タシギで佑(たすく)

January 14 [Thu], 2016, 15:29
妊娠をきっかけに専門家による栄養指導を学んだり、母親学級で説明を受けた方も多いと思います。多くの方が、そうした機会に、葉酸の働きと葉酸を多く含んだ食品を学ぶと思います。



皆さんがご存知のように、葉酸を多く含んだ食べ物として、一番に声が上がるのがレバーだと思います。

あるいは、野菜も代表の一つですね。実際に食材から葉酸を摂取しようと考えた場合、いくつかの注意点があります。
葉酸は調理の際の加熱で溶け出てしまい摂取しにくいという葉酸の性質を理解した上で、十分な葉酸摂取を心がけてください。特に妊活中に必要なのが葉酸キャンディーなどの葉酸サプリです。
これは妊活中の方にはもちろんのこと、妊娠してからも出産してからも、できるだけ、継続して摂取することが望ましいのです。葉酸のサプリは母親の体にも、子供の体にもとても良いといわれます。



女の人の体には妊娠準備期間から出産後まで、続けて葉酸が必要なのです。妊娠中の全期間を通して赤ちゃんが問題なく育つために栄養素の中でも特に重要なのが「葉酸」です。

「葉」がつくくらいですから、キャベツ、レタスなどの葉物野菜を食べれば摂取できるように思われがちですが、本当は果物からもたくさん摂取できるもので、とりわけ豊富なイチゴからは、100gあたり90μgの葉酸が摂取できます。

葉酸は妊娠中、通常の倍近い量を摂らなければならないため葉酸が豊富な食材について調べ、日々の食事の中で、欠かさず摂れるようにしましょう。今の時代、不妊に悩む夫婦は、夫婦の1割ほどです。



不妊治療を行おうというときに、ひっかかるのが高額な医療費です。地域によっては、助成金を請けられるケースおあるので、ぜひ利用しましょう。

これは自治体ごとに請け入れ条件が違いますから、お住まいの自治体の公式ウェブページなどをチェックしてみてください。


もしも妊活の結果がずっと出ない場合は、心身ともに耗弱してしまいます。

生殖機能というものはストレスによって弱くなってしまいますので結果として悪循環になってしまう可能性があります。

それ故、思い切って妊活を休止したほうがいい場合もあるのではないでしょうか。実際のところ妊活の休止中に妊娠に成功したという人も多数います。ご自身の年齢を考慮し、医師ともよく相談をして、いったん休むことも考えてみてはどうでしょうか。

栄養不足が不安だという妊婦さんの頼もしい味方と言えば、ピジョンが発売している葉酸サプリです。こちらの葉酸サプリは複数の種類のものがありますよね。


それに殆どの製品が葉酸だけでなく鉄分やカルシウム、ビタミンといった、妊婦にとって不足しがちなすべての栄養素が詰め込まれていますから、一錠で多くの栄養素を摂取できるんですよね。


こうしたサプリを利用すれば、カルシウムのサプリやビタミンのサプリ等、複数のサプリを複数服用しなくても良いので、手軽に十分な栄養素を摂取出来ます。

管理も楽なので、おススメです。ピジョンの葉酸サプリは、葉酸以外に含有した成分に特徴があるので、ご自身の生活や状況に照らし合わせ、不足しやすい栄養素を補給できるサプリを選択するとより効果が高いです。

妊婦が多く摂るようすすめられる葉酸ですが、熱すると失われてしまうので、調理をする場合には気をつけることが求められます。



中でも、調理の手順で長い時間熱を加えてしまうと、ミネラル分、栄養素は半分に減ってしまいます。ですので、加熱する際はぱっと湯通しするだけにするなど加熱のしすぎに気をつけることが大切です。赤ちゃんと母体のために、葉酸は欠かせないと言われていますが、過剰摂取に気をつけないと副作用に苦しめられることがあります。

症状としては、食欲がなくなったり、吐き気が起きたりするなど全身のあちこちに副作用が起き、時には子供にまで影響が及んでしまいます。



赤ちゃんと自分のためだと言ってもくれぐれも過剰摂取にならないようにしてどんな栄養補助食品や薬にも標準摂取量があるので、守っていくことが大事ですよ。
そろそろ赤ちゃんを、と考えているなら必要な栄養をきちんと摂るように努めた方が良いのですが、特に葉酸の不足が問題で、赤ちゃんが先天性障害を負う危険性が高まります。

水溶性ビタミンである葉酸は、尿に溶け出しやすく体内に蓄積されるものではなく、日々摂取しなければならない栄養素だということを忘れないで欲しいのです。


モロヘイヤやほうれん草などの葉物野菜だけでなく、果物やレバーなどにもたくさん含まれています。

いろいろな食材から、毎日確実に葉酸を摂るようにしましょう。
妊婦には葉酸と聞いて、積極的に摂ろうとしている方もけっこう見受けられます。

当然知らなければならないのは、葉酸を多く含んでいる食材は何かということです。名前が「葉」の「酸」なので、ほうれん草やモロヘイヤなど、葉物野菜には豊富です。意外なところでは、マンゴーからも多くの葉酸が摂れます。

私の妊娠がわかったのは、マンゴーの旬である夏だったのでお医者さんのすすめもあって、よく食べていました。

マンゴーは食物繊維もたくさん含んでいるので、便秘にも効果があるそうです。毎日葉酸を摂取するといっても様々な方法を挙げることができます。一番手軽なのは食材の中の葉酸を増やしていくことです。しかし、水溶性で熱に弱いのが葉酸の性質であり、特に妊産婦の所要量を食事の中で満たすのは毎日のことなので、相当がんばらないといけません。

葉酸を効率よく摂取することを考えても、サプリなどを併用する方が現実的です。
食後に飲むと、最も効果が上がると覚えておいてください。流行している黒豆茶ですが、妊活中の女性が積極的にこのお茶を摂取することはとても良いことです。



理由は、黒豆茶がノンカフェインなので、妊活中の女性には嬉しい飲み物であることは間違いありませんし、イソフラボンという黒豆に含まれている成分が女性ホルモンの一つに近い働きをしてくれるためです。
イソフラボンを十分に摂っておくとホルモンバランスを正常に整えてくれる作用がありますので、ぜひ、毎日温めた黒豆茶を飲みましょう。友人は妊活していた頃の話だったと思いますが、よく漢方を飲んでいたと思います。その子によると、妊娠しやすい体質づくりのために、漢方を服用していたそうです。



妊活中は薬を控えた方が良いと聞いていましたが、漢方であれば安全に服用できると思います。



彼女は漢方を続けていたようです。その効果かどうかはわかりませんが、結果的に赤ちゃんを授かることが出来たそうですから、本当に良かったと、お祝いしたい気持ちでいっぱいです。

妊娠を希望する人は、妊活中に十分に葉酸を摂取しましょうと、雑誌に書いてありました。

葉酸は、妊娠中に摂るものかと思っていたのですが、どうやら受胎した時から最も重要な栄養素のひとつだそうで、一般的に妊娠に気付く以前から必要なもののようです。



ビタミンBのひとつなので、野菜や果物などにも含まれているようですが、私は普段の生活では野菜をあまり食べていないので、そういう場合は葉酸サプリにサポートしてもらうのも良い方法だそうです。
安全性が高く、自分に合ったサプリを調べて、健康的な赤ちゃんを授かれるように、努力していきたいです。妊活中の話ですが、産み分けについてママ友から教えてもらい、本で詳細を知りました。


上の子が男の子でしたし、次の子は女の子が欲しいと考えていたからです。本に載っていたように、排卵日を特定した後うまくタイミングを合わせたりしながら、産み分けにチャレンジしました。



妊娠が分かったときは嬉しかったのですが、産み分けの事もあって性別が判明するまで緊張しましたが、女の子だったので、とても嬉しく思っています。私の考えではカイロを上手く使うことで妊活に役立てられると思います。靴下の2足ばき、分厚いインナー、などなど努力しても、私は冷え性持ちなので努力もむなしく体の末端がすぐに冷えてしまいます。これでは妊娠も難しいですよね。

しかしながら、雑誌で読んでカイロを使ったらなんと、その冷え性が改善してしまったのです。

低温ヤケドしてしまうので、直貼りは禁物ですが、服の上から貼れば、妊活にも役立てられるはずです。
葉酸を摂取する妊婦の方へ、少し気を付けていただきたいことがあります。
葉酸を食べ物から摂取しようと葉酸を多く含む代表的な食品である、ほうれん草や貝類、レバーを、意識して摂るようにしている方も少なくないですよね。ですが、葉酸というものは熱に弱いため調理の際の加熱によって大事な葉酸が失われてしまうこともあるんです。結果的に、摂取量が足りないという事もあるので、注意が必要です。
「妊活」という言葉から想像できることと言えば、基礎体温の検温や体調の管理など、女性がやるものだという印象が強いかと思います。ですが、実は、男性にもぜひお勧めしたい妊活があります。



それが、葉酸を積極的に摂るという習慣です。流産や不妊の原因因子として、女性の問題ばかりでなく、男性に原因がある事もあります。特に注意すべきは精子の染色体異常です。

受精卵の着床率に影響がある為、染色体異常率を軽減する必要があります。

葉酸にはこうした染色体異常を軽減するという研究結果が報告されていますので、是非、男性にも実践して欲しい妊活のひとつなのです。そろそろ赤ちゃんを、というときぜひ摂りたい栄養素として葉酸が人気を集めています。ビタミンMと呼ばれることもある葉酸は、大分類ではビタミンB群の一つです。
造血機能を高めるビタミンとされていますが、全ての細胞が活発に増えていくために絶対必要な栄養素であり、妊娠するためには夫婦どちらにも重要です。
葉酸には子宮内膜をしっかり作る効果もあり、受精卵も着床しやすく、育ちやすくなるため着床して妊娠するのをスムーズにしてくれます。

病院で妊娠の診断が出れば栄養素の中でも、特に葉酸の摂取を心がけてください。



きちんと葉酸を摂ることで、胎児の発育が促進されますし、母体の健康を維持するためにも大事な栄養素だと言えます。葉酸の多い食材を意識して食べていても、妊娠中の所要量は摂取が難しいものです。



葉酸の不足を招かないためにはサプリメントなども活用しましょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Souta
読者になる
2016年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/prepeel51ana4b/index1_0.rdf