで使われるノミ対策の「フロントラインスプレー」は
少し前に投与してあります。里親様のお宅へ引っ越す前にも
もう一度投与する予定です。ですが子猫の為、「ノミの卵やさなぎ」にも
効くタイプの「フロントラインスポット」はもう少し待つように病院の先生に
言われた為にまだ投与できていません。申し訳ありません。

ノミは、見つけてもきちんと対策をすれば大問題にはなりません。
ちなみに…取ったノミは潰すと卵が飛び散ってしまうそうなので、
ガムテープで閉じこんでしまうか、中性洗剤を入れた水に沈めてください。
「目に見える成虫のノミは全体のわずか5%にすぎず、他の95%は
目に見えないノミの予備軍(卵・幼虫・さなぎ)です。」と言われています。
また人間が外出時にノミを家につけて帰ってきてしまう場合があり、
部屋に潜んでいたノミが猫の血を吸い寄生して増えてしまうという
ケースもあるようです。なので、ノミ用のブラシはご用意ください。

もう少し大きくなったら、フロントラインスポットを投与していただけるよう
お願い致します。こちらはインターネットでも購入できます。
市販のものはあまり効果がないので、フロントラインがオススメです。
体内に虫のいる可能性については、病院の虫くだしの薬を
投与済みです。こちらはご安心ください。

猫が自分で体を舐めてキレイにするグルーミングでは、
その際に体内に入った毛がうまく排泄できない場合があり、
毛玉が胃に溜まってしまう場合があります。
その為に「猫の草」というものがあります。室内で簡単に
栽培できるキットが売っています(猫グッズを取り扱っている場所なら)
これを食べると毛玉を吐き出すことができます。
室内飼いの猫にとって大切なものの一つです。

猫との関わり方、しつけ。 

2006年09月19日(火) 23時50分
インターネットで調べると、猫との暮らし方について書かれているサイトは
たくさんあります。基本的なことから、関わり方、しつけなど
こちらのサイト↓はわかりやすく書いてあります。

「猫と暮らす前に」
http://www.geocities.co.jp/AnimalPark-Shiro/3131/firstly.htm

「猫を迎え入れよう」
http://www.geocities.co.jp/AnimalPark-Shiro/3131/welcome.htm

「猫の上手なしつけ方」
http://www.geocities.co.jp/AnimalPark-Shiro/3131/trainning.htm

「猫の凶暴性への対処法」
http://www.geocities.co.jp/AnimalPark-Shiro/3131/aggression.htm

「猫の爪の話」
http://www.geocities.co.jp/AnimalPark-Shiro/3131/nail.htm
http://www.geocities.jp/the_happywhiskers/declaw.htm


猫を迎える前に読んでみてください。

こちらを参考にさせていただきました。
他にもたくさん載っていますのでご参考にどうぞ。
http://www.geocities.jp/the_happywhiskers/HOME.htm

その他、近況など 

2006年09月20日(水) 0時32分
ご不明な点、ご心配な点、ご相談等々、何かございましたら
お気軽にご質問ください。ケータイにメールしていただけると
一番早くお返事ができると思います。

子猫の近況報告も兼ねて、兄弟7匹を紹介します。
19日の夜に撮影した最新画像です。


茶ミケさん(左)、黒ミケさん(右)


茶トラくん(上)、サビさん(下)


黒トラさん

↑この5匹は全てmixiで里親様の決定した子達です。
本当にありがとうございました。これからもお気軽に
ご連絡ください。たまに近況報告をしていただけると嬉しいです☆
今後ともよろしくお願いいたします。


白系ミケ2匹

↑左の子は我が家の子になります。
 右の子は姉の友人S山さんのお家へお引越しです。
 仲良くしてあげてください☆

2006年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:pretty-kitten
読者になる
Yapme!一覧
読者になる