人というのは

January 23 [Wed], 2013, 15:51
成功したら自分の実力だと思い、失敗したら社会のせいにする傾向にあると思う。

その傾向にあると、成功していてもひと度社会が悪くなったら成功を維持できない。
また、失敗は自分に問題があると思わなければ、社会が良くなっても成功できなくなってしまう。

このことを意識して仕事をしなければならないと感じた。

都心

January 18 [Fri], 2013, 16:02
東京はとにかく人が多過ぎる。
電車がひとつでも止まったら駅に人がごった返してしまう。

なぜ人が多いのか。
それは会社や商業施設が東京に集中しているからということが大きい。

ではなぜ東京に集中しているのか。
それは会社同士が近いと営業しやすいし、そのおかげで人が多くなるので商業施設もそこに出店すれば儲かる。
この繰り返しでどんどん人が集まってしまうのだと思う。

では一箇所に集中させないためにはどうしたらよいのか。
それは移動時間を短縮するようにすればよい。
たとえば電車が2倍の速さで動くことができれば会社間が2倍の距離でも移動時間は変わらない。

しかし、しばらくこれは実現できないだろう。
今ではアクセスしやすくなった駅はあるけれど、基本的に電車の移動時間は一向に変わらないからだ。

それではどうすればよいか。
一つの考えは移動しなくてよいようにすることだ。

例えば、人が直接いかなくてもカメラなどで写した画面をあたかもその場所にいるように移してくれるディスプレイを開発し、自分の会社にいながら営業活動や会議ができるようにするということである。

こうすれば物理的な距離など問題がないので拠点を一箇所に集中する必要もなくなる。
こういった未来を私ははやく見たい。

就活ビジネス

January 14 [Mon], 2013, 19:17
1月も半ばになり、就活真っ最中の人もいるだろうがひとつアドバイスというか忠告がある。
それは就活ビジネスに乗せられないように気を付なければならないということだ。

就活生はよく就活サイトなど就活支援の企業にお世話になっていると思うが、就活支援企業の良いお客さんになってはいけない。
なぜなら就活支援企業はその企業を通してエントリーや説明会参加人数を増やすことが儲けの種になっているからだ。
つまり就活生ひとりひとりに多くの企業に関わらせようとしている。

もし多くの企業にエントリーや説明会参加してしまうと、本当に内定が欲しい企業にかける時間が少なくなってしまう。
数打てば当たるという考えもあると思うが、少ない労力で入社したい企業に内定をもらえた方が良いにきまっている。

だから就活サイトでよくある「あと○○社エントリーしてください」みたいな言葉に惑わられないで欲しい。
本当に内定が欲しい企業に多く時間をかけた方が私は良いと思う。

節約は賢いのか

January 11 [Fri], 2013, 10:14
節約する人は賢いと言われています。
私も子供の時は親によく節約するように言われていました。
例えば電気をこまめに消したり、風呂を追い炊きしなにように早い時間に入るとかです。

でも私は大人になったとき、これは賢い行いなのかと疑問に思うようになりました。
なぜなら、例えば生活費が15万円かかっていた人が頑張って節約しても生活費を0円以下にはできないからです。
つまり、どんなに節約しても15万円以上を浮かせることができないのです。
さらに節約する時間も浪費します。

そんなことをしている暇があったら、儲かる方法を考え、お金を稼ぐ行動に時間をかけるべきです。
稼ぐお金にはほぼ限界がありませんからね。

さらに、みんなが節約をするとモノが売れなくなり、経済が悪くなります。
逆にみんながお金を稼ぐ行動を取れば、経済は良くなると思うのです。

こうしたことから、無駄遣いはいけないと思いますが、お金を得るために節約をするのは個人にとっても経済にとっても私は良いとはあまり思えません。

上に立つ者

January 09 [Wed], 2013, 23:03
私はいわゆるバカと言われている人や能力のない人、努力のしない人は嫌いではない。
興味がないだけだ。

しかし、その人が上に立つ者だった場合は違う。
大嫌いだ。

こう思うようになったのは、中学のとき。
私はバスケ部に入部していたが、その顧問が最悪だった。

顧問の指導方法は常に根性論で、適切な指導をしていなかった。
例えば、顧問はバスケの経験がなく、技術は教えられないくせに体力だけ鍛えようとしていた。
実際は中学の年代では体よりも技術の方が伸びやすいことが科学的に証明されているし、過度な運動を連続して行うと体に悪い
それを示すように当時レギュラーだった人たちは特に過度な運動や筋トレを強いられていたので、今でも中学時代と同じくらいの身長のままだ。
逆にレギュラーでなく、筋肉を付けなかった人たちは身長が大きく伸びている。

それだけでなく、顧問は練習中に水を飲むことを禁止していた。死ぬほど暑い真夏のときも例外ではなかった。
いまでは考えられないバカな指導法である。

このように上に立つ者がしっかりしていないと被害者が多数出る。
だから私は上に立つ者はそれ相応な人物でないといけないと思う。

アルバイト

January 05 [Sat], 2013, 11:12
前の記事でお金を沢山稼ぐために時間をお金にかえることはしてはいけないと書いたが、私は今アルバイトをしている。
それはまだ稼ぐための方法を確立していないという理由もあるが、他にも理由がある。

それは一般的な人々の感覚を肌で感じる必要があるからだ。
例えば何かモノやサービスを売る仕事で稼ぐと決めたとき、その多くのお客さんは一般的な人々になる。
お金持ちのみに売るということもあるが、いきなりは難しい。

そういった時に一般的な人々が何を考えてモノやサービスを買うのかということを知っていないといけない。
私の大学は専門的なので同じような考え方をしている人が多いので、アルバイトをするまでは他の人がどんな考えをしているのかわからなかったと思う。

そういったことからアルバイトをすることは意味があった想う。

時間を売ること

January 04 [Fri], 2013, 11:02
お金を沢山稼ぎたいときに絶対にやってはいけないことは時間を売ることだ。
時間を売るということは例えばアルバイト
アルバイトは時給で給料が決まっており、どれだけ売上を上げても、効率的に仕事をしても給料は同じ。
つまり労働する時間を売ってお金を稼いでいるのだ。

もしお金をもっと稼ぎたい場合は、労働時間を増やさなければならない。
1日の時間は限られているし、そもそも人間ができる労働時間はそれよりも短い。
つまり限界がある。

お金を沢山稼ぐには少しの労力で大きな成果がでる仕事をしなければならない。
そして余った時間でさらに他の仕事をする。
その繰り返しをすることでお金をどんどん増やしていくことができる。

とりあえずの目標

January 03 [Thu], 2013, 14:54
本当の意味で自由になるためにはある程度の財力が必要だ。
ただいきなり生涯年収を得るのはとても難しい
今から頑張ってお金を稼ぐための努力をしても長続きしないからだ。

そこで、とりあえずの目標を作ることに決めた。
それはちょっとした贅沢ができる程度のお金を得ることだ。

家具や家電を今よりもちょっと良いものを買って、家事や趣味を効率的に行えるようにしたり。
日々の食事もちょっと良いものを食べて健康的に過ごせるようにする。
移動手段も満員電車を避けて、車やタクシーで移動するようにする。

こういったことができることで、最終目標に到達するための努力を楽にすることができる。
とりあえずはこのような生活ができるように頑張ることにした。

企業選び

December 12 [Wed], 2012, 23:47
後輩が就活で企業の説明会にいっている。
企業名を聞いてみると業界が全部バラバラ・・・

まあ、人によって企業選びの基準は違うけどあまりにも業界がバラバラだと企業研究ができなくなる。
自分も最初はバラバラだったけど結局業界は絞った。

なぜなら時間がないからだ。

そのことに後輩もいずれ気づくだろう。

最近買ったもの

December 11 [Tue], 2012, 22:42
私は最近音楽プレーヤーと一眼レフカメラを買った。
どちらも品質が良く気に入っている。

しかし、周りには音楽もカメラもゲームも時計も全部スマホで充分じゃないかと言う人がいる。
私はこれを言われるとあなたには充分だと思うが私には必要だと言いたくなる。

全て汎用機で充分と思ってしまう人はやはり物事の薄い部分しか見えていないのだと思う。
音楽は音楽プレーヤーの方が格段に音質が良いし、
カメラは一眼の方が画質が良いのは当たり前で、汎用機では表現できないもこともある。
ゲームは汎用機ではヒマつぶしゲームほどのものしかできなし、
いちいちスマホを取り出して時間を確認するのもカッコ悪い。

そういった意味で、物事の深みを知っている人には専用機は必要不可欠なものであると思う。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:まいすたー
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1987年
  • アイコン画像 職業:大学生・大学院生
読者になる
2013年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる