ストレスは視力低下の┐(´д`)┌

September 30 [Sun], 2012, 13:59
"この場合の「気」とは、端的に言って、ストレスのことである。
特に視力低下が著しいとされるコンピュータのVDT作業に従事すると、眼球筋肉の単純疲労だけでなく、大きな精神的疲労−ストレス−が加わってくる。
これがあるので、単純疲労以上に視力低下が加速されるのである。
「間違ってはいけない、ミスしてはいけない……」
という意識……これは、コンピュータのVDT作業に限らず、仕事であれば、どんな性質内容の仕事であっても、仕事に対する責任感がある限り、必然的に発生してくるもので、また、そういう責任感がなければいけないのであるが、これが、眼筋の運動不足と結びつくと、悪いほうの相乗効果を引き起こす。

ステップ1スピードに慣れる文字が眼にとびこんでくるB
十倍になれば、それまで一時間を要していた読書や事務処理、検索作業が、わずか六分で行えるようになる。
二十倍ならば、三分である。
確かに十倍と二十倍とでは、計算上は、そこに倍の開きがあるが、時間に換算すると、わずか三分の違いにしかならない。
そこから先は、百倍、千倍、一万倍と上達していこうが、すべてこの三分という枠の中に納まってしまう。
一万倍になろうが、十万倍になろうが、時間がマイナスになって過去にさかのぼれる、というようなSFのタイム・パラドックスは、起こり得ない。
そして、我々は日常生活を振り返ってみれば、三分程度の無駄はいくらでも出しているのである。ちょっと長トイレをしても、駅までの道を早足で歩くか、ノンビリ歩くかでも、すぐに三分程度の誤差が出る。" 視力回復の本の集まる場所
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:pqzui
読者になる
2012年09月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/pqzui/index1_0.rdf