リスク管理をできない人へ

October 11 [Mon], 2010, 23:59
損失発生時のリスク管理というのも、土日祝日以外は24時間取引が行われているので、
大幅に上下する可能性が十分あるからです。

もしもリスク管理をしていないと莫大な損失を出してしまう可能性もあるわけです。

こういったことから、FX(外国為替証拠金取引)では事業者が「ストップロス」や「アラーム」を使うことが多いです。

ストップロスというのは、一定期間ごとにインターバンクのレートを基準に未決済ポジションの値洗いをして、評価損の合計額が預託証拠金の75%を上回った場合には、未決済ポジションを自動決済してしまうというものです。

アラームというのは、インターネットによる注文の場合、評価損の合計金額が預託証拠金の50%を上回った場合、注意を喚起するというものです。

アラームの場合はあくまで警告という形になります。

FX事業者のリスク管理
FX(外国為替証拠金取引)は取引所取引とは異なり、相対取引です。

つまり、取引事業者が個々に提供する独自の「商品」であるということが出来ます。

そのため、事業者によって大きな差があり、FX(外国為替証拠金取引)事業者がたくさん出てくるのです。

中には、財務状況が悪い事業者というものもあります。

倒産してしまったときに保護されるといったような証券取引とは異なり、
証拠金が戻ってこないということも考えられます。

なので、事業者は慎重に決定するようにしましょう。

価格変動リスク
FX(外国為替証拠金取引)においては、もっとも影響が大きいものです。

スワップ金利がいくらあっても、この価格変動のほうが単位が大きいのはいうまでもありませんので、ここには細心の注意を払っておきましょう。

システムリスク
インターネット取引などの場合、回線やサーバーのダウンという状況で取引が行えないということが考えられます。停電などといったものも偶発的に起こるかもしれません。

こういったシステムに関する危機管理もしっかりしておきましょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:pre4ious
読者になる
2010年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/pre4ious/index1_0.rdf