【 更新情報 】

スポンサードリンク

プラダスポーツの直営店

プラダスポーツのアイテムはギャランティーの点からも直営店で購入するのが安心です。
ところがプラダスポーツの直営店は全国でも少ないようです。
大都市の主なデパートのプラダのお店にプラダスポーツも置いてあるところもあるようですが
そうでない場合も多いと聞きます。

それではどこでプラダスポーツの商品を入手するかというと、一番手っ取り早いのは通販でしょう。
あとはインポートショップをコツコツ探すのも、お値打ちなものを手に入れることができることがあります。

ところが、通販にしてもインポートショップにしても偽物を取り扱っているお店も多いので要注意です。
探し出した通販ショップやインポートショップがプラダスポーツの正規特約店であることを確認しましょう。
購入する前に「Gカードへのサインや登録はされてますか?」と質問すれば確認できると思います。

プラダスポーツの偽物が高島屋で販売されていたこともありますから、購入の際には慎重を期しましょう。
有名ブランド品には偽物の登場は宿命ですね。





プラダスポーツ人気アイテム ショルダーバッグとボストンバック

プラダスポーツのバックもそのデザインの可愛さから高い人気を誇っています。
なかでも品番4VA031の斜めがけショルダーはシンプルながらも斬新なデザインで
軽くて傷つきにくく毎日でも使いたくなるショルダーバックです。
生地は撥水性や耐久性に優れ、そのデザインとも相まってナイロンながら安っぽさを感じさせません。
イエロー、オレンジなどドキッと人目をひくカラーが揃っています。
もちろんベーシックなブラックもあります。
プラダスポーツと言えばこの斜めがけショルダーというくらい、プラダスポーツファンなら誰でも知っています。

もうひとつプラダスポーツのバックで人気なのがボストンバック。
素材はもちろん撥水性が高いものを使用しているので海や川はもちろん、ウィンターシーズンまで一年中活躍します。
軽くて丈夫、そしてたっぷりの容量で遠出の頼もしいお伴になります。
プラダスポーツはブランドとしてはお値打ち感がありますが、ボストンバックともなるとさすがにちょっと値が張ります。
それに気に入ったものは既にどこも売り切れ、なんてこともあります。
そんなときはオークションを探してみるのもひとつの手です。
もちろんギャランティーがつかないものがほとんどですが、なかには手付かずの新品が出品されていることもあります。
そんな掘り出し物を見つけるのもオークションの楽しみですね。

プラダスポーツ人気アイテム シューズ

プラダスポーツの人気が高い理由のひとつに小物アイテムが充実していることがあります。
バッグやポーチはもちろんのこと、スノーボード用ヘルメットまであります。

プラダスポーツのなかでもシューズは特に人気がありますね。
プラダスポーツにはシューズといってもスニーカーとビジネスシューズがありますが
どちらも一度は履いてみたいと思うような秀逸なデザインです。

スニーカーのトゥの部分が流れるような丸みを帯びた形をしており、デザイナーのセンスの良さが伺えます。
アッパーの素材は皮革+メッシュが主流で、軽くて履きやすさ抜群です。
価格帯は3万円台くらいからとスニーカーとしては多少お高めですが
プラダグループの総帥であるパトリッツィオ・ベルテッリがクルーとして乗り込むヨットの名前「ルナロッサ」のネーミングを冠したモデルはやや低めの価格設定になっています。

プラダスポーツのビジネスシューズはローファータイプが人気で、柔らかい上質な仔牛革を使用しており
軽くて疲れにくく、シンプルなデザインで飽きが来ず長く履くことができます。
価格は4万円台くらいのものが一番売れているようです。

スニーカーにしてもビジネスシューズにしてもプラダスポーツのシューズは人気が高く
ネット通販ではすぐに売り切れになってしまうこともあります。
ですからネットでの情報の入手は頻繁にチェックされることをおすすめします。

プラダスポーツはプラダの廉価版?

プラダスポーツはよりカジュアルさを追及していますから
素材としてはスーツやワンピースなど一部を除いては
綿、あるいはナイロン、ポリエステルなどの化学繊維が多く使われます。
プラダスポーツのアウターウェアは撥水などの加工がしやすいこれらの素材を使うことで、
高級ウールやシルクをふんだんに使った製品より価格がずっと低く抑えられます。

ナイロンなどの化学繊維を使ったアウターウェアは誰でも着こなしやすく
着る人を選ぶということはありません。
また、シンプルなデザインで流行に左右されることがないので
長くつきあうことができます。
プラダスポーツのアウターウェアは着ているだけでひとクラス上のなスポーティカジュアルが楽しめます。

プラダスポーツはプラダの廉価版ととらえられがちですが、プラダはラグジュアリーな雰囲気、
プラダスポーツはスポーツライクな若々しい雰囲気、と両者は性格が異なります。
年齢や容貌などから「プラダはちょっと...」と思っているかたでも
プラダスポーツならあなたの雰囲気にぴったりかもしれません。

プラダスポーツの歴史

プラダといえばルイヴィトンやグッチ、エルメスなどと共に誰もが知っているファッションブランド。
1913年にマリオ・プラダがミラノで高級皮革製品店としてオープンさせ、王室からも愛されるブランドに成長しました。
ところが材料である高級皮革の獲得が動物愛護というムーブメントの波にさらされ
プラダのブランドは凋落し、長い低迷期を余儀なくされました。

1978年にマリオの孫娘であるミウッチャ・プラダがオーナー兼デザイナーに就任し
ポコノというナイロン素材のバックを発表したところ、これが日本やアメリカでウケにウケて
ビジネスとして再度盛り返しました。
ですから私たちが知っているスーパーブランドとしてのプラダの歴史はそれほど古くはないんですね。

そのプラダが姉妹ブランドとして1993年のミュウミュウに続いて1998年に展開したのがプラダスポーツです。
プラダスポーツはその名前の通り、カジュアルでスポーツライク、着やすくて動きやすいという要求をかなえています。
そしてプラダスポーツは幅広い年齢層から絶大な支持を受けています。
P R