牟田だけどイチモンジチョウ

September 12 [Mon], 2016, 14:51
皆さんご存知のように、胎児は細胞分裂しながら成長します。


この時の成長をサポートするのが葉酸なのです。葉酸単体での吸収率は低いために、葉酸単体では無く、総合のサプリメントの摂取が効率的でしょう。でも、様々な成分を含有している総合サプリの中でも、どんな栄養素が必要であるのか分からず、不安だという妊婦さんのお話もよく耳にします。

そのような場合は、信頼できる粉ミルクの成分分析表と照らし合わせながら、サプリを選んでみましょう。粉ミルクには赤ちゃんに必要な成分が揃っていますので、それを目安にサプリを選べば安全です。いつ妊活を始めたらよいか、考えている女の人もかなりいるはずです。その問いに対する答えとしては未婚か既婚かは問わず、いつかは子供を産みたいという女性ならば、いつでも行うべきものだと言っても過言ではありません。妊活は、すぐに妊娠する目的だけではなく妊娠しやすい体を作っていくために行われる、様々な活動に使われる言葉です。
ですので、たとえいつ始めたとしても、早いということはないと思います。妊婦にとって葉酸の摂取は、胎児の健康的な発育を助けるものとして欠かせないものです。とはいえ、食事で摂れる葉酸の量は限られていますし、加熱調理によって葉酸が失われることもありますから、妊娠前から妊娠初期にかけて、サプリメントによる葉酸摂取が良いとされています。
効率的な摂取のタイミングは、食後30分以内の摂取が理想的です。なぜなら普段の食事から摂れる栄養素の働きによって、葉酸の働きを十分に生かすことが出来るでしょう。
それでは逆に、空腹時に葉酸サプリを飲むと、どのような作用があるのでしょうか?空腹時の摂取は葉酸の働きが鈍くなるばかりか、胃が荒れるという報告もありますから、必ず胃に何か入った状態でサプリを摂取してください。近頃、我が国では妊活がスムーズにいかないという夫婦も少なくないでしょう。


少子高齢化が憂慮され、子を持ちたいと望んでいても思い通りにならず、悩まされているご夫婦は多くなってきています。今以上に日本が一丸となって、子供を作ったり育てたりすることに重点を置いた国にすべきだと考えます。基本的に、葉酸は妊娠前から妊娠3ヶ月の期間の摂取が必須であると厚生省が推奨していますが、この期間を過ぎた妊婦に葉酸が必要ないのでしょうか。実際にはそんなことはありません。


胎児が先天的な障害を発症する可能性を低減してくれるという効果のみに注目した場合、妊娠初期が注意が必要な期間ですので、妊娠期間中のなかでも、特に妊娠初期の段階での葉酸摂取を意識しようという事なのです。今、二人子供がいます。二人目の子にむけて妊活をしていた時の話ですが、友達が貸してくれた「産み分け」についての本を読んで勉強しました。長男を出産した後でしたので、次は出来たら女の子が良いなあ、と思っていました。

排卵日の特定や時期の調節など、あくまで自分の出来る範囲でですが、産み分けにチャレンジしたという訳です。
妊娠した時は、産み分けの事がありましたから性別が確認されるまでは期待と不安でドキドキしていました。



結果は無事に女の子を妊娠することが出来ました。



妹が出来た、と家族で喜んでいます。


第二子が欲しいとなんとなく思いながら3年経過しても妊娠しなかったので、自分自身か夫の体の状態に悪いところがないか気になりだしました。長男を育てる上でも病気があったら困りますのでこれをチャンスと捉え体をくまなく検査してもらい、何もなければ妊活を始めようと二人で話し合って決断したのですが、ふと考えるとこの話し合いが妊活を決めた瞬間になります。


不妊治療そのものに疑念を抱くご夫婦もなきにしもあらずです。
また、不妊治療において特に抵抗がないとしても、不妊治療に不可欠な費用が負担になってスタートさせられなかったり、長期に渡っては不可能なこともあるのではないでしょうか。タイミング治療を受けるにあたり、それほど費用がかかりませんが、AIHの希望となると、まとまった費用が掛かります。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:アンジュ
読者になる
2016年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/prbaeeupsacadb/index1_0.rdf